ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


治承・寿永の乱


ヨミ: ジショウジュエイノラン
掲示板をミル!
7カキコ!

治承・寿永の乱とは、1180年から1185年まで続いた日本史の内乱であり、要するに源平合戦のことである。


ここまでのあらすじ



平家勢力の興隆


平治の乱勝利をおさめ平清盛は、保元の乱で武を失った摂関平治の乱で壊滅的大打撃を受けた他の院近臣、とすっかり空白になってしまった朝廷内に新として地位を固めることになった。平清盛を、平治の乱以前から後白河上皇二条天皇間の対立をうまく立ち回っていたこと、また婚姻関係を通して摂関近衛基実と結びついたことなどが後押しし、二条天皇亡き後これまた平清盛と姻戚関係を結んだ高倉天皇の即位で、若い天皇と摂関を平清盛が支える政権が誕生したのであった。

…つまり旧来勢・守旧朝廷の長老格にとっては非常に苦々しい状態になったのである。


鹿ケ谷の陰謀


ここで一つ問題が起きる。今まで後白河上皇を結び付けていた皇后滋子・建門院が亡くなってしまったのである。そのため後白河上皇は、ただでさえ旧来の院近臣といった不満分子の核として機しだしていたところに、ブレーキ役がいなくなってしまったのである。

このタイミングでちょうど起きたのが、院近臣西息子藤原師高の配流をめぐる延暦寺の強訴である。後白河上皇としては自分の側近を守らなくてはいけない。そこでに命じてこれを鎮圧させようとしたところ…なぜか逆に西藤原成親といった院近臣に誅殺されてしまったぜ!

この原因といわれるのがいわゆる1177年6月鹿の陰謀である。つまりを排除しようとしたことを、味方だったはずの多田行綱に密告されての逆襲を受けてしまった、というものである。
が、そもそもこの「鹿の陰謀」自体は本当かどうかわからない。当時の記録によると後白河上皇の周囲で何らかの謀議が行われていたのは事実のようだが、の討伐が現実的だったとも思われないのである。そのためあくまでも平清盛のみを狙っていた説、のでっち上げだよ説など様々に今もなお議論されている。

まあ要するに代表的な後白河上皇の側近がみんなまとめて始末されちゃったわけである。


治承三年の政変


こうして平清盛後白河上皇の対立は、西藤原成親といった側近の首切りで済んだ…と思っていたところに、高倉天皇徳子の間に第1子誕生である。平清盛は、彼を皇太子として立太子させで周囲を固め、この後の安徳天皇の周囲から旧来勢は排除されたのである。

この流れで一つ事件が起きる。夫・近衛基実の死後摂関領を引き継いでいた盛子、院近臣に接近し小松というべき独自の存在となっていた平重盛が相次いで亡くなり、後白河上皇に彼らの所領は取り上げられ、摂関も反であった殿基房の息子殿が盛子と基実の息子近衛基通を差し置いて就任したのである。

この結果、の逆襲が起こる。1179年11月平清盛が上後白河上皇閉、数十人にもわたる院近臣や反卿を解任したのである。

こうしての独裁ともいうべき状態が起き、朝廷平清盛握されることになった…はずであった。


治承・寿永の乱の勃発



以仁王の挙兵


一つ問題が起きる。旧二条天皇を吸収した第三勢後白河院八条院の存在である。彼女のもとには親王宣下もされずほったらかしにされていた以仁王源頼政をはじめとした武などが結集していたのである。この状況下で11802月平清盛安徳天皇の即位を実現する。もちろん以仁王はそれに不満だった。

この結果起きたのが11805月の以仁王の挙兵である。当初は鎮圧する側にいた源頼政もこれに参加し、八条院本人は関わっていなかったものの八条院軍事貴族たちが多数これに加わったのである。

しかし、当初予定されていた山門、南都の協がちぐはぐなものになってしまい、乱自体はあっけなく鎮圧される。中央情勢の中ではこれですべてが終わるはずだった…。


源頼朝の挙兵


さてここまで見てきたように、都では数多くの政変が起き、多くの勢交代の末にが全握したのである。そこで問題となるのが、地方でそれまでの受領の下で在庁官人として活動していた軍事貴族武士が、受領が親の人物に交代することと合わせて、それまでと異なる親に交代したのである。つまり急政権の誕生が、言ってみれば地元の顔聞き役たちの対立をあおったのである。

このタイミングでちょうど源頼政の敗死によって、彼の一族を誅殺すべく捜索が始まった。これに危機感を覚えたのは三善康信である。彼は自分の子である源頼朝危機を知らせ、州に逃げることを勧める。しかし源頼朝は逆に北条氏や三浦氏などと連携して伊豆8月17日に挙兵。伊豆代の山木兼を襲撃して殺する。

と、ここまではよかったのだが石橋山の戦いで敗北し、安房に逃亡することとなる。しかし、房総半島上総広常千葉常胤といった坂東平氏が味方し、さらに当初は方として徴兵されていた秩父平氏畠山重忠なども味方に付く。こうして10月までには南関東を制圧し、鎌倉入りするのである。


富士川の戦い


一方、挙兵したのは源頼朝だけではなかった。信濃で挙兵した源義仲木曽義仲)、甲斐で挙兵した武田信義、全に以仁王旨をばらまいたとされる新宮行家など、東清和源氏の挙兵が相次いだのである。

特に武田信義は南下して東海道へ進出し方の現地軍を撃破。こうして東にいたはずの人がほとんど壊滅したことから、乱の鎮圧に向かっていた維盛、藤原忠清は撤退を決意する。しかしそこを襲撃され本隊が壊滅的な敗北をしてしまうのである。これが水鳥の羽音でおなじみの富士の戦いであった…

こうして武田信義安田義定による東海道制圧、および源頼朝の協が始まる。さらに本隊の敗北は石河源氏義基・義兼子、近江源氏山本義経などの畿内軍事貴族や西河野通信菊池隆直といった反側在庁官人の反乱を招き、乱の全拡大が起きてしまったのであった。


平家軍事政権の誕生と清盛の死


しかし、もこれには負けてはいられない。南都焼き討ちなどうっかりミスもあったものの、く間に西を再制圧し、尾まで回復するのである。この間源頼朝兄弟であった希義、義円らが敗死している。

さらには11806月に実行した福原遷都をあきらめ京都へ戻る。この後、源氏対策のための軍事態勢を畿内に構築し、このままいけばまだ勝ちはあったかもしれない…

しかし11812月、巨平清盛が亡くなる。あとに残されたのはまだ若い安徳天皇近衛基通、平宗盛といった存在であった。


源頼朝の関東経営


一方源頼朝は、上総広常らの反対によって京都への進出を断念し坂東経営にいそしむ。頼はこの後にかけて、周囲にいた敵対勢である、志田義広新田義重佐竹義・佐竹秀義子や足利忠綱(清和源氏ではなく秀郷流藤原氏の方である)を排除・屈させることに尽している。

このいわゆる反源頼朝同盟ともいうべき人々は、118011月の戦い、1182年の足利俊綱との戦い、11832月の野木宮合戦、さらに同年3月頃の源義仲との和などで順次壊滅し、さらにその関係で下野の最大勢の片割れだった小山氏ら北関東の諸勢が味方に付くなど、頼坂東経営は順調に軌に乗っていったのである。

こうして治承・寿永の乱は第二幕に移るのである。


平家勢力の敗北



養和の大飢饉と源義仲の京都進出


1181年から1182年にかけて養和の飢饉と呼ばれている大飢饉が発生した。困ったのが絶賛内乱中の京都である。各地を源氏に蚕食されて輸送網がマヒし、また長期にわたる軍事態勢の構築が恒常的な軍需物資の確保という問題を引き起こした。

そして一つ問題が起こる。11816月横田河原の戦いで助職を破り、信濃から越後を席巻し、以仁王の皇子である北陸宮を推戴した源義仲の存在である。彼は越前若狭などで挙兵した北陸の在地勢と結ぶこととなり、食料供給所であった北陸京都への交易網のかなめであった若狭の奪取は方の最上課題となったのだ。

源義仲として、維盛・通盛率いる軍が、飢饉が小康状態にある1183年に討伐に向かう。しかし結果は越中伽羅の戦いと志保山の戦い、加賀般若野の戦いと篠原の戦いでの敗北であり、その結果は前線指揮官クラスを多く失うことになった。

その勢いに乗って源義仲は各地の軍事貴族・および山門勢と協して上、11837月の都落ちが生じたのである。


源頼朝と源義仲の争い


こうして都に進出した源義仲であったが、安徳天皇不在の中新たな天皇に傍流である北陸宮を置こうとするなど、中央での政治経験不足や全統治のノウハウのなさが足を引っる形となってしまった。また西が、東海道・東山源頼朝が抑えている状況で、依然として食料が京都に入ってこない状況は変わっていなかったのである。

時勢を見た結果、118310月後白河法皇は寿永二年十月宣旨で源頼朝に接近する。さらに118310月水島の戦い、11月の室山の戦いで源義仲に相次いで敗北。結果として、軍事的優位性も徐々に失っていった。こうして源義仲は追い詰められていく。

源義仲はこの流れを巻き返すために、法住寺合戦で後白河法皇を襲撃。殿摂政とする傀儡政権を立し、1184年に征東大将軍に就任する。

こうしてついに、源頼朝源義仲の排除へと向かう。源範頼源義経と二人のに率いられた軍が京都を襲撃、11841月宇治の戦いである。ここに畿内軍事貴族の多くが義仲から離反し頼側についたこともあり、源義仲は敗死し、源頼朝方が京都握したのである。

おこの結果義仲の息子である義高の誅殺と甲斐信濃の制圧が行われ、さらに北陸道も惣追捕使の侵攻が行われ源頼朝によって支配されていった。

その結果、朝廷源頼朝を官軍とみなし、以下の人事が行われた。


平家の滅亡


一方この間は黙ってみていたわけではなかった。当初本拠にしようとしていた大宰府を緒方惟栄に追われたものの、屋に本拠地を置きく間に中国地方回復する。こうしてかつての本拠地であった福原近くまで回復したのである。

そこで源頼朝方ではとの和も視野に入れられ始めたのだが、それを認めないのは後白河法皇だった。11842月の一のの戦いで多田行綱など現地の軍事貴族の協もあり、源氏勝利軍事指揮官クラスの多くを失い一気に劣勢に立つ。

ついに西に進出した源範頼軍による中国地方の再制圧が行われる一方、源義経は三日平氏の乱を鎮圧し京都治安維持を行う。またどさくさ紛れに東では武田信義息子一条忠頼が謀殺され、甲斐源氏の屈伏が起きた。

しかし源範頼率いる源頼朝軍は瀬戸内海握する方の制圧に意外と手間取ることとなる。この状況を見た源義経は独自の判断による電撃作戦一気に四国にわたり11852月の屋の戦いで、を本拠地から追い払うことに成功するのである。11853月の壇ノの戦いはもはや掃討戦に過ぎなかった…

こうして驕るは久しからず、6年にわたる内乱を経ては滅亡したのである。鎌倉幕府の成立へと向かっていく。


その後



源頼朝と源義経の対立


しかし、源義経の独断専行は東武士の間に不満を招き、また安徳天皇時子の生還や三種の神器の宝の奪回に失敗するなど、源頼朝自身の構想を揺るがしたことから頼本人との間にも少しづ裂を招いていった。


次へ»
最終更新日: 18/12/22 10:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ