ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


源義仲


ヨミ: ミナモトノヨシナカ
掲示板をミル!
13カキコ!

源義仲 / 木曽義仲1154~1184)とは、平安時代末期に活躍した武将である。


概要


幼名は駒王丸。通称木曽冠者、または朝日将軍義賢の次男で遊女とされる。

1155年8月、大蔵合戦で義賢がその息子であるに討たれた時にはまだ二歳であり、斎藤実盛の計らいで信濃木曽族、中原兼遠のもとに逃れ養育された。ここからしばらくは彼の足跡をたどることは難しい一方、八条院と結びついた軍事貴族として源頼政の養子となっており、以仁王の挙兵でその最期を共にしている。

そして彼が再び歴史の表舞台にたつのは11809月である。信濃市原方の笠原頼直を破り、そのまま信濃に勢を築く。さらに10月には上野へ進出し先代の郎党を確保したものの、源頼朝との衝突を避けいったん引き上げている。そして、11816月には甲斐源氏信濃源氏と協して越後から遠征してきた助職(長茂)を横田河原の戦いで破り、大勝をおさめたのである。

その後源義仲は氏を追って北陸道に進出。しかしその一方で頼と対立した、叔父である志田義広新宮行家を抱え込み従兄弟源頼朝と一触即発の事態に陥っていた。しかしこの件に関しては嫡子・清水義高を頼の長女・大婚姻させることで和を結び、後顧の憂いをなくした義仲はより一層北陸道を制圧していった。

そして起きたのが11835月越中での伽羅の戦い、加賀での篠原の戦いでの大勝利であり、命の恩人である斎藤実盛を討ち取ってしまったものの、の前線指揮官クラスを多数討ち取ることに成功したのである。そして11837月安田義定多田行綱といった軍事貴族支援を得て、一気にの都落ちを実現し、後白河院からは追討・中警護を任じられ、伊予守になった。

かしこのような混成軍の統率は困難を極め、さらに八条院として以仁王子息・北陸宮を天皇位に即位させようとする強引さは八条院本人からも距離を置かれ、おまけに中央政権を担うノウハウのなかった彼は次第に孤立することとなった。

そして起きてしまったのが118310月水島の戦いでの大敗である。足利義兼である矢田義清、古参の郎党であった海野幸広といった譜代の臣を失ってしまった彼は、ついに11月に法住寺合戦で後白河院を襲撃。軍事に欠けた後白河院閉し、院御厩別当となり、摂関をににらまれ逼塞していた殿基房の息子殿に任じ、自らを征東大将軍に任じさせた。

しかしもはや源頼朝との対決は避けられない段階まで来ており、1184正月源範頼源義経両軍に敗走。今井自害を勧められるも、深田に入ってが動けなくなった隙を石田為久に討ち取られて亡くなった。こうして一時は第三勢として重要な役割を担った源義仲軍はあっけなく壊滅したのであった。

この後、彼の子である清水義高も誅殺されたはずなのだが、信濃族である木曽氏は彼の子孫を名乗っている。


関連商品


■az4121023366
■az4642067191


関連項目



最終更新日: 17/10/12 19:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ