ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


死海文書


ヨミ: シカイモンジョ
掲示板をミル!
18カキコ!

紀元前2世紀か~1世紀に書かれた書物群で、ユダヤ教のタナハ(キリスト教で言う旧約聖書)としては、もっとも古い文書の一つである。


概要


1947年頃からイスラエルの死の近くの洞窟から、若い飼いによって発見された文書と、それからの調による文書の一群である。その為、死海文書(しかいもんじょ、しかいぶんしょ)、死写本(しかいしゃほん)などと呼ばれる。

ユダヤ教の教義信条などや生活規範がヘブライ語アラム語ギリシャ語などで記されている。新約聖書の原マルコによる福音書)になるものであると物議を醸し、聖書の成立に影を与えかねない秘密が記されているとも噂された。また、発見されたもののうち6割近くが長年開されなかったことから陰謀論ネタにされたこともある。

実際は、単にそこにあったユダヤ教の一教団が保存していた、様々な宗教関連文書群であった。ほぼ全なタナハ(旧約聖書)も含まれている。現在Google社の協を得て、高解像度デジタル画像がインターネット上で開されている。

多数発見されており、中には保存状態が良くないものも混じっているので、まだすべての翻訳がされているわけではない。

ニコニコ動画では、新世紀エヴァンゲリオンデモンベインのイザヤ写本としての方が有名かもしれない。

詳しくは、聖書関連記事、Wikipedia等を参照。

2018年に、日本語訳がぷねうま舎より刊行開始された(この記事の「関連商品」を参照)。全十二冊予定。


光の息子たちと闇の息子たちとの戦い


なお、既知の文書も多かったが、それまで知られておらずこの死海文書で再発見された文書も多い。その一つとして、「息子たちと闇の息子たちとの戦い」という、インパクトのあるタイトルの文書がある。
英語でのタイトルは「The War of the Sons of Light Against the Sons of Darkness」。
ヘブライ語でのタイトルは「מגילת מלחמת בני אור בבני חושך」。

気になるその内容とは?

王子(Prince of Light)」である天使ミカエルに率いられた息子たち(Sons of Light)。

それに対するは、邪悪な天使ベリアルに率いられたキッテム(Kittem)の軍勢など、闇の息子たち(Sons of Darkness)。

彼らは数十年の間互いに戦争を続けたが、ついに息子たちが闇の息子たちの軍勢を打ち破った。

そして平和が訪れたのだった・・・。」

・・・といった感じのストーリーで展開される、戦記ものらしい。

なお、戦争を描く中で武具・形・戦術などについても詳しく述べられており、別名The War Scroll(戦の巻物)等とも呼ばれている。その詳細については、執筆年代当時のローマ帝国軍を参考にしているようだ、との考察もされている。

なお、ミカエルラファエルガブリエルサリエルの4名の天使の名が「四大天使」的な扱いで登場する。現在有名な四大天使と言えばミカエルラファエルガブリエルウリエルなのだが、このユダヤ教初期の文書においてウリエルではなくサリエルが採用されていることはなかなか興味深い事柄ではないだろうか。


巨人の書


こちらも、それまで失われており死海文書で再発見された文書。エノク書に登場した巨人ネフィリムについて記されているという。堕天使アザゼルの名も登場するらしい。


関連商品


■az4906791824
■az4906791832

■az4791761723
■az4062110342
■az4764263653
■az4841401210
■az4062581221
■az4895861325
■az4062690942


関連項目



関連リンク



最終更新日: 18/11/29 23:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ