ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


池田秀一


ヨミ: イケダシュウイチ
掲示板をミル!
195カキコ!

池田秀一とは、俳協所属の俳優声優ナレーターである。


概要


1949年12月2日生まれ。東京都出身。

幼少期から子役として活躍。俳優としては「太陽にほえろ!」や「Gメン'75」などにも出演した。その後、声優として活動するようになり、機動戦士ガンダムシャア・アズナブルを演じたことから、人気声優仲間入りを果たす。
子役時代(中学生の頃)には石原裕次郎と共演し、お互いに「裕先生」「秀先生」と呼び合う等、良き付き合いにあった。

貴族的とも言える、品のある落ち着いた質が特徴で、二枚目な役柄を演じる事が多い。声優としてはアニメゲーム以外にも、テレビ番組などでナレーションを務める機会もあり、現在も幅広い方面で活動している。
また俳優としても同様に、映画テレビドラマなどで活動中だが近年は声優仕事べると出演数が少なくなっている。

二枚目の役が多いものの、ちらほらと荒くれ者やギャグキャラクターも演じている。その際はシャアイメージとは全く違う演技を披露している。例えば赤髪のシャンクスに至っては普段の威圧感を放つ演技から、酔って明朗快活になる演技までこなす。

声優鈴置洋孝井上瑤とは親密な仲で、特に鈴置氏とは「無敵鋼人ダイターン3」で共演して以来親友同士であった(本人く「腐れ縁」)。またかなりの好きでもあり、初代ガンダムの収録後の打ち上げ会には収録に参加してなかった時期でも普通に飲みに来ていたほど。上述の「機動戦士ガンダム」の共演者をはじめ、声優の飲み仲間も多い。
また、アムロ・レイ役の古谷徹とはトークショーをはじめ声優関連のイベントにて現在でも度々共演を果たしており、池田古谷を「ちゃん」と呼ぶなどその和気藹々とした舞台裏の雰囲気は「ガンダムエース」の中で漫画となって描かれた事がある。

元妻はガンダムで共演した戸田恵子マチルダ役)。その後離婚し、現在の妻は声優玉川砂記子


赤い彗星と池田秀一


機動戦士ガンダム」のシャア・アズナブルを演じた事に始まり、今や池田シャアは切っても切れない関係にあり、池田自身も自伝「シャアへの鎮魂歌」の中でシャア・アズナブルという人物に対する並々ならぬ思い入れなどについてをっている。
また、多くの人にはシャアイメージ池田自身にも定着しているため、池田は「ファンの人たちの、シャアに対するイメージを損なわないように」と、人前では基本的に想良く振る舞わないようにしているという。それゆえ、「はよく『冷たい人』と言われます」ともっている。

と言っても、最初から池田秀一=シャアイメージを受け入れていたわけではないし、シャア人間性については理解出来ない部分が多かったらしい。一時期はシャアイメージを払拭しようとしていたこともあった。しかし歳を重ねるごとに姿勢が軟化し、今ではそういう扱いをむしろ自ら楽しんでいるとのこと。

また、ガンダムシリーズ以外で池田が出演している作品でも、シャアオマージュしたりモチーフにしたような部分が見られる事もあるほか、アニメ作品などの製作者側にもシャアイメージが定着しているため後述のオマージュ作品以外にも池田が出演する作品ではガンダムが関連しない場合でもシャアイメージめられる事が少なくないらしい。

以下に、シャアオマージュパロディの一例を紹介。

また古谷く、「飲んでいたときに同じ店で、携帯で泣きながら話している女性を見かけ、その会話が段々慢できなくなった結果電話を奪い取り『シャアだが』と名乗って相手に説教を始めたことがある」というエピソードもあるらしい。電話の向こうの相手がうらやましい。

出典:池田秀一・自伝「シャアへの鎮魂歌 青春赤い彗星」より


主な出演



声優業


アニメ

ゲーム

特撮

吹き替え

ナレーション

その他


俳優業


テレビドラマ

映画


関連動画



■sm433269[ニコ動]

■sm3020355[ニコ動]


関連生放送


lv136515247 lv171494202 lv209726520


関連商品


■azB0014BACGQ
■azB0029S98JK
■az4047157740
■az4847017005


関連項目



最終更新日: 18/12/22 18:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ