ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


江戸時代


ヨミ: エドジダイ
掲示板をミル!
202カキコ!

江戸時代(えどじだい)とは、日本の時代区分の一である。


概要


大雑把に言えば徳幕府 (江戸幕府) が存在していた期間をさす。そのスパン265年と1週間と2日で、日本の有史以降では平安時代の次に長い。

較的安泰で多くの庶民文化が栄えた。後期は特に資料も多く残っており、その習や思想、言葉遣いまで詳細に知られている。

この時代の文化は何気に現代の日本にも名残をとどめていたりする。現存の神道 (神社神道) は江戸時代の復古神道明治時代の国家神道を経由して残されたものであり、また弾圧を受けながらも挙って投稿された川柳は現代でも根強い。
畳、障子、正座といったものが一般的になったのもこの時代。

内憂外患に悩まされた終期は幕末と呼んで区別することも多い。


江戸時代の主な娯楽


江戸時代には、以下のような様々な娯楽で遊ばれていた。


富くじ


現代の宝くじに当たる富くじは、当初は寺社の修繕費用として始まった。有名所では谷中の感応寺、目黒寺、湯島天神の富くじが「江戸の三富」として知られる。

富くじの購入方法・抽選方法は、まず同じ番号が書かれた木札と札を買い、木札は寺社に返す。寺社では木札をに収め、抽選日にから出した後再びに容れ、上部のからキリで中の木札を突く。突いた木札が当選番号となる。

(他にも何かあれば追加して下さい)


江戸時代と食文化


[画像を見る]

江戸時代は較的平和な時代であり、様々な文化が生まれた。

食文化においても例外ではなく、今日の「和食」「和菓子」と呼ばれる物は江戸時代に誕生した食べ物が結構多く存在する。そのぐらいいろいろな物が流通した。

江戸時代後期にもなれば、働いた後に気の合う友人と居酒屋天ぷら蕎麦を食べながら安で一杯なんてこともよく有ったりするので、現在サラリーマンとやっていることはあまり変わらないかも知れない。

 


外食


外食産業が発展したのも江戸時代の特色である。江戸では17世紀中頃から飲食店がり、煮売り屋[外部]、お善に乗せた食事を出す一飯屋も出す煮売 り居酒屋など多様な飲食店がに軒を連ねた。また、屋台を用いて街道沿いや寺社で営業する「立ち売り」と呼ばれた販売方法が現れた。この時代の屋台は木 製で、肩で担いで場所を移動していた。売り物も非常に多で、天ぷらうなぎおしるこ団子、そば、寿司など多岐に渡った。外食文化の発展に伴い、食べ物番付や大食い選手権なども行われた。

これらの背景には農村からの出稼ぎ労働者が非常に多かったという事情もある。彼らは安い給料で働き、屋台で飯を食い、狭い長屋に住み、色で遊んだ。が溜まらないので結婚もできなかった。江戸の未婚率は高く、高齢化が進んでいたという資料もある。ますます現代に似ている。


江戸時代の下ネタ


江戸時代は200年以上も続く平和な時代だったために、数多くの面い小話が生まれて、たくさんの本にもなった。

あるところにとても美人さんがおりました。
しかし、その美人さんが病気になり心配のあまり親は町医者を呼ぶことにしました。
親「どんなもんでしょう?」
医者「安静にする必要がありますな」
親「食好みのなのですが、のようなものはやってもいいですか?」
医者「それはいいでしょう」
親「では、松茸のようなものは?」
医者「それは大禁物!!!!!」
親「いいえ、松茸のことでございます。」

医者松茸ならやつてもよろしいが松茸のようなものはいけません。」


江戸の性事情


平和な時代が長く続いたため、江戸時代になると現代のエロ絵の原となる「春画」が起こった。

葛飾北斎による「蛸と海女」は触手プレイの起であることはあまりにも有名であるが、その他にも奇抜なエロ画像も多く、幕府側も度々禁止していたが、人間の本を禁止するに等しく、効果はまるでなかったようである。

また、他の町村では生物学通り半々程度か若干女性が多いことが多かった男女も、最大都市である江戸においては7:3と極端な男余りであった(参勤交代により上してきた武士、出稼ぎのために農村から来た連中のため)。そのため、意外にも庭では女性が強く、表向き禁止されている女性の都合での離婚日常茶飯事江戸では現代日本よりも離婚率が2倍も高かったという)で、男は何とかして結婚しようとし、女を引き留めようと必死になった。負け組となった江戸時代の男は春画で抜いたり吉原を買ったり

これは生物学的にはごく自然なことであり、このような男女では女性の価値は当然高まるわけで戦乱に明け暮れていた戦国時代べると、特に男余りが深刻だった江戸においては女性の地位は相対的に向上していたようである。


江戸時代の時間


江戸時代の時間の安は不定時法で定められていた。現代の定時法と異なり、日の出と日の入りをそれぞれ六等分して測っており、季節によっての長さが変化した。例えば"明け六つ"はには午前5時をすが、には午前7時す。同様に"暮れ六つ"はには午後7時し、には午後5時した。

江戸では中に設置した計9つの鐘を鳴らすことで時間を知らせていた。鳴らす回数は初めに捨て鐘として3回鳴らした後、"九つ"(午前12時)もしくは"九つ"(午後12時)であれば9回鳴らし、次の"八つ""八つ"であれば8回鳴らす。

不定時法


江戸時代の習慣


時の人々は髪型がほぼ均一で、男性代を剃ってを結うのが普通であり、女性は笄(こうがいまげ)、兵庫島田、勝山の四つに分類される日本であった。細かい類はあるものの、原則としてこれらから逸脱することはかった。例外的に公家医者など特定の身分の人々は総を結っており、江戸時代末期には他の身分でも総が流行った。

女性化粧品は種類に富み、化粧南本などもあった。よく知られているものとしては粉(おしろい)と、お用品の漿(かねみず)が挙げられる。粉はを原料としたい顔料で美用品として使われたが、による健康被害を引き起こすことがあった。(現代では粉の原料としてを使用することは禁止されている)

漿はお用の塗料である。当時の既婚女性剃りやおの習慣があり、お用の漿は必需品であった。鉄屑緑茶に浸したものにを加え、更に五倍子粉(ふしこ)と呼ばれたタンニンを含む粉を混ぜて作った。渋みと不快な臭いがあったが、反面漿の原料であるタンニンや第一イオンを丈夫にする効果があるため、虫歯の予防に役立っていた。

江戸では湯屋(銭湯)が繁盛した。江戸時代初期には蒸し風呂流であったが、中期以降湯りが普及していった。当時は石鹸く、代わりにを精した後に残るぬかを袋に入れたもので体を洗っていた。この時代の銭湯男女混浴であったが、これは男女で分けると燃料や施設拡充などの面で経済的に効率が悪いためである。混浴は当時でも不謹慎に思われる事があったらしく、松平定信水野忠邦が混浴禁止を出している。が、彼らが失脚するとすぐに復活したという。


江戸時代の読書


江戸時代に入ると印刷技術の発展によって出版業が盛んになり、17世紀には京都大坂で書籍が流通するようになった。大坂では井原西や近門左衛門などの著作が流行した。18世紀以降は江戸でも出版業が広く行われるようになり、山東京伝、十返舎一九、滝沢馬琴亭種などによる、文章に挿絵を挟んだ『』と総称される本が一般に普及した。当時は重で高価だったため、庶民は貸本屋から本を借りて読むことが多かった。


武鑑


武鑑は大名や幕臣の名前、石高、官位、殿席(伺席)の席次といった各種情報が掲載されており、大名と幕臣を併記したものや大名のみ、または幕臣のみを扱ったものなど様々な形式で出版された。

武鑑の原が出版されたのは寛永年間(1624-1644)で、この時期に出版されたものを江戸鑑、古武鑑と呼ぶ。当時は京都の版元が出版していたが、元年間(1688-1704)には江戸の版元から出版されるようになった。武鑑の名がはじめて確認されるのは元8年(1695年)の『本武鑑』である。 その後記述項が整備され、明和元年(1764年)の『明和武鑑』で記載内容が固定化された。明治時代に入るとその歴史的使命を終え出版されなくなっていった。


江戸時代の学問


江戸時代は中期に到るまで教育機関はなかったが、後期に入り幕府が開いた坂学問所をはじめ、各は人材育成のために校を開いた。校では、朱子学を中心とする儒学が教えられた。これらの校は現在大学の系譜に繋がる物も多い。また、全で個人による私塾や寺子屋が開かれた。

とくに、寺子屋は明治に到るまで増大し続け、全16560校あったといわれる。この数は現代の中学校数よりも多く、小学校の数の八割以上である。このため、日本の識字率は(単純には較できないが)世界のなかでは高い部類にあり、これが明治日本の発展を支えたと言われる。

歴史の分野では、水戸が大日本史の編纂を命、以後明治完成まで続けられた。

国語文学は契古典研究に取り組んだ。これは後には荷田満、賀茂淵、本居宣長、平田篤胤に受け継がれる。さらには、学と呼ばれる分野を築くこととなる。

数学(算学、和算)では吉田由が劫記を書いた。これは版をめ、異本(内容が少し違う本、海賊本)が表れながらも明治時代に到るまで算術書のベストセラーかつロングセラーとなった。和算では関孝和が表れ、一部では同時代の西欧肩あるいはぐ功績を残した。

そのほか、実学に限定されるものの西洋(特に長崎の出で交易を行っていたオランダ)から輸入された書物を通じて蘭学が発展した。


江戸時代の生活基盤


当然のことながらこの時代には電気ガスもなく、台所も蛇口をひねればが出るような便利なものではなかった。火をす際は火打石が使われ、これでかまどや火鉢、行(あんどん)といった各種用具に火を点けていた。行に明かりをす時に灯油としてに使われたのは油やいわし油などの油(動物性油)で、植物性油にべて安価で手に入ったが長時間使用すると悪臭が立ち込めたという。菜種油や蝋燭もあったがこれらは高級品で庶民にはあまり利用されなかった。ちなみに、新潟など一部地域においては天然ガスを使っているというところもあった。

は共用の井戸からみ、自宅のがめに入れて利用した。洗濯井戸からんだタライに入れて行い、便所ゴミ捨て場も共用で利用した。江戸においては井戸は掘井戸ではなく、玉川から木樋(きどい)という木製のによって運ばれたを地中の大きなに入れるという形式だった。


江戸のゴミ処理


江戸では17世紀中期からゴミの埋め立て処分が行われるようになった。江戸の町が発展するに従い、ゴミ処理の問題に苦慮するようになった幕府は、明元年(1655年)、隅田河口の永代に投棄することを命じた。町々ではゴミ収集場が作られ、ゴミ処理専門の請負人が発足した。埋立地は徐々に広がり、その跡には永代新田、砂村新田などの新田や、木場町、深六万坪町などが形成されていった。その後もゴミの埋め立て処理は場所を変えては継続されていった。

なお排物処理については、人の尿はそのままの肥料になるため、農家が「食べ物の生産」と「肥料の消費」を行い、買う人間が「食べ物の消費」と「肥料の生産」を行うという非常に良い循環を生み出していた。[※1]長屋のような共同生活の場においては集められる排物も大家が所有権を持ち、その売買も大家が行っていた(その代わりとして、大家からは年末に長屋の入居者に対してなどが配られるなどといった特典もあった)。ちなみに流通経路の発達にともない問屋や小売商も現れるようになり、大名屋敷など生産量が多いところでは入札制度もあったという。

[※1] このスタイルは非常に息が長く、これを非文明的と見なしたアメリカの手によって農業方法が変えられる昭和20年代ごろまでは排物処理はこの循環が基本となっていた。ただし経験者にいわせると「臭い・きつい・汚い」の「3K」な仕事であったらしい。


江戸時代の治安


概ね江戸時代初期と末期治安が悪く、江戸時代中期の治安は、さすがに技術的な問題で現代には劣るものの、17-19世紀の当時としては極めて異例とも言える良さだったとされる。

江戸時代初期はまだまだ長かった戦国時代の余韻も多く残っており、また多くの大名などが易されたため、浪人が大量発生して治安が悪化、武士といえば傷は当たり前で殺し合いになったり、りといったことも多かった。「水戸のご老様」で知られる徳川光圀も、若い時は不良であり、りをしたこともあった。

時代が下るに連れて、武士階級にも徐々に平和な時代の価値観が浸透してきたが、これを特に推し進めたのが「生類憐れみ」であった。かつては否定的な価値観が圧倒的であり、悪法の徴的存在であったものの、近年では戦国時代殺伐とした雰囲気を一掃し、武から文の時代への以降に貢献した一面や、綱吉死後も継続していた捨て子保護政策などが再評価されている。動物の保護も、当時日常的に横行していた対策の一面もあった。一方で、そうした功績を認めつつ、日本人の過度な平和ボケやいわゆる「お上」への権威義を生み出した一面もあるとする評価も存在している。


次へ»
最終更新日: 17/06/08 22:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社