ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


水曜どうでしょう


ヨミ: スイヨウドウデショウ
掲示板をミル!
571カキコ!

水曜どうでしょう』とは、北海道テレビ放送(HTB)制作テレビ番組である。


概要


水曜どうでしょう

1996年10月9日放送開始。
2002年9月レギュラー放送を終了し、以後は、「一生どうでしょうします」宣言の下、不定期に新作が製作されている。

鈴井貴之大泉洋の2人の出演チーフディレクター藤村忠寿ディレクターカメラマンの嬉野雅道の、計4人の通称“どうでしょう班” が、かなり謀なをし、その模様を放送する自称「移動番組」

北海道ローカル番組であり、前述の通りわずか4人の撮影が民生用のデジカム1つでをするだけ、という低予算深夜番組であったが、大泉洋の巧みな話芸や本来テレビ画面には登場しないはずのディレクターむちゃぶり、ぼやき、喧などをあえてカットせずそのまま流したところ、その新さから話題となる。
1998年からは23時台の放送に昇格したことも手伝って、深夜放送にも関わらず10台後半(最高18.6%)という視聴率を記録した(北海道内)。

口コミやインターネットDVD発売などでファンを拡大。秋田朝日放送を皮切りに全テレビ朝日系列局や大都市圏では独立UHF局でも放送され、北海道発ながら知名度が非常に高い人気番組となっている(ただしキー局であるテレビ朝日や準キー局ABCテレビなどは、新作放送がかなり遅い)。

に幅広く放送されている番組であり、番組のフォーマットが高い予算を必要とせずでも作れそうなものであるため、ニコニコ動画でも多かれ少なかれどうでしょう(もしくは藤村D)の影を受けた作品が数多く投稿されている。

ちなみに、北海道外の番組ファンへのフォローとして、全ローソンで水曜どうでしょうグッズの購入が可になっており、新作DVDグッズの発売日には、購入者である「どうでしょう士」が「討ち入り」と称して「屋敷」ことローソンの店頭で次々と購入していく姿が見られることになる。DVDの売り上げは、毎作初週10万枚近くを売り上げるなど、バラエティ番組としては最高であり、『アメトーーク!』とためをレベルである。 
最近では新作DVDの発売のたびに、ローソンにのぼりが立てられることもしくない。 

前身番組「モザイクな夜」

水曜どうでしょうの歴史る上で欠かせないのが前身番組であるモザイク1993年1996年)である(1995年より最終回まで「モザイクV3」)。放送時間は月曜から木曜の24時50分から25時20分。出演者やスタッフはこの番組を通して知り合った。 

当初はオシャレ情報番組であったが、いつの間にかバカ企画シュール企画エログロ企画オンパレードとなった。週4回の放送を数人のスタッフと出演者でこなしていたため、ほぼ放送事故のような内容も多数存在していた。

どうでしょう初期で放送された「アーティストインタビュー」や「ホワイトストーンズ」「ビシバシステムコント」はここから引き継ぎ。ミスター北川久仁子がAIR-Gのスタジオからラジオの体で放送する「裏ゴイス」。番組のパロディおはよう元気くん」。大人のおもちゃを紹介する為、ほぼ画面全体がモザイクになる「テレビショッピング」。ミスターラー油風呂納豆風呂に浸かった「健康情報企画」。子供プラモデルを作る様子を30分流すだけの「ドキュメントプラモデル」。ユンボでそこらのき地を勝手に掘り起こしていた「埋蔵金発掘企画」。札幌演に来たサザンオールスターズと同じものを食べて桑田さんと同じう○こを出すツアーなど異様な企画が連日に渡り放送されていた。

しかしさすがに週4回の放送に限界を迎えた為、惜しまれつつ終了し、水曜日のみ自社制作を残した上でスタートしたのが「水曜どうでしょう」である。のみならず、「おにぎりあたためますか」「ハナタレナックス」などHTBの多種多様な深夜番組のすべての流となった番組であった。

モザイク」については、DVDなど映像メディアでの発売は一切されていない。 

現在の放送状況

前述の通り、2002年9月レギュラー放送は終了している。

レギュラー放送終了後は、それまでに休止期間に放送していた再放送版「どうでしょうリターンズ」を放送していたが、これも終了した。「リターンズ」は前・後でどうでしょう「ナビゲーターあんちゃん(DNA)」こと安田顕が番組紹介を行っていたが、onちゃんカレンダー撮影以降はオリジナル・後を使用するようになった。一部企画ではレギュラー版から一部シーンカットしたりしている(ヨーロッパ21全制覇のと245分拡大放送だったがリターンズでは30分に短縮されている、など)。また、北海道以外で水曜どうでしょうを放送される際は「どうでしょうリターンズ」が最初に放送されていた(現在は新規に放送する際は「Classic」となっている)


現在は、過去に放送した作品をリマスリングし再編集した「水曜どうでしょうClassic」の再放送と、不定期に特番扱いで製作される新作放送がな展開となっている。新作の放送は、2018年現在までに2004年ジャングルリベンジ)、2005年闘!西表)、2006年ヨーロッパ20全制覇 ~完結編~)、2011年
原付日本列島制覇 東京-紀伊半島-高知)、2013年(初めてのアフリカ)の5回行われている(2003年にも小規模なものが放送)。

ただしそれぞれの局で編成などの都合があるため、放送開始などの対応はバラバラである。例としてHTBの親局であるテレビ朝日では、かろうじて新作の放送は行っているものの、他の関東ローカル局でも放送している兼ね合いから未だにレギュラー回の放送を行っていない。また、新作の放送開始日も地域によってかなりズレがある)。

現在内をはじめ全で放送されている「Classic」は、本編製作に使用したオリジナルテープをデジタルマスリングし、レギュラー放送時には加えなかったシーンや撮りおろし前・後本編と相違がある部分の説明等を入れる必要がある為に別途作ったもの)を更に追加したものである(藤村Dく、「後は収録テープをそのまま流すしかない位、使えるシーンを入れた。DVDと並んである意味決定版」)。ちなみにそれ以前は、「どうでしょうリターンズ」という再放送版が販売されており、一部では「D・N・A(どうでしょうナビケードあんちゃん)」として、安田顕が登場していた(2009年に番組販売が終了し、以後、「Classic」へと移行)。 

※各地の放送状況や「リターンズ」「Classic」の詳細は、Wikipediaの「水曜どうでしょう[外部]」の項が一番わかりやすいので、興味のある方はそちらをご覧ください。

3.3(木)新作VODにまつわる事件


新作製作について


2002年レギュラー放送終了以降、2006年の『ヨーロッパ20全制覇』までは1~2年に1作のペースで新作が製作され続けてきたが、2011年放送予定の最新作までの5年間は新作が製作されず放送ペースが落ちている。

そのな理由として、

ファンの間で取りざたされていたが、それぞれ、

と、新作発表ペースが遅い理由ではないと説明されている。
単純に、現在の発表ペースが、「一生どうでしょう」する上で最適な調子であるというだけ、ということであろう。
結局のところネットファンの間で言われているような理由はなく、2011年最新作放映後の現時点においても、「ゆっくりではあるが」、まだまだ制作を続けていく意欲を4人とも表明している。


■sm12198069[ニコ動]


レギュラー・メインスタッフ



鈴井貴之(ミスター、ダメ人間、社長(後に“会長”))



次へ»
最終更新日: 19/03/05 14:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ