ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


炭谷銀仁朗


ヨミ: スミタニギンジロウ
掲示板をミル!
63カキコ!

炭谷銀仁朗(すみたに ぎんじろう、1987年7月19日-)とは、京都府出身のプロ野球選手捕手)である。2019年から読売ジャイアンツに所属。

なお「朗」の字は、へんが一画多い「良」になる表記が正しい。

概要

読売ジャイアンツ #27
炭谷銀仁朗
基本情報
日本
出身地 京都府京都市
生年 1987年7月19日
身長
体重
180cm
93kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 捕手
プロ入り 2005年高校生ドラフト1巡
経歴
際大会
代表チーム 日本日本
WBC 2013年2017年
プロ野球選手テンプレート

小学校から野球を始める。

高等学校では3年甲子園大会に出場したが、準決勝で敗退した。

2005年ドラフト1位西武ライオンズに入団。背番号37

西武時代

2006年開幕戦で涌井秀章コンビを組み、10代のバッテリーとしては17年振りの勝利を飾った。3月29日にはプロ入り初本塁打満塁本塁打)を含む一試合2ホームランを記録。


2007年以降から登録名を『銀仁朗[動]』に変更する。


2008年は成績が低迷したが、日本シリーズで負傷した細川亨に代わってマスクを被り、日本一に貢献した。


2009年からは背番号2に変更。このシーズンは正捕手として起用され自己最多の112試合に出場し、涌井と共に最優秀バッテリーを受賞した。


2010年オープン戦で負傷退場。「左ひざ内側半月損傷」、「左前十字靭帯断裂」という重傷を負い、レギュラーシーズンの出場は絶望かと思われたが、最終戦の1試合にのみ出場した。


2011年は、これまで在籍していた細川亨福岡ソフトバンクホークスへ移籍したため、正捕手の座を上本達之と争う。後に読売ジャイアンツから移籍してきた星孝典とも競うことになるが、122試合に出場した。シーズン終了後に自ら願い出て登録名を本名に戻し、背番号伊東勤細川の背負っていた27めた。


2012年から本格的に正捕手となる。終盤左足を折しながらも、139試合に出場。盗塁阻止率はパ・リーグ断トツの.416と結果を残し、ゴールデンラブを初めて受賞したが、打撃面ではホームランは0本だった。侍ジャパンマッチ2012にも出場し、初戦でホームランを放ち、勝利に貢献した。


2013年WBC日本代表に選出される。レギュラーシーズンではキャリアハイの5本塁打、43打点を記録し、初めて規定打席に到達した。


2014年も正捕手として出場を続けていたが、クライマックスシリーズ出場がほぼ不可能になると、岸孝之登板以外で新人の森友哉岡田雅利にスタメンを譲った。FAを獲得し、今後の進路が注されていたが西武に残留した。


2015年オープン戦から森友哉と正捕手を競ったが、引き続き正捕手として出場した。しかし岡田雅利中田祥多にスタメンを譲ったこともあった。


2016年も正捕手として出場していたが、シーズン終盤は森友哉捕手として出場するようになったため、出場機会が減った。8月16日福岡ソフトバンクホークス戦で通算1000試合出場を達成。


2017年WBC日本代表に選出された嶋基宏に代わる補充選手として招集される。3月14日キューバ戦(第2次ラウンド)で牧田和久バッテリーを組んだ。レギュラーシーズンでは岡田雅利の台頭もありスタメンを外れる試合が多くなったが、規定打席未満とはいえ初めて打率.250以上をマークした。11月12日FA権を行使せず残留することを表明した。


2018年森友哉が正捕手に定着したことで、47試合の出場に留まった。

巨人時代

2018年オフFA権を行使し、11月24日読売ジャイアンツに移籍することを表明。26日に入団会見が行われた。背番号27

その他

応援歌

球団 レス No プレイヤー
西武 応援歌のピコカキコ一覧#1083 12428
巨人 セントラル・リーグの応援歌のピコカキコ一覧#109 17689

※当初は代打テーマになる予定だったが、炭谷銀仁朗専用の応援歌になる。

成績

年度別打撃成績

年度 所属 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
2006年 西武 54 146 138 10 25 4 1 3 14 0 6 0 2 0 33 6 .181 .193
2007年 28 50 46 3 8 1 1 1 7 0 1 1 2 0 19 0 .174 .204
2008年 46 68 64 5 8 4 0 0 5 1 1 1 2 0 30 0 .125 .149
2009年 112 306 273 22 60 15 0 3 25 0 14 3 15 1 75 5 .220 .260
2010年 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000
2011年 122 365 317 20 69 7 1 2 22 4 33 3 11 1 79 6 .218 .244
2012年 139 414 360 23 70 12 1 0 23 0 35 1 17 1 74 9 .194 .232
2013年 141 468 413 28 89 16 0 5 43 1 19 2 30 4 62 14 .215 .274
2014年 125 423 381 31 77 13 1 7 36 0 20 3 17 2 74 10 .202 .238
2015年 133 443 399 31 84 16 0 4 35 0 22 2 16 4 87 7 .211 .247
2016年 117 326 294 19 64 10 1 1 22 0 19 0 13 0 48 12 .218 .251
2017年 104 310 267 32 67 11 0 5 30 2 23 4 8 8 45 6 .251 .289
2018年 47 135 129 10 32 8 0 0 9 0 3 0 2 1 30 3 .248 .265
NPB:14年 1169 3455 3082 234 653 117 6 31 271 8 196 20 135 22 656 78 .212 .249

初記録

初出場 2006年3月25日 オリックス・バファローズ1回戦 西武ドーム
安打 オリックス・バファローズ1回戦 川越英隆から
本塁打
打点
2006年3月29日 福岡ソフトバンクホークス2回戦 D.J.カラスコから 北九州市民球場
盗塁 2009年7月16日 東北楽天ゴールデンイーグルス12回戦 長谷川から 西武ドーム

関連動画

西武時代


■nm4901694[ニコ動]

■sm8289923[ニコ動]

関連商品

■azB003R8R7KI
■azB0057NT5LK

関連コミュニティ

■co437
■co3558

関連項目

外部リンク


最終更新日: 19/03/11 18:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ