ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


民主の大料理


ヨミ: ミンシュノダイリョウリ
掲示板をミル!
16カキコ!

『民主の大料理』とは、古代ローマ政治家ユリウス・ナムコニクス・アイマシウス(BC77~不詳)の反ブルータス演説の一節である。


背景


ユリウス・ナムコニクス・アイマシウスの生涯については、項をめて解説されることになるだろう。ここでは演説の成された状況と訳文を掲載する。

紀元前443月15日ユリウス・ガイウス・カエサルジュリアスシーザー)が、共和制義者のブルータスら一に暗殺された。アイマシウスはカエサルと同じ「ローマの」ユリウス一門ということもあり、関係は険悪ではなかったようだが、それ以上に(この時代にはしいかもしれないが)反暴力義的な思想を持っていた。この時代は共和制から政への移行期であり、ローマ内部での内戦が続いていた「動の一世紀」であった。近年の研究では、続く内戦がアイマシウスの反戦的思想を醸成したとされる。
アイマシウスはブルータスブルータス支持者の市民に向け、こう演説を始めた。

「あなたが殺したのは、王ではない。あなたがたも彼がげられた(王のとしての)をそっと拒んだのを知っているはずだ。彼は王ではなかった。そのつもりもなかった。あなたがたはまた多くを殺すだろう。
カエサルだけではない。ローマ人同士がまた長く争いあう。は焼かれ、家族は散り散りになり、血と涙を流しまた多く死ぬことになるだろう。

誇り高きローマ戦士ローマ人を殺すためにいるのではない。ローマに降りかかる、蛮族からの戦いの火の粉を払うためにある。われらのローマという大きなを守るためにある。われらのナイフローマ人を殺すためにあるのでない。
ローマという大きな食卓の、民主の大料理という恩恵を、余すことなく、元老院も民も、老いも若きも、男も女も、満遍なくいきわたるよう切り分け、ともに与れるようにするためにある。
あなたがたは共和制を守るためにカエサルを殺したという。しかし共和制も死んだ。あなたが殺した。
ローマ人が歩む平和も死んだ。あなたが殺した。

幾年かの憎しみあいと殺し合いの後で、ローマ共和制に立ち返ることはない。カエサルよりも強い存在を王に迎えることになるだろう。ローマ人が民主の大料理という恩恵に預かるか否か、そのときにはもう王の気分次第だ。あなた方はカエサルだけを殺したのではない。あなた自身の未来も、共和制も、ローマそのものも!総て殺した!」

しかし聴衆からはただ冷めた線が向けられたという。ローマに失望したアイマシウスはローマを離れていった。一説には現在トルコ東部で隠遁生活をし(隠遁先には諸説ある)、ローマに戻ることなく亡くなったという。

アイマシウスの「予言」どおり、ローマは血に染まることとなる。カエサルの養子(実際は叔父-甥の関係)で、後継者に名されていた若干18歳オクタヴィアヌスが実権を握り、第二回三頭政治のもと、反カエサルの元老院議員らを粛清。その後十数年にわたる内戦を経て、紀元前27年1月13日オクタヴィアヌスは名ばかりの共和制回帰を宣言。
その3日後の1月16日、元老院はオクタヴィアヌスに『アウグストゥス』の称号を授け、国家の全権を握するよう要請。共和政体ローマはここに終わり、若き皇帝とともにローマ帝国の第一歩を踏み出していった。

このとき、アイマシウスを思い出すローマ市民は、存在しなかった。


参考文献



関連項目



最終更新日: 14/10/04 09:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ