ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


無反動砲


ヨミ: ムハンドウホウ
掲示板をミル!
10カキコ!

無反動砲(recoilless gun,recoilless rifle)とは、弾の発射による反動相殺する機構を備えたの一種である。


概要


発射する弾と逆方向に同程度の運動量を与え、作用反作用の法則によって弾発射の反動相殺するの一種。

通常反動を吸収するために備えている頑丈な架や復座駐退機構が不要であるため、小化・軽量化が可であり、特に対戦車兵器として広く用いられる。

一方で、装が燃焼するエネルギーの相当部分が反動相殺に使われるため、初速が稼ぎにくく、ある意味では効率の悪い仕組みであるとも言える。そのため、運動エネルギーで対を侵する徹甲弾の使用には向かず、もっぱら成形炸薬弾HEAT)もしくは通常のりゅう弾が用いられる。

また、燃焼ガスを後方に噴出するタイプでは後方に危険域が存在し、屋内・塹壕内などの閉所や斜面を背にしたときなどは射手自身が危険にさらされることもある。この後方爆は発射時に周囲のや砂を巻き上げ、射手の位置を暴露してしまう点でも危険を伴う。ただし後方爆の問題については、最近のデイビス式カウンターマスを用いるタイプのものではある程度解決されつつあり、屋内などの閉所からでも安全に発射が行えるようになっている。

現在では、対戦車に特化してコストの跳ね上がった対戦車ミサイルに対して、歩兵が携行し対装甲兵器にも使える安価火力として無反動砲が歩兵部隊に配備されるケースがある。


主な形式


デイビス式
弾と反対方向にカウンターマスと呼ばれる質量を射出し、その運動量で反動相殺する形式。初期にはカウンターマスとして金属片やワックスなどが用いられたが、近年ではプラスチック片や金属粉末、食など急空気抵抗で速度を失う素材が用いられており、安全性が増している。
クルップ式
の燃焼ガスを後方に噴出し、反動相殺する形式。最も構造が簡便であるが、後方爆バックブラスト)と呼ばれる高温の燃焼ガスが後方に噴出されるため、後方の味方(閉所や斜面においては射手自身さえも)を危険にさらすことがある。
クロムスキット式
莢より一回り大きい室をもち、莢にいたから燃焼ガスが一旦室内に拡散してから後方に噴出する、というやや複雑な構造を持った形式。単純なクルップ式にべて若干燃焼ガスエネルギーを効率的に使い、弾の初速を稼ぎやすいが、構造が複雑なため重量がかさみやすい。設置の対戦車無反動砲にしばしば見られた形式であるが、大の対戦車無反動砲自体が対戦車ミサイルに取って代わられつつあり、現代ではあまり見ることはない。

ロケットランチャーと無反動砲


歩兵の携行する対戦車兵器」という点で、携帯ロケットランチャーと無反動砲は似通った立場にあり、「HEAT弾を使う」「肩撃ち式が多い」「後方爆の危険がある」など共通点が多いこともあってしばしば混同される。例えば第二次世界大戦で使用された米軍の著名な「バズーカ」及びそのコピーである独軍の「パンツァーシュレック」はロケットランチャーであってではない。翻ってドイツの「パンツァーファウスト」は無反動砲である。

原則的に言えば無反動砲はであって弾自体が推進を持たないのに対し、ロケットランチャーは単なる筒に過ぎず、ロケット弾自体がロケットモーターに点火して推進するという点で区別出来るはずであるが、「無反動砲の弾が発射後にロケットモーターに点火して推進する」という若干ややこしい兵器も存在する。

著名なソヴィエトロシア製のRPG-7陸上自衛隊でも使用されているパンツァーファウスト3などがこの範疇に含まれるが、これは無反動砲としてみた場合には「ロケットモーターによって飛翔速度と射程を稼ぐ」、ロケット弾としてみた場合には「射手から離れたところでロケットに点火して安全性を確保する」というメリットがある。


関連動画



■sm9658879[ニコ動]

■sm23942190[ニコ動]
■sm6041419[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 15/01/18 18:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ