ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


涌井秀章


ヨミ: ワクイヒデアキ
掲示板をミル!
104カキコ!

涌井秀章(わくい ひであき、1986年6月21日-)とは、千葉県出身のプロ野球選手投手)である。現在千葉ロッテマリーンズに所属。

概要

千葉ロッテマリーンズ #16
涌井秀章
基本情報
日本
出身地 千葉県松戸市
生年 1986年6月21日
身長
体重
185cm
85kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 投手
プロ入り 2004年ドラフト1巡
経歴
際大会
代表チーム 日本日本
五輪 2008年
WBC 2009年2013年
プロ野球選手テンプレート

2004年ドラフトで1巡名を受け、西武ライオンズに入団。横浜高校時代は横浜高校小倉部長をして「松坂(大輔)より慢し辛い練習に耐えて乗り越えた」との評価を受けている。入団当時の背番号16

球種はスライダーカーブシュートカットボールフォークチェンジアップ・パームなど多
マウンド上でも(プライベートでも)感情をほとんど表に出さないポーカーフェイスで知られる。

西武時代

2005年

ルーキーイヤーの2005年完成度の高さから高卒新人ながら13試合に先発するも、1勝6敗、防御率7.32プロの洗礼を浴びる。

2006年

3月26日ルーキー炭谷銀仁朗バッテリーを組み勝利、10代バッテリー勝利17年ぶり。結果、12勝8敗防御率3.24と戦にならなかった前年からローテーション投手になる大成長を遂げる。シーズンオフシュートを習得する。

2007年

チームが低迷する中で17勝10敗防御率2.79最多勝坂に変る若きエースへと変貌を遂げた。特に両リーグ最多の213投球回を投げ11投をマークする高校時代から定評があったスタミナの評判をさらに上げた。シーズン終了後、北京オリンピックアジア予選では初戦フィリピン戦に先発し6回失点の好投で際試合を経験。

2008年

試練のシーズンで開幕投手を務め140球を投げ8回2失点ながら敗戦投手に。四死球が増加してしまい、10勝11敗防御率3.90と2桁勝利するもシーズン負け越し(北京オリンピックの影も少なからずあったが)。

それでもクライマックスシリーズでは2勝しMVP日本シリーズは1勝1敗防御率3.31西武日本一に導き、アジアシリーズも冷や冷やながら台湾の統一ライオンズを破り日本勢のアジア王者陥落を阻止した。

この2008年シーズンオフ契約では、前年より球団から打診されていた背番号の変更を悩んだ末に了承、新たな背番号18となった。

2009年

WBC日本代表に選出され、中継ぎとして二連覇に貢献。シーズンでは2年連続で開幕投手を務める。抑えの切り札だったアレックス・グラマンが故障離脱し、先発した試合では投を余儀なくされ、年間で3,555球も投げた。最終的に16勝6敗防御率2.30沢村賞を受賞した。また炭谷銀仁朗と共に最優秀バッテリーも受賞した。

2010年

3年連続で開幕投手となり、先輩成瀬善久と投げ合った。4月は不調だったが、交流戦で持ち直し、和田毅に次ぐ交流戦通算17勝を挙げる。また交流戦としてはパ・リーグ投手で初となる猛打賞を達成した。しかし以降は失速し、14勝8敗に終わった。

2011年

開幕投手を務める。好敵手・ダルビッシュ有を相手に勝ちを挙げる上々の滑り出しだったが、その後は昨年後半からの不調を引きずり勝ちから見放され、5月には一時二軍降格も経験する。このとき右肘の遊離軟が発見されるもそのまま復帰。この影もあってかレギュラーシーズン中は期待を裏切ることが多く、5年続いていた2ケタ勝利も途絶えた(9勝12敗)。CSでの福岡ソフトバンクホークス戦では杉内俊哉を相手に9・2/3回を1失点の熱投で意地を見せるもチームは敗退した。

2012年

開幕投手を務めたが、不調から抜け出せず、3連敗した後、二軍に降格。一軍に復帰後は抑え投手を務める。しかし女性問題が発覚した後は1ヶ謹慎。一軍復帰した後も抑えとして出場し、30セーブを挙げた。

2013年

WBC日本代表に選出。背番号11。しかしその期間中に杉内俊哉と共に二度女性問題が発覚し、厳重注意処分を受ける。レギュラーシーズンでは統一球の調整もあり、岸孝之に開幕投手を譲る。レギュラーシーズンでは先発に復帰したが、精を欠き、中継ぎ、抑えと何度も配置転換される。先発として見限られた後は中継ぎに専念し、シーズン終盤は抑えを務める。

シーズンオフFA宣言し、12月18日に地元球団でもある千葉ロッテマリーンズへの移籍が発表された。西武入団時監督だった伊東勤現在揮するロッテへの入団からか、背番号西武入団時付けていた16

ロッテ時代

2014年

開幕投手エース成瀬善久に譲ったが、開幕から先発ローテーション入りする。2連敗と幸先の悪いスタートを切ったが、4月15日西武戦(県営大宮球場)で移籍後初勝利を挙げ、また「全球団から勝利」を達成。パ・リーグのみでこの記録を達成したのは涌井が初めて。

このシーズン無援護に悩まされ、援護が得られるようになる時は炎上、という悪循環を繰り返すが、8月以降は成瀬共々合わせ復調し8勝12敗。貯を作ることは出来なかったが近年の成績を見ても二桁勝利を逃した2011年に近い成績にまで復調し、規定投球回にも到達。先発起用をめて移籍した意地を見せつけた格好となった。

ホームQVCマリンフィールド)での登板が最も多く、13試合に先発しているが、前述の通りムエンゴが祟りQVCマリンでは自責点を2以内に収めた試合が5試合あるにもかかわらず1勝6敗と全く勝つことができなかった。シーズン終盤の最終登板でようやく1勝し、お立ち台で「来年ここでは全部勝てるように」と決意表明をした。対照的にビジターで残りの7つの勝ちすべてを上げており、近年のロッテが苦手としているコボスタ宮城も2勝1敗と勝ち越している。

2015年

この年は開幕投手を務め、ソフトバンク相手に6回失点の投球でシーズン勝利を挙げる。その後は連勝と連敗を繰り返す日々だったが、後半戦からは安定感が増し、毎回最低6回は投げて試合を作る投球を続け、7月24日楽天イーグルス戦で通算100勝を達成し、8月14日オリックス・バファローズ戦で2年振りの二桁勝利を記録。

古巣である埼玉西武ライオンズとのCS争いが化した9月にも黙々と投げ続けて勝利を重ね、10月6日の最終戦ではすでに15勝を挙げて最多勝を確定させていた大谷翔平に追いつくため、この時点で14勝だった涌井は9回が終わって3-3の同点の場面で自ら志願して10回裏を投げ、11回表に味方が一気に6点を勝ち越したことで見事15勝を手にし、移籍してからは初めてとなる6年振りの最多勝利を挙げた。
最終成績はチームトップ188.2回を投げて15勝9敗、防御率3.39という成績を残した。

2016年

2年連続で開幕投手を任され、開幕戦では前年共に最多勝にいた大谷翔平との投げ合いとなり、7回を4安打失点、7奪三振に抑える投球で見事最多勝対決に勝利した。3・4月は5勝敗と活躍し、7年ぶりにMVPを獲得した。5月以降も先発の柱として奮闘するが、4月から一転して援護に恵まれない試合が続く。5月には2試合連続投負け(しかも内容が2失点、1失点)を喫するなど壮絶な無援護に陥る。6月以降も無援護は続き、「チームは勝ったが涌井に勝ちがつかない」という試合も多々見られた。最終的には防御率は前年より好成績の3.09だったが勝ちは10とぎりぎり2ケタに乗せるのが精いっぱいであった。一方投球回はチームトップ188.2回を投げた。

オフにはかねてより交際が明らかになっていたモデルの押切もえと結婚を発表した。

2017年

1月25日に3年の延長契約を結んだ。3年連続で開幕投手を任されたが、この年はチームと共に不調に苦しむことになる。ここ一番のピンチり切れず致命的な失点を喫するシーン立ち、5月12日北海道日本ハムファイターズ戦では1試合6被本塁打パ・リーグワースト記録を打ち立ててしまった。2000投球回、1500奪三振も達成したが、シーズン通しても防御率3.99と悪化し5勝11敗と大幅に負け越した。

オフには海外FA権を行使。メジャーリーグ挑戦を希望したがオファーがなく断念。ロッテ残留を決めた。これまでFA残留を認めなかったロッテにおいて初めてのFA残留となった。

2018年

4年連続で開幕投手を務める。この年も状態は上向かず、5月18日ソフトバンク戦で4勝を挙げて以降8戦連続(2ヶ)勝てなくなる。8月9日に本来の調子ではないとして二軍に降格し、9月3日まで調整した。22試合に登板し、7勝9敗と2年連続で負け越した。

応援歌

球団 レス No プレイヤー
西武 応援歌のピコカキコ一覧 8585

成績

年度別投手成績


次へ»
最終更新日: 19/04/11 23:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ