ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


無限のフロンティア


ヨミ: ムゲンノフロンティア
掲示板をミル!
687カキコ!

無限のフロンティア』とはバンダイナムコゲームスバンプレストレーベルから発売されたRPGである。2008年5月29日ニンテンドーDSゲームソフトとして発売された。
2010年2月25日には続編である『無限のフロンティアEXCEED』が発売されている。


概要


正式タイトルは『無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ』。通称はムゲフロ。バンプレストゲーム部門がバンダイナムコゲームスと合併してから最初のスパロボ関連ゲームである。

なお、ナムコクロスカプコン(以下ナムカプ)やゼノサーガキャラクターが登場しているのは、これら2つの製作元がムゲフロと同じモノリスソフトであるためのゲスト参戦。ナムカプの脚本もムゲフロと同じく森住惣一郎氏である。

ファミ通での情報や先行PVで散々地雷扱いされ(マップのグラがSFC初期並み、女キャラあざとすぎ等)、開発元がモノリスソフトでもあるためあまり期待はされていなかった。むしろ地雷を覚悟して購入を踏み切る勇者な王(主人公的な意味で)も多かった。
ところがいざ発売されると、単純な操作法ながらもの深い戦闘システムボイスの豊富さ、スパロボシリーズならではのしいアニメーション美麗カットインで、「意外と面い」と一定の評価は得られたらしい。
前述のマップグラフィック問題は豊富なボイスに容量のほとんどを持っていかれたことによる弊EXCEEDではその反省を活かし、SFC後期レベル程度のグラフィックまで向上した。

本家スパロボべ、戦闘でのキャラクターカットインが多い。また、当然のように女性キャラ乳揺れする。「小牟も揺れる!」と発売当初は話題になった。今作では乳揺れ以外にもフトモモカットインも多く、いろいろギリギリまで頑った模様。

異世界ではあるもののスーパーロボット大戦OGシリーズカテゴリにあり、EXCEEDではOGシリーズキャラが参戦することになる。

プロモーションにおいてはタイアップソングPerfumeを起用しているが、ファン層が違い過ぎる為かあまり話題にはならなかった。PVでの使い方そのものは悪くなかったのだが、プロモーション方針がズレていたのだからしょうがない。続編のEXCEEDでは主題歌ヒロインのネージュ役に水樹奈々を起用。こちらは前作にべたら、妥当な判断だろう。


主な登場人物


なお、本作が初出の登場人物は童話等がモデルになっている。

ハーケン・ブロウニング [百]
23歳 男性 [フック船長(ピーターパン)+OG] (檜山修之
稼ぎの主人公。『さすらいの賞稼ぎ』ジョーン・モーゼスの息子であり、通り名も譲り受けている。地上戦艦『ツァイト・クロコディール』の2代目艦長。
クールでニヒルな性格だが何かにつけて英訳する(名詞限定のルー語)癖もあり、周囲からカッコつけ野郎+勘違い野郎扱いされている。またキザ女性に甘い所を利用されて騙される場面もある。とはいえ、本人は大に見栄をきっている。作中で作戦を何度も立案・実行するためクルーからは呆れられている。
中の人お約束としてファンからつけられた俗称は派遣王シャウトこそ少ないが、滲み出る熱さはいつもの檜山である。
ステーク・銃剣付のマシンガン『ナイトファウル』と長リボルバーロングトゥームスペシャル』、トランプ爆弾といった武器を使い、ポーカー元ネタにした技で戦う。EXCEEDではの技を拝借した『ファイヤーマウス』も操る。
アシェン・ブレイデル
女性 [シンデレラ] (清水香里
製造コードナンバー『W07』。戦闘アンドロイドで四肢に武器を装備。設定開発過程でKOS-MOSキャラが被るために毒舌キャラが追加されたという逸話を持つ。おかげで劇中、敵味方区別なく暴言を吐きまくる暴走ロボと化している。
熱暴走により運動、演算を向上させる『コードDTD』というモードを持つ。このモードではなぜか明瞭快活な性格で一人称が『ボク』に変化する。本人いわく、「楽しい気分になる」とのこと。アンドロイドであるため分析も担当するが、同じアンドロイドであるKOS-MOS参入後はほとんどの分析を彼女丸投げしている。なお防などは施されていないため、水中に潜ると錆びる。
スーパーロボット大戦AOGシリーズに登場するラミア・ラヴレス中の人が同じで、設定上も深い関わりをもつキャラクターでありアシェンの専用BGMラミアのそれのアレンジとなっている。またOGS発売当時ラミアの崩壊した言モードの中にとことん明るい雰囲気で一人称ボクモードが存在し話題となったが、後にアシェンへの伏線であった事が明らかとなった。ラミア同様にボインちゃんである。
EXCEEDではオルケストル・アーミーに出向しており、色違いの姿を見ることができる。が、パーティ参入時には元の姿に戻る。
火力が高く、特に必殺技ファンタズムフェニックス』の締めであるアシェンファイナルクリティカルになると群を抜いたダメージ叩き出す。
(なんぶ かぐや
18歳 女性 [かぐや姫OG] (ゆかな
乳揺れ要員ヒロイン皇族ので、しきたりに従い世界各地をしている途中にハーケンアシェンに出会う。世間知らず、天然、そして見たから分る通りの爆乳アシェンの算では100cm前後)、等で巨乳好きスパロボプレイヤーハートガッチリ掴んだ……らしい?トドメに舞印の牛乳というアイテムまであるため明らかに狙っている(薄い本的な意味で)。
普段着の露出も異常なまでに多く、本人は当初気にしていなかったが、とある出来事でその認識をめた。料理が苦手で、台所を片付けずに2年間放置していたこともある。
身の丈ほどある一振りの大剣『護式・(ごしき・ざんかんとう)』を片手で振り回して戦う。持ち歩いているのではなく、必要に応じて召喚していることが公式コミックでわかっている。武器から同じくスパロボオリジナルゼンガー・ゾンボルトネタを拝借しているらしく、ゆかなの「チェストォォォォォー!」はプレイヤーの度肝を抜いた。EXCEEDではハーケンから拝借した『俳浪札』(はいろうはなふだ)も技に加わった。
そのダイナイツバディ()のせいで敵味方を問わず多様な暴言とセクハラを受けている。特に牛頭からは会う度に婚される。
常日頃からCEROに喧を売っているようなキャラであるが、無印本編の最後の最後でCERO:Bの限界に挑む暗転を発動した。
すずかひめ
年齢不詳 女性 [鈴鹿御前] (能登麻美子
のお付け役である式一族の舞姫一人称が『わらわ』で、古なしゃべり方をしており、外見年齢14、5歳と、見事なロリババアである。しかもスパロボではしい貧乳キャラとは対照的なスレンダー体。冷え性なのにヘソ出しルックというダンサー根性の御方。EXCEEDではぎっくり腰に変化した。
戦術からくり『邪王(じゃきがんおー)』を扇子からの操り糸で操り戦う。踊りながら自在に操れるために文句ばかりのアシェンとはまったくが合わない。掛け合いボイスケンカしっぱなしという有様。戦い方を知らない者から見れば「戦いを邪王に任せ自分はサボっている」ようにしか見えない。戦いの最中に舞踏台を登場させることがあるが、ただのみかんである。
有栖零児(ありす れいじ) [画像]
24歳 男性 [不思議の国のアリス] (井上和彦
開発元が同じモノリスソフトの「ナムカプ」からのゲスト参戦。クセがあり過ぎるパーティ一のツッコミ役であるが、たまに自分自身もボケる。堅実な性格がハーケンとは対照的であるが(パーティ男女率もあって)仲はよい。
EXCEEDでは参入が一番遅く、それまでのパーティは終始ボケ倒しだったため彼の登場が切望されていた(その間はハーケンツッコミ役を務めていたが、零児が来た途端にボケに回った)。毒舌が絶えないパーティの中ではしく、全員からの評価が高い。
中の人ネタ小牟えたはっちゃけぶりであり、「待てぃ!」「成敗!」とか言ったりする(中の人もこういったネタには全で乗るタイプである)。
相棒である小牟調子に乗ったりやらかしたときのお仕置きとして「叩き」を多用する。大体100発位だが、食らった小牟く「一発一発が消し飛ぶ程の威」らしい。そのためプレイヤーからは「スパンキングマスター」の称号を贈られている。
小牟(しゃおむう) [画像]
永遠の765歳 女性 (南央美
零児と同じくナムカプからの参戦。ナムカプよりも豊富なパロディセリフを口走る。二人ともナムカプ終了後の設定なので、厳密な年齢は不明だが、本人が765歳と言っているからそうなんだろう、多分。錫とのキャラ被りを心配していて、関連して掛け合いボイスで仲良さげなところを披露している。
EXCEEDのOPムービーでは大きくも小さくもないことを気にしている素振りが見られる。その割には小さい組扱いされていた。先述のお仕置きを何度も受けているうちに癖になってしまった模様。彼女以外にも同様の状態になったキャラクターは複数いる。
バトルネタ要素満載であり、全ての元ネタ摘できる人はいないのではないかと思われる程豊富。終始プロレス技を連発する必殺技もある(ナムカプ格闘技ファンであることが明らかになっている)。
KOS-MOS(こすもす) [画像]
女性 (鈴木麻里子
ゼノサーガからゲスト参戦。零児小牟と顔見知り(ナムカプ終了後)、かつver.4へのアップデート済(ゼノサーガEP3後半)という設定でパーティ参入。同じアンドロイドアシェンとはとかく較される。最終調整を前にして間転移したようで、動作不良が残っており語尾が時折おかしくなる。ボイスが少ないプレイヤーキャラ
にあわせて、無表情ながら彼女も揺れる。…何が揺れるかは言うまでもない。本シリーズ声優鈴木麻里子アンドロイドキャラクターが多く「スーパー鈴木麻里子大戦」とネタにされることも。

EXCEED以降参戦組(上記キャラクター全員続投)



次へ»
最終更新日: 20/01/24 19:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ