ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


深海


ヨミ: シンカイ
掲示板をミル!
25カキコ!

深海(しんかい)とは、の深い場所のこと。ふかいうみ。

曖昧さ回避
  1. Mr.Childrenアルバム『深海』。

概要


元々、日本語としての深海はの深い場所を漠然とす単であったが、現在海洋動物学の世界では表層から200mより深いのことを深海と呼ぶように定義付けされている。

海洋動物学の定義で行けば、地球の深さの均は約3800mなので、定義に従うとの大部分は深海であるといっても過言ではない。最大深はマリアチャレンジャー淵の約10920m。

の大部分は表層で吸収されてしまうため、深海は基本的にのささない暗世界となっている。ただし200m程度なら1%くらいはが届くため、全なる暗闇というわけではない。

深海は暗闇であることに加えて、低い温に高い圧、おまけに餌となる生物が少ない過酷な世界であり、深海に生息する生物群はその苛酷な環境に適応されることを余儀なくされる。そのため、浅では見られないような変わった形状の生物が多い。文明の発達により深海の調は大幅に進んではいるが、未だ不明な点が多く、次々に新種の生物が発見されている。


深海の生物相


200~700m

いわゆる深海の最上部。先述の通り、太陽が1%ほど届くため、全な暗闇でないが、当然植物類は生息していない。が発達していたり、発する生物が多く、赤色または銀色の体色で暗闇に溶け込もうとする。
マダラやメルルーサなど、食用とされているおなじみのも生息しており、間は表層にあがってくるものもいる。

700~1000m

ここまで来るとほとんども届かなくなる。生物の体色はより深い闇にまぎれるべく、更にのものが増え、を発達させた生物がいる一方で、見ることを諦めてを退化させた生物もいる。

1000~3000m

どんなに澄んだでも一条すらも届かない全なる暗世界が届かないのでで自分の影を消す意味もなくなり、発器を持った生物が少なくなる。生物の数は大きく減少するが、それでもまだ多くの種類が見られる。

3000~6000m

THE・闇。さすがにここまで来ると生物自体がほとんど見当たらなくなり、生物の総重量が1方mあたり数グラムという悲惨な状態に。餌がないため、などの遊泳生物事実上ほとんどいなくなるが、表層から落ちてきた有機物がたまる海底には様々な生物が見られる。特に多いのがナマコ仲間で、その多くがゼラチン質でできており、泳げる種も存在する。圧が非常に高いため、圧に抵抗のないエビカニなどの甲殻類6000m程度をに見られなくなる。

6000m~

もはや何でこんなところに住んでるの?馬鹿なの?というレベル世界600気圧をえる圧は代謝を狂わせて、細胞そのものをも破壊してしまう。そのため、多くの生物がその高圧に適応できずに姿を消すが、それでもなおこの魔界に適応している生物も存在している。

住んでいるの種類は非常に限られるが、カイコウビクニンシンカイクサウオ、ソコボウズヨミノアシロなど、いくつかの種類が見られる。しかしそんな彼らでも8000mほどが限界を迎え、現在8370m以降にの存在は確認されていない。更に同じくらいの深さでヒトデカイメン類も姿を消し、深海1万mではナマコやヨコエビ、ゴカイ仲間など、一部の微小な生物が見られるだけとなる。


関連動画



■sm2008141[ニコ動]

■sm9022358[ニコ動]


関連商品


■az4893087088
■az4777051250
■az4344018532
■azB00005H020


ニコニコ動画に記事のある深海生物一覧


深海をな居住区としているもののみ記載する。


関連項目



最終更新日: 19/09/06 15:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ