ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


沖縄戦


ヨミ: オキナワセン
掲示板をミル!
33カキコ!
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。
[画像を見る] この項は内容が少ないです。
調べものなどの参考にはなりますが絶対的に内容が不足しています。
加筆、訂正などをして下さる協者をめています。

ただし既にこの記事の方が総務省の「全戦災史実調報告書」より詳細です。

沖縄戦とは、太平洋戦争/大東亜戦争における沖縄戦場にした日本軍と連合軍(ほとんどアメリカ軍、一部イギリス軍)の戦闘である。

本記事での日付について

この記事では、年を省略した日付は特に断りがければ1945年す。


概要


狭義では1945年3月1日沖縄爆撃3月23日沖縄爆撃3月27日の慶良間諸米軍上陸、4月1日沖縄本島米軍上陸から6月23日牛島満自決によって沖縄日本軍の組織的抵抗が終了した期間をす。ただし、それ以前に起きた1944年8月22日対馬丸撃沈や、1944年10月10日沖縄襲を含めることも多く、降伏調印式は9月7日である。

沖縄戦のあまりの惨状は「の暴」「暴風雨」「ありったけの地獄を集めた」と言われるようになった。米国原爆投下正当化論では沖縄戦の犠牲の多さを根拠の一つにしている。

連合軍側の作戦名は「アイスバーグ(氷山)作戦

なお沖縄戦の特徴を表す端的な表現として戦後長らく「一の地上戦」が使われてきたが、正確な表現ではない。現在日本領でないが当時は日本領であった北海道占守における「占守島の戦い」や樺太全域における「樺太の戦い」があり、また現在日本領である東京都硫黄島における「硫黄島の戦い」もあるからである。このため「一の地上戦」という認識は必ずしも正確ではない。


疎開、対馬丸撃沈


1944年7月7日サイパン守備隊が玉砕すると南西諸での戦闘が確実となってきた。

日本政府は緊急閣議を開き、南西諸の老幼婦女子10万人の疎開を決定し泉守紀沖縄県知事へ示した。戦闘及び労働がある壮年、警防団、医師の疎開は原則として認めなかった。

もっとも知事自身が疎開に消極的だったこと、複数の飛行場建設に県民が動員され人手不足だったこと、家族が離ればなれになること、内地での生活することの不安があること、日本が南西諸の制権を失っていたことは沖縄県民でも知れ渡っており上の方が危険だと疎開をう者が多かったことにより疎開はあまり進まなかった。

そうした最中に1944年8月22日九州へ向かっていた学童疎開船「対馬丸」がトカラ悪石島付近で米軍魚雷により撃沈してしまう。乗船者1661人のうち、1484人が死亡した。「対馬丸」撃沈は沖縄県民を含む日本国民には秘密にされた。

後の10・10襲で沖縄県にいても危険だと実感した県民が増え、以降は疎開が増加した。


10・10空襲(十・十空襲)


1944年10月10日に南西諸各地、特に沖縄本島都市、飛行場、港湾とが5回にわたって米海軍艦載機による襲を受けた。この襲により非戦闘員を含む少なくとも668人が死亡、旧那覇市では90屋が焼失するなど大きな被害が出た。

米軍は同時に地上写真を撮影して後の上陸戦に向けて情報収集も行ったようである。

1971年に復活した那覇大綱挽の開催日は体育の日に合わせたのではなく10・10襲の日に合わせたものである。


慶良間諸島上陸


1945年3月17日硫黄島が陥落したことにより米軍は本格的に矛先を南西諸へ向けることが出来るようになる。

3月23日~24日に米軍襲と艦砲射撃で慶良間諸を攻撃し、26日には座間味、慶留間、27日には渡嘉敷に上陸した。

座間味では135人、慶留間では数十人、屋嘉では約10人、渡嘉敷では330人が強制集団死・集団自決に追い込まれた。集団自決の原因としては「生きて虜囚の辱めを受けず」の戦訓に代表される日本政府・軍の戦訓で降伏よりも死を選ぶ者が多かったこと、降伏した後に日本が勝ったらスパイとされてしまう恐れがあったことが挙げられるが、軍による強制もあったという言もある。


沖縄本島へ上陸


4月1日には米軍沖縄本島西海にある読谷村渡具知へ上陸、地上での持久戦に持ち込む方針だった日本軍はこれ攻撃せず米軍はその日のうちに読・嘉手納の両飛行場を占領した。あまりにすんなり上陸できたことから米軍兵士は「エイプリルフールか?」と不思議がったという。

4月3日には米軍沖縄本島東海湾に達し日本軍は南北に分断された。

4月5日には軍軍政府布告第1号「権限の停止」(通称「ニミッツ布告」)を布し、米軍占領地の沖縄住民に対して日本行政権が停止されたことを通告し軍政を敷いた。

4月21日には米軍沖縄本島北部とを制圧し沖縄本島南部攻略に専念できるようになった。

5月4~5日に日本軍添・西原米軍へ総攻撃を仕掛けるが敗北日本は約5000人、米軍700人が戦死した。

日本軍牛島満官率いる第32部が首里城地下に掘った壕で持久戦の構え、大田少将率いる沖縄方面根拠地隊が小地区に掘った壕に籠もることにした。米軍5月に首里をし進撃、安里で苦戦するも5月18日には占領、これを受けて官は5月22日に摩文仁方面への撤退を決定する。米軍5月29日が撤退した首里に突入、5月31には握した。

米軍6月になると小6月7日日本海軍部壕を攻めるが日本軍は耐えきった。米軍シェファード少将は南・南東からの攻撃に作戦を切り替え6月10日~11日に総攻撃、死地に追いやられた日本軍は猛反撃し米軍へ首里戦線以上の損を与えるも、6月13日大田少将らが自決し決着した。

6月11日付でに官はサイモン・ボリヴァーバックナー中将から降伏勧告を受けるも黙殺。6月18日バックナー中将栄里で戦死(1954年大将に昇進)、狙撃されたとも弾の破片を浴びたとも諸説ある。2016年現在米軍史上において最高位の階級での戦死である。6月23日官、長勇参謀長が摩文仁で自決。これによって日本軍の組織的戦闘は終結した。この6月23日は後に沖縄県で「慰霊の日」となった。

残念なことに沖縄戦全体の民間人の犠牲は日本軍敗北の戦局が決定的になった首里陥落以降の方が多い。日本軍民間人を守る余裕がいこと、軍に付いていった方が安全だと信じた住民が多かったこと、「生きて虜囚の辱めを受けず」の戦訓に代表される日本政府・軍の戦訓で降伏よりも死を選ぶ者が多かったこと、事前の疎開が追いつかなかったこと、官ら現地軍も東京日本政府・大本営も徹底抗戦にこだわったこと、バックナー中将も強硬すぎたこと、バックナー中将戦死で海兵隊暴走差別虐殺に走ったこと、などが原因と考えられる。

官が徹底抗戦すべきと解釈できる命自決直前に出したこともあり、この後も散発的な戦闘は続いた。

7月2日米軍沖縄作戦の終了を宣言。

日本軍の武器弾薬米軍からの補給路の遮断により、最初から乏しく、軍人も民間人も壕や洞窟(ガマ)、甲墓(本土の墓と違い内部に広い間がある)に隠れてにこっそり外へ出る生活を余儀なくされた。に外へ出る者はが必要だった。そうしないと死体を踏んでしまうからである。闊に外へ出られないため壕などの中は排物の処理も出来ず死体の埋葬すら困難なため衛生状態は悪く悪臭がきつかったという。

兵も甲墓には手を焼き「墓と戦争をしているようだ」と言わしめた。対処に困った米軍は壕や洞窟爆薬ガソリンを投げ入れ、火炎放射器で焼き、出てきた人間差別に射殺する戦術に出た。沖縄の人々はこれを乗り戦法と恐れた。


ひめゆり学徒隊


沖縄県立第一高等女学校沖縄模範学校女子部から生徒222人・教師18人が南風原の沖縄陸軍病院へ動員された。

沖縄県立第一高等女学校には校友会誌「」、沖縄模範学校女子部は校友会誌「百合」があり、二つの校友会誌が統一された際に「百合」と名付けられた事に由来して「百合学徒隊」と呼ばれた(平仮名表記が流になったのは戦後)。

首里放棄後は軍と共に摩文仁へ南下。6月18日に解散命が出るが、その後の戦闘自決により最終的に動員されたうち生徒123人、教師13人が死亡した。


伊江島上陸


には日本軍2700人(うち約1000人はから招集)、住民は外避難した約3000人を除いて約3000人がいた。

4月16日米軍が上陸し、4月18日にピューリッツァー賞受賞者の従軍記者アーニーパイル氏が日本兵に狙撃され戦死。4月21日には米軍が制圧。

米軍によれば日本兵を4706人殺したつもりが軍服を着た民間人だったというケースがあまりにも多く、1500人をえたという。

建物は質屋だけを残し全て破壊された。その質屋は弾だらけのまま現在も残っている。


犠牲者数


人口約59万人(1944年;後の県外疎開で沖縄戦開始時には42万~50万人に減っていたはずである)の沖縄県日本軍11万6400人(沖縄出身含む)と米軍548000人が交戦した。犠牲者数は沖縄県援護課によれば20万0656人(日本18万8136人、うち沖縄県出身者12万2228人(一般人9万4000人、軍人・軍属28,228人)、他都道府県出身兵 6万5908人、アメリカ1万2520人)だが、ここでは戦病死や餓死が含まれていないようである。沖縄県平和祈念公園内「平和の礎」には籍問わず24万1336人(2015年6月23日現在)の戦死者の名前が刻まれている(ただしこれは満州事変から終戦までの沖縄県出身戦死者を含んでいる)。


戦艦大和撃沈


詳細は戦艦大和の記事参照。

大和沖縄に乗りあげて台としてアメリカを迎え撃つ」天一作戦として4月6日戦艦大和沖縄へ向けて徳山港を出港するが、途中の坊ノ岬米海軍58任務部隊の艦載機による猛攻撃を受け撃沈した。

日本側の戦死者は伊藤整一中将(死後、大将)、有賀幸作大佐(死後、中将)ら3721人に上った。

アメリカ側は艦載機10機、戦死者12名。


特攻隊の活躍


詳細は神風特攻隊の記事参照。

沖縄戦でも神風特別攻撃隊による攻撃が実行され、米海軍の損の多くは特攻隊によるものが占める結果となった。

戦艦大和と運命を共にした伊藤整一大将息子伊藤中尉沖縄域で特攻作戦で戦死している。


石垣事件


石垣陸軍航空兵捕虜3人が処刑された。関係者は戦後GHQによって戦犯裁判にかけられた。

日本政府が捕虜待遇に関するジュネーヴ条約を批准しなかった結果起きた、双方にとっての悲劇である。


久米島守備隊住民虐殺事件


詳しくは久米島守備隊住民虐殺事件参照。

久米島では6月23日の組織的戦闘終了後、鹿山正兵曹長率いる日本海軍通信隊・守備隊が「降伏勧告書」を持って来た民にスパイ容疑をかけ殺する事件が起きた。最終的に5件の犠牲者だけで22人。一説では29人。


八重山疎開・八重山マラリア



次へ»
最終更新日: 16/06/30 20:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ