ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


水戸ホーリーホック


ヨミ: ミトホーリーホック
掲示板をミル!
18カキコ!

水戸ホーリーホックとは、茨城県水戸市周辺を本拠地とするプロサッカークラブである。


概要


日本プロサッカーリーグ
水戸ホーリーホック
基本情報
創設 1994年
クラブカラー
本拠地 ケーズデンキスタジアム水戸[茨城県水戸市]
ホームタウン 茨城県水戸市
前身クラブ プリマハムFC
プロサッカークラブテンプレート

由来は水戸家紋」を英語にしたもの(Hollyhock)。
エンブレムの御紋にをかたどったものとなっている。世界で一番カッコいいエンブレム(自称)
ユニフォームホーム。アウェーは
ホームスタジアムはケーズデンキスタジアム水戸茨城県水戸市)。
マスコットはホーリーくん(ドラゴン)。

前身は「プリマハムFC」。
1996年地域リーグ決勝大会で準優勝するが、直後にプリマハム支援打ち切り
市民クラブFC水戸と合併する形で1997年より旧JFLに参加。
1999年、引き続き参加した新JFLでは3位となるが、当時JFL準会員の横浜FC(優勝)を除くと2位であったため
2000年よりJリーグ2部(J2)への参加が認められる。

県内にビッグクラブ鹿島アントラーズを抱えるという事情、また予算面、選手流出などもあり、
観客動員はJ2昇格以来、常にJリーグ最少レベルと言われている。
2010年FC岐阜を抑えて観客動員最下位を脱出する。
しかし、これはFC岐阜が本拠地の修により収容人数わずか3,600人弱のスタジアムをに使用していたため。
その観客動員数の少なさはNHKの特番にて紹介されたこともある。
悪意のある取り上げ方ではなく、最下位脱出のための懸命な努を紹介していた)
2002年に存続危機を迎えるが、観客の前年8割増に成功し、ひとまず存続問題は落ち着く。
その後は地な努が実を結びつつあり、2013年には初めて均観客動員数が4000人台に乗り(4630人)、下に7つのクラブを従えるなど、不名誉な称号を返上しつつある。

予算面においてもJ2、ひいてはJリーグを通じても下位クラス2019年にはお隣鹿島アントラーズAFC優勝等で大量に賞を得たためとうとう営業収入ベースで予算規模が水戸の10倍をえてしまった。くわえて後述のライセンスの問題からJ1へのステップアップは基本個人単位となるため、活躍した選手は大体引き抜かれるかレンタルの場合はレンタルバックとなってしまい、毎年シーズンオフには「先発11人中8人がいなくなった」「年間得点3点以上取った選手がもいなくなった」などという事態も発生している。一方でその状況でも歴代監督によってレンタルの若い選手を中心にチームを作り上げ一定の成績をキープしており、育成には一定の評価を受けている。

サガン鳥栖2012年シーズンJ1に参入したことで、J1参入経験のない最古参チームとなってしまった。
来る2014年シーズンにはJ2での15年を迎えることとなり、名実ともにJ2となりつつある。
現在ホームスタジアムは収容人数でJ1基準に達しておらず、長らくJ1ライセンスが交付されず昇格のは閉ざされた状態にあった。
ターニングポイントとなったのは2018年J1ライセンスの条件緩和により「入場可人数条件を満たす運動公園陸上競技場に追加で回収工事を行う」という条件付ではあるが初めてJ1ライセンスが交付され、ついにJ1昇格へのが開けたのである。

2018年シーズン終了時点で、J2在籍19年連続19年2019年シーズンも在籍決定)、J2通算817試合、J2通算敗戦数372、J2通算失点1110はいずれもJ2最多記録。JFLJ3への降格制度ができた後も一度も下部リーグに降格せずにJ2で戦い続ける、水戸戦奮闘のである。


水戸ちゃんさん


2003年以降前田秀樹監督を迎え、水戸ナチオと呼ばれる堅固な守備を敷くことで
ある意味キャラクターが立ち、(2003年には後に日本代表となる田中マルクス闘莉王も在籍)
内外のサッカーフリークから「水戸ちゃん」と呼ばれされることになる。
2007年には将来を見据えた攻撃的戦術へと転換、2008年になって前田体制を刷新するが
いまだに「水戸水戸ナチオ」というイメージは浸透している。
2011年からはDFWの第一人者?で「師匠」とも呼ばれる鈴木隆行日立出身)が加入し、
ますますされキャラ度合いが加速している。
師匠の名誉のために記すが、2013シーズンは年間12得点というキャリアハイの数字を残している)

先述したとおり他チームサポに特にされており(これはくれぐれも「お得意さん」という意味ではない)
関東アウェーで有志が勝手に開催する「納涼漢祭り」には多くの他チームサポも集う。

後述する関連動画にもあるが、マミさんのテーマホーム終戦BGMに使われたり、
サポーターが戯れに作ったフィギュア[外部]がきっかけで「ガールズ&パンツァー」とのコラボイベント[外部]を開いたり、
(※「○○の日」「○○町の日」と題してイベントをすることは他のクラブでもままあることだが)
果てはそれが縁でバンダイビジュアルがスポンサーになったり[外部]と、
近年は別方面でもおいしいネタを振りまきつつある。
近年FC岐阜とはガルパンが縁でアニメ×サッカーコンセプトにした「アニ×サカ!!」を共に開催するなどズッ友感が増してきた。

また、「水戸ちゃん」は水戸より順位が上のチームが使い、水戸より下位のチームは「水戸さん」を使うのが通例と言われているが実際は水戸ちゃんの称が全に定着している。余談だが、意外にも?シーズン最下位を経験したことがない。また、ザスパクサツ群馬栃木SCの昇格でスタートした「北関東ダービー」に滅法強く、2009年以降5年間で4度も優勝している。


水戸立葵警察


知名度の問題なのかなんなのか、伝統的に良く名前を間違えられる。かつてチアのお姉さんたちの掲げたプラカードが「水戸ホーリーホクッ」になっていたあたりがネタの発端なのだがその後も各種媒体で日常的にホーリーホークだのホーリンホックだの誤植され、あげくは「三戸ホーリーホック」などと書かれる始末。もう(茨城ですら)ないじゃん…。

ネット上でチーム名を間違えると水戸警察が来るぞ!気をつけろ!


春の珍事、からの平成最後の…


2018年水戸長谷部滋利監督を新たに迎えると開幕4戦負けなしで首位に。2003年以来実に15年ぶりの事であった。この年はシーズン冒頭から前述のJ1ライセンスの問題が解消する可性があると噂されており、大きな期待の中での快進撃であった。しかしこの後チーム不幸にも守備ほぼ全員塗りの高級に追突し一巡負傷するという事態に陥り一時期降格圏付近まで順位が下降。最終的には現行チーム数のJ2では過去最高の順位となったものの悔しい一年となった。

そして翌2019年J1ライセンスの魔により覚醒した水戸は戦的に出入りはあったものの前年と同レベルを維持し開幕から快進撃。なんと3月から4月敗、11試合僅か4失点で首位で駆け抜ける。平成最後の首位、そして令和最初の首位と時代をまたいでJ2J2の王者として君臨した間であった。


関連動画



■sm113596[ニコ動]

■sm8846[ニコ動]
■sm15504735[ニコ動]
■sm16300848[ニコ動]


関連商品


■azB004R4A9VU
■azB004R2E0Z8


関連コミュニティ


■co1047724


関連リンク



関連項目



最終更新日: 19/05/10 21:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社