ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


正教会


ヨミ: セイキョウカイ
掲示板をミル!
8カキコ!

 正教会とは、

  1. キリスト教の宗の一つ。キリスト教を大きく3つに分けたとき、カトリックプロテスタントと並ぶ宗である。orthodox。東方正教会、東方教会ギリシャ正教、ギリシャ正教会とも。
  2. 単性論の一つである合性論、三位一体を否定しないが所謂「正統」とは違う解釈をとる非カルケドンの諸教会の総称。コプト教など。

 ここでは1の解説を行う。


ロシア正教会?


 初めに言っておくと「ロシア正教会」という宗は存在しない。正教会のロシア支部の名前である。同じように日本には日本正教会という組織があり、日本を管轄としている。つまり各地の「○○正教会」は2を除いてすべて同じ宗であり、正教会の下にあり同じ信仰である。ロシア正教会はつまり日本レスリング協会愛知支部みたいなもん。愛知レスリングというのは存在しないのと同じであり、ロシア正教に宗するというのは愛知レスリングを習うというのと同じくらい変な表現である。あなたがロシア在住ならともかく。

 ただ、日本には正教会は1868年にロシアから伝来したのと、としての存在感日本とのなじみが良くも悪くも他の正教会圏のより大きいこともあって、ロシアの宗であるというイメージを持っている人も多い。そりゃあボスニアとかモルドバとかとロシアでどっちが知名度あるかっていうとね・・・。ただ、かつての東ローマ帝国ギリシャアナトリア半島を中心に存在したビザンツ帝国とも呼ばれる)の宗ありむしろ本場はギリシャである。

 正教会=ロシアというイメージのため実際明治時代対露関係が悪化すると信者非国民だの露探(ようするにロシアスパイ)だの言われる羽になった。


概要


 バルカン半島以東のアルバニア以外東欧のほぼすべてのと一部の旧ソ連圏で信仰されている、プロテスタントカトリックと並ぶ宗の一つで、東ローマ帝国、その滅亡後は東欧で発展したため東方正教会、ギリシャ正教会、オーソドックスなどと呼ばれることもある。

 8世紀ごろから、ローマなどの西欧地域と東ローマ帝国ではキリスト教の解釈論の違い(三位一体とか)、像論争(キリスト像やマリア像はキリスト教で禁じられている偶像崇拝ではないかという論争。東欧イスラム圏に近く像を用いることを当時イスラム教徒から嘲笑されていた)、教義の乖離などがおこり、お互いに次第に対立するようになった。そしてついに1054年、東ローマ皇帝ローマ教皇がお互いを破門しあい、全にキリスト教が分裂してしまうという騒動が起きて、これが現代も続いているというわけである。世界史でもこの辺は習った人も多いのではないのだろうか。この問題、何度か和解しようという動きもあったようだが結局うまくいかず、投げっぱなしである。それまでもアリウスなど分などはなんどか起きていたが、それらと異なりカトリック側も正教会を駆逐することはできなかったのである。

 このため、正教会側の見解としては、「カトリックから分していっただ。が1世紀から正統なキリスト教を継承している」というとらえ方をしている。オーソドックスというのもがオーソドックスであり正統であるということである。そりゃ自分で私はカルトですとか私が分ですとは普通言わないからね。

 東ローマからは東方への布教がなされ、当時異教徒であったブルガール人やスラブ人を宗させることに成功した。これが正教会圏を形成していくことになる。

 多くの冷戦期は東側営に属したため、共産党に弾圧された歴史を持つ。現在は復活しつつあるがソ連では教会が壊されたりしたことは有名。

 日本では約一万人しか信者がいない。ミッション大学日本にはなく、教会自体の数も少ない。これはカトリックプロテスタントと異なり東欧が列強として植民地を獲得し布教することが出来なかったので広まりにくかった、冷戦共産党に弾圧された上日本とは逆の東側営で交流しにくかった、日本ではあまり正教会圏の々がなじみがない(フランスイギリスセルビアマケドニアでは前者の方が知っているだろう?)、またロシアとの関係も必ずしも良くない、などいろいろ考えられるがカトリックのだいたい40分の1、プロテスタント50分の1である。全世界でも2億人ほどしかいない。

 有名な東京復活大聖堂ニコライ堂)は正教会の教会である。


特徴


 教会

 日本にはあまりないがタマネギのまるでモスクのような教会があったらそこはたぶん正教会です。この様式はビザンツ様式と呼ばれここからもギリシャで発展した宗だというのがわかる。あと長椅子などが中にはない。像は偶像崇拝になるため置かないが代わりにイコン(キリストマリアやその他人の絵)はある。十字架も六端十字や八端十字が用いられることが多い。(右肩下がりの棒の入った十字架。キリストが処刑されるとき、キリストの隣で一緒に処刑された死刑囚が2人おり、左側の囚人はキリストを罵ったが、右側の囚人は自分が処刑されるのは悪さしたからです、よどうか神の国へ行ったとき私を思い出してくださいと悔いめたため、右側の囚人がへ上る様を表している)

 あと儀式でスラブギリシャ語がしばしば用いられる。さんざんキリストリスト言ってきておいてアレだが正教会ではギリシャ語読みしてハリストスと読む。このため「名古屋ハリストス正教会」みたいにハリストスって名前が入っていたらそこが正教会の教会である。「ハリストスって誰?」って思われるかもしれないがキリストのことである。


教義


 三位一体の解釈などが他二とは違う。霊はからのみ発する。また当たり前だがローマ教皇の権威を認めないし煉も否定している。総教はいるがコンスタンチノープルのほかにもアレクサンドリアなどにもおり、その上位性は名的なものである。なので厳密には教皇みたいな人は認めない。

 またどちらかというと聖書ゆ的に解釈する傾向がある。なのでマリア処女懐胎には否定的である。


関連項目



最終更新日: 19/02/07 19:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ