ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


江戸静岡説


ヨミ: エドシズオカセツ

江戸静岡説とは、2011年テレビ静岡で放送されたご当地ヒーロー番組「からくりセッシャー1」の劇中で提唱された学説である。もちろん現実には「江戸静岡説」も教授も存在しないフィクションである。


概要


「見たのか!…東京江戸があったのを見たのか!!」(歴史学者 久 勇)

 江戸静岡説とは、歴史学者である元大学教授でもある久 勇により提唱された江戸が実は現在における東京都ではなく、静岡県に存在していたとされる学説である。

その根拠といては歌川広重が描いた浮世絵東海道五十三次」の中にある江戸風景を描いたものの中で富士山が実際よりも大きく描かれていた事などが挙げられている(とされている)。

 

 また、現在歴史認識として江戸東京説が有である理由としては明治維新の際、徳幕府の権威を失墜させるための明治政府による陰謀だと考えられており、地名だけでなく場所も現在東京都に移動させることで幕府の権威を失墜させる的があったと考えられている。また、教授によると明治維新は「イメージ一新」であった考えられている(とされている)。

 

 ちなみに、教授はこの学説により大学教授の職を失い学会からも追放されたため、拠をめて静岡へやってきたのである。


関連動画



■sm17919401[ニコ動]

■sm23031315[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 16/09/08 16:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ