ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


江戸を斬る


ヨミ: エドヲキル
掲示板をミル!
24カキコ!

江戸を斬る

江戸を斬るとは、TBS系列月曜8時にナショナル劇場(現・パナソニックドラマシアターにて全8シリーズが放送された日本テレビ時代劇のことである。


作品


第1作:江戸を斬る 梓右近隠密帳
第2作:江戸を斬るII
第3作:江戸を斬るIII
第4作:江戸を斬るIV
第5作:江戸を斬るV
第6作:江戸を斬るVI
第7作:江戸を斬る
第8作:江戸を斬る

演は第1作が無我、第2~6作が西郷、第7~8作が里見浩太朗


江戸を斬る 梓右近隠密帳


1973年9月24日1974年3月25日に放送された記念すべきシリーズ第1作。全26話。演は無我

主人公右近は将軍徳川家光の異保科正之双子であり、双子は忌み嫌うものとして捨てられたが、
大久保彦左衛門に育てられ、現在では長屋に気ままに暮らしている浪人という設定。
3年ぶりに再会した左の口ききで将軍の依頼を引き受けた(最初は断ったが・正之の説得で引き受けた)右近が、紋所入り懐を手に悪を成敗するというもの。

ちなみにの敵は、幕府転覆を狙う由井正成田三樹夫)。

『江戸を斬るII』以降とはキャラクターや時代設定が違い、続編も作られていないのが本作の特徴である。


主な配役


オープニングでは、松山兄弟が3番に、鮎川いづみと榊原るみが4番にそれぞれ連名でクレジットされている。


江戸を斬るⅡ


1975年11月10日1976年5月17日まで放送されたシリーズ第2作。全28話。
この『II』から『VI』までは西郷演となる。

II』から主人公が『遠山の金さん』でおなじみの遠山四郎となっているが、吹雪の彫り物は滅多に見せることはなく(ほとんどがチラ見せ程度)、お州でも僅か1回という出番で、見せる時も「よくもにこんな恥をかかせやがったな!」と言うのが特徴(大滝秀治演じる悪医者相手の時は怒り心頭)だった。

物語保年間、政の居候である遠山の次男坊・四郎が北町奉行となり、頭巾(おゆき)や小僧(次郎吉)と協して時の老中・水野忠邦と南町奉行・鳥居甲斐守の恐怖政策に立ち向かう…というもの。

四郎とおゆき恋物語も見どころの一つであった。

現在DVDが発売されている。

[画像を見る]

主な配役



江戸を斬るⅢ


1977年1月17日7月11日まで放送されたシリーズ第3作。全26話。

物語は、前作最終回で南町奉行となった四郎が火盗坂重蔵を向こうに回しながらも悪に挑むというもの。
このシリーズでようやく四郎とおゆき結婚する(第13話)。

前作からの続きで、四郎の祖母・うめ(おばば様)や遠山女中・咲、四郎配下の役人・片桐次とっ引き・佐吉が新たに登場して前作より一層賑やかさが増した。

その一方で、政の次女・お小や次郎吉の兄貴分だった太助、四郎の手下だった七は姿を消し、気弱な眼鏡君を演じていた次郎吉も今作では政で一番の兄貴分となり(眼鏡もしていない)、前作最終回江戸追放になったはずの閻魔蔵とその手下・銀次江戸っ引きをやっている(しかも最終2話で「頭巾=おゆき」を知ったこともなかったことにされた)など、続編でありながらリセットされている部分もある。

なお、お州での吹雪のお披露だが、前作は第19話という中盤以降の遅い回だったが、本作では第3話というい回での出番であった。

現在DVD-BOXが発売中である。

[画像を見る]

主な配役



江戸を斬るⅣ


1979年2月12日8月6日まで放送されたシリーズ第4作。全26話。

この『IV』より、四郎は普段は「大工」と称して事件の探索に乗り出すようになり、同心・石橋、女っ引き・お、その子分の金太四郎の配下として登場する(ただしお金太は「四郎=」であることを知らない)。
そして、次郎吉が政から独立し、『大岡越前』の三次のように小料理屋「まさご」の人となった。
また、うめ(おばば様)はいなくなったものの女中の咲は居残り、『VI』まで登場している。

本作以降の特徴と言えば、吹雪を見せる頻度が増えたことだろう(といっても『遠山の金さん』にべると少ない)。
悪党の屋敷に乗り込む時、大工の格好そのままで乗り込む場合は見せないが、着流しに被りの時は見せるといった具合(見せない場合もあるが)。

この作品のみ三船プロ製作にあり、三船敏郎ゲスト出演している。
また、撮場所も京都ではなく、吹雪の出来がかなりいい加減だったらしい。

[画像を見る]

主な配役



次へ»
最終更新日: 13/06/30 22:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ