ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


海外アニメ


ヨミ: カイガイアニメ
掲示板をミル!
141カキコ!

海外アニメとは、海外制作されたアニメのことである。


概要


元々、アニメ歴史は1920年頃からアメリカで始まった初代アニメーション映画黄金期より爆発的に発展し、現在では世界中で制作されている。その背景には1923年に設立されたウォルト・ディズニー社のが強い。(ウォルト・ディズニー社のを受け日本でも虫プロダクションが設立され日本初のテレビアニメ制作を始めた経緯がある)

日本では、アニメーションセルアニメーション(現在ではCG)のイメージが強いが、海外ではクレイアニメーションやペーパーアニメーションなどが盛んに作られている。

1995年からは「トイ・ストーリー」を皮切りに、ピクサードリームワークスを代表する3DCGポリゴン)を起用したアニメ作品も大量に作られ現在に至る。これらは日本でも行収入で大成功するなど大ヒットを飛ばしている。

90年代後期から2000年代中期には、インターネットが整備されFlashを代表するようなパソコンソフトで作られた海外アニメをネット上で見ることが容易になった。さらに2006年にはYouTubeを代表する動画共有サービスも作られ、個人製作世界中の海外アニメを簡単に見ることができるようになった。

大きなお友達向けに作られているものが多いアニメ日本とは異なり、一般的にアメリカヨーロッパなどでは、「アニメ小学生向け」「アニメ子供達への教訓」という考えが強く、胸チラミニスカートのようなお色気要素や拳銃や流血、タバコなど暴力的な表現は余り見られない。ワンピースナルトなどの海外版ではこういったシーンは大抵カットされるか、別の表現に差し替えられている。

子供向けアニメで人が死ぬという規制に厳しいアメリカでは、とことん不殺義を貫いていることも特徴。カートゥーンでは戦闘機が爆破されたときはほぼ必ずパラシュートが開くし、警察が発することもあまり見られない。悪役の扱いでもアメリカでは「悪人刑務所に入れて心させる」という考え方が流なため、マーベルDCヒーロー作品ではどんなヴィランでも殺さず収監もしくは追放したり、一の隙を突いて敗走することが多い。ディズニー作品の「ミスターインレディブル」は、悪役が死んでしまうために年齢制限がかけられて放映されたことからも、アメリカ子供への描写表現に厳しいことが伺える。

グロエロ表現はHappy Tree Friendsサウスパークシンプソンズなど一部の大人向けのアニメでは見られるものの、厳しい年齢制限の元に放送されている。現在AmazonプライムHuluNETFLIXなど動画配信サービスの多様化により、年齢制限のある作品や日本国内のアニメも容易に視聴できるようになった。

一昔前はチキチキマシン猛レースパワーパフガールズなどが地上で放送されていたが、現在ではテレビ東京系列で放送されるディズニー系列作品以外で海外アニメを見かける機会はほとんどなくなっている。ただしカートゥーンネットワークディズニーチャンネルなどの専門チャンネルで視聴できるので、興味があるなら視聴してみるのもいい。


代表的な海外アニメ



海外アニメに関係のある日本製のアニメ



日本と海外の合作アニメ



関連項目



最終更新日: 18/09/17 10:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ