ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


漫才


ヨミ: マンザイ
掲示板をミル!
19カキコ!

A「なあなあ」
B「ん?どないしたん?
A「ちょっと聞きたいことあるねんけど聞いてもええ?
B「ええよ」
A「あのな、最近テレビ見とったら寃罪事件、寃罪事件言うとるけど寃罪ってなんちゅー意味?」
B「ん、寃罪って今うちらがやってることやろ?」
A「なんでやねん、これは漫才や」
両方「やめさせてもらうわ」


概要


漫才(まんざい)とは、に2人組みで行い、ボケツッコミに分かれて会話をして立ちながら観客を笑わせる芸の一種である。
漫才をする2人のことは漫才師、お笑いコンビと呼ぶ。

平安時代ぐらいからある伝統芸歳・万歳」であり、これは大頭巾を頭に被り太鼓を持って新年に踊る芸の一種。これが寄席などでも行われるようになり、現在の形になった。「漫才」の漢字表記は吉本興業によるもの。同じく寄席の「漫談」の漫の字と合わせたと推測される。


内容


漫才では会話の内容を「ネタ」と呼ぶ。ただ面いことを話すだけではなく、間の取り方や勢いが重要で、顔芸、曲芸、間芸、冗談、唐突な脱衣イラスト、絶叫など、手段は選ばない。時代の流れをうまくむ才も必要であり、どんなに面い芸でもうまく時代に乗せることができずに日のを見ないお笑いコンビもいる。

漫才の本場とされる大阪ではテレビ番組で放送されるお笑い番組の本数が多く、漫才も数多くにすることができ、生活の中に自然に溶け込んでいる。大御所がさらりと登場して体をっているのも大阪ならではだろう。漫才を日常的に楽しむなら大阪に住むのが一番良いと思われる。

一方、東京では1970年代まではコント人気を博したクレイジーキャッツ萩本欽一ザ・ドリフターズらが下を取っていた時代であったために漫才は格下に見られた時代が長かった。これに革命をもたらしたのが1980年代初頭に起こった漫才ブームである。このブームからビートたけし島田紳助らが頭を現し下を取った。さらにその後大阪からダウンタウン東京進出を果たし、その革新的な漫才で全人気を博して以降は東京でも漫才の地位が上がり、同時に漫才がめて全区の人気確立させた。
2001年より始まった「M-1グランプリ」によって再び漫才が脚を浴びるようになる。

漫才師として名が売れるとゴールデンタイムバラエティ番組を持つようになることが多く、その後はニュース番組などで解説の仕事をしたりと漫才から離れていってしまう人もいる。


関連動画



■sm13331514[ニコ動]

■sm2939280[ニコ動]
■sm13125740[ニコ動]
■sm1620222[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 18/11/16 16:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ