ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


消防車


ヨミ: ショウボウシャ
掲示板をミル!
25カキコ!

[画像を見る]

消防車とは、火災発生時消火や抑制を行うポンプなどの特殊装備を持つ自動車のこと。消防自動車や消防自動車とも呼ばれている。

概要

一般的な消防車には、消火するためにみ上げるポンプ装置と放装置を有している。ただし、災害交通事故事故等での救助を専門に扱う救助工作、資材の搬送専用など、ポンプ装置・放装置を有していない消防車もある。

体の色は、日本やその他の々でも系統が多いようだが、アメリカでは白色黄色の消防車もある。

日本の消防車

道路運送車両法で定められている特殊用途自動車にあたり、道路交通法で定められている緊急自動車にあたる。緊急車両であるため、赤色警告(パトライト)とサイレンが付いている。
また、どの消防車には黄色の行が付いており、所属する消防署名、消防団では番号(例:第1分団第1班→「1-1」など)などが書かれている。

日本では消防車のシャーシを自動車メーカー製作し、消防機器については専門のメーカー製作する方法が一般的になっている。広報車などでは改造して使用している車両もある。

消防車は、各自治体消防本部や消防団、危険物を扱う企業空港会社などが保有している。他に、警察庁皇宮警察本部は皇居や御所の消防業務も担っているため、各護衛署に消防車が配備されている。

車体の色

体の色は「道路運送車両の保安基準の細を定める告示」(国土交通省告示)第75条3項によって、「朱色」と決められているが、赤色に限りなく近い色も使用されている。但し、防衛省関係の車両は例外が認められているため、自衛隊保有の一部の消防車はオリーブドラブ色(いわゆる自衛隊カラー)になっている。

 (緊急自動車
75条 ・・・(中略)・・・
 三 緊急自動車体の塗色は、消防自動車にあっては朱色とし、その他の緊急自動車にあっては白色とする。ただし、・・・(中略)・・・防衛省自動車であって緊急の出動の用に供するもの、・・・(中略)・・・にあっては、この限りでない。

国土交通省のホームページ掲載資料(PDF)[外部]より引用

名古屋市消防局(愛知県)や松本広域消防局(長野県松本市)では、他の一般車への認知性を高めるために「スカレッド」と呼ばれる赤色が使用されている。出典:日経BP セカンドステージ - 消防車の色はなぜ赤いのか[外部]

特殊な例として、在日アメリカ軍保有の消防車は黄色深緑色の車両もある。また、関西国際空港では黄色の消防車を保有している。出典:関西国際空港 関空探検隊がいく 8.かっこいい消防車を見かけましたが?[外部]

[画像を見る]
一般的な消防車(平塚市消防本部平塚市消防署)
[画像を見る]
皇宮警察本部京都護衛署の消防車
[画像を見る]
在日アメリカ軍横田基地の化学消防車

種類

[画像を見る]
消防ポン
[画像を見る]
はしご付き消防ポン
[画像を見る]
化学消防ポン
[画像を見る]
救助工作
[画像を見る]
[画像を見る]
ロア
[画像を見る]
災害対応多
[画像を見る]
照明
[画像を見る]
クレーン

近年の日本における傾向

ハイブリット化・多目的化

ポンプ付救助工作 元々救助工作が規格化される以前、各地の消防の多くは火災救助が多かったことから通常のポンに救助用資機材を積載して救助活動にあたっており、規格化以降も1、2ではポンプ付のタイプが認められていた。
その一方、重量物排除に使えるクレーンが機関の都合で装備できない、ポンプにスペースをとられて資機材積載スペース圧迫されて資機材の増載が出来ない事が見られた。
しかし、2010年代になってクレーンを装備したポンプ付救助工作が登場し、資機材の小化と軽量素材の採用で積載スペースも増加してきたため用途が広げられた。
ちなみに小規模火災(小火、一般車両)程度なら消火できる車載消火装置(要は大消火器)を装備した救助工作もある。
水槽付はしご消防車 1980年代から存在する字の通り、水槽を搭載することで速な消火活動を実施できるはしご消防車。
ただし、中層建物に対応する15mクラスのはしごまたは高所作業アームのみしかなく、
肝心の水槽1000L以下、はしご用ターンテーブルの都合で積載スペースが少ないという具合に
器用貧乏としか言いようのない消防車だった。
だが、2010年代モリタがMVF[外部]を開発・販売し、全規模で配備が進んでいる。
化学高所放 本来石油コンビナートなど大規模石油化学施設を抱える地域には大化学消防車、高所放消火剤原液搬送の3台で「化学消防車3点セット」を消防、自衛消防共に配備する規定になっているがめったにある災害ではないので化学消防車+高所放合体させて1台とし2点セットになるようにした。
ちなみに通常はしごもしくは屈折はしごが高所放を兼任、原液搬送を大水槽から原液に載せ替え、または後述のコンテナ式資機材搬送を用いる、パターンもある。
コンテナ式資機材搬送 コンテナを換装することで大水槽照明、特殊災害対策理論上何役もこなせる。
水槽ポン 本来後方支援向けで可搬ポンプで済ませていた大水槽に一線級のポンプを装備して最前線に出せるようにした。
消救 増大を続ける救急需要に対する救急車不足に対する答えとして開発。も多く横から患者を載せるサイドドアタイプ、後部ドア付だがポンプは出が劣る可搬ポンプのタイプ、片側のみポンプを配置し、サイドドア+後部ドア付といった具合にまだまだ試行錯誤が続いているタイプである
+ポン 消救の室内活動スペースの広さに着して生開発されたのを機に新規開発も登場。
先端屈折はしご 通常はしごの最終段に屈折ギミックを備えたはしごこれにより屈折はしごには及ばないがフェンスなどの障物を避けて標(要救助者、火災現場)に近接しやすくなった。

こういった傾向が出てきたのは技術向上よりも少子高齢化による消防士の人員確保が難しくなっているためという事情もある(地方ではこれが顕著)。
一方で1台に複数の機を詰め込むことは機特化べてどこかにしわ寄せが出るので1消防隊が複数の消防車を乗換運用することがある。

積載・活動スペースの強化


次へ»
最終更新日: 19/01/12 17:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社