ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


毒島力也


ヨミ: ブスジマリキヤ
掲示板をミル!
39カキコ!

毒島力也とは、アーケード及びドリームキャストで発売されたアクションゲームゾンビリベンジ』の登場人物である。


この概要は・・・!?


ゾンビリベンジ』における担当声優井上真樹夫

の”内務庁特務調課”に属する32歳の東洋人男性であり、
1000年もの歴史を持つ一子相伝の秘拳”毒島流”を使いこなす格闘でもある。

1P時の半裸姿は『』、2P時のスーツった姿は『探偵物語』出演時の松田優作に酷似する。
また、顔面の手術跡はブラック・ジャックを思わせ、胸にはオリオン座を模した七つの傷を持つ。
ゲーム中ではどのキャラクター英語で会話する中、毒島のみ日本語で会話する

世界ゾンビの襲撃を受ける中、何らかの(邪気?)を感じて立った毒島は、
事態の鎮圧を図る”諜報機関AMS”のエージェント、”スティック”及び”リンダ”と出会い、
何故か彼らと共にゾンビを殲滅しつつ、事件の首謀者”ZED”を追う事になる。

その容姿や設定は明らか世界観から浮いており、まるで他作品からのゲストキャラのように見えるが、
間違いなく『ゾンビリベンジ』で初登場したオリジナルキャラクターである。 

事件の相を知って狽するスティックや、ゾンビの脅威に疲弊していくリンダべ、
常に冷静さを失わず、絶望しかけたスティックを諭すなど、要所で頼れる姿を見せるなのだが、
感覚が非常に独特であり、敵の気配を察して「この邪気は・・・!?」、「不吉だ・・・」と言葉を発したり、
スティックらに対して唐突に「死ぬのは怖くないか?」と不可解な質問をして困惑させたり、
ボスを撃破した直後、夜空を眺めて「きれいな満月だ・・・」などと気にるもリンダスルーされたり、
全編を通してZEDとは一言も会話しないなど、ネタキャラとして圧倒的な存在感を誇る。 

だが、設定通り格闘は高く、ゾンビの体内に”気”を送り込んで炎上させる”毒島流 滅殺衝”、
ゾンビ相手に四の字固めを決め、連打が足りないとゾンビから技を仕返される毒島流 四の字”、
ゾンビを掴み上げ、「たまやぁ・・・!」の台詞と共に頭部を爆散させる”毒島華火”など、
独特かつ高威毒島必殺技を複数所有するほか、拳銃によるチャージショットの威も高い為、
単なるネタキャラに留まらず、初心者にもオススメできる扱いやすいキャラクターでもある。

なお、『ゲーメスト』誌の読者投稿欄『ゲーメストアイランド』には、毒島専用コーナー毒島部屋』が存在した。
更にゲーメストアイランドが全て毒島ネタに乗っ取られた毒島アイランド』と化した事もある。 


待て、まだ終わっていない


アーケードゾンビリベンジ稼動開始から十年以上の歳を経た2012年
ニンテンドー3DSソフト、『プロジェクトクロスゾーン』に毒島力也の参戦が発表された。

ソロキャラクターである為、直接操作は出来ないが、毒島華火による援護攻撃を行う模様。
担当声優某居合い斬りの達人繋がりか、浪川大輔に変更されている。
公式サイトでの通り名は『邪気に招かれた、内務庁特務調エージェント


きれいな関連動画だ・・・



■sm367119[ニコ動]

■sm18246767[ニコ動]

■sm5440881[ニコ動]
■sm22856212[ニコ動]


どうやら関連商品もあるようだぞ・・・


■azB000069T9U
■azB0086SQARA


関連項目が山ほど残っているようだな・・・



最終更新日: 14/03/05 10:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ