ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


無限大


ヨミ: ムゲンダイ

無限大()とは、めっちゃ大きい何かである。

際限がいことの例えでもある。


概要


無限大とは、「限りく大きな数」を形式的に表したものである。あくまでも形式的なものであり具体的な数字としては定義できないため、普通の数や変数として扱うことは厳禁とされる。一方で、「とにかく大きい」「際限くひたすら大きくする」という意味の記号として便利であるため、極限の計算をするときなどに(注意して扱うならば)便利である。

なぜ注意しなければならないかといえば、無限大を普通の数と見なすと偶奇性や素因数分解の一意性のような性質を失ったり、通常の演算を施した時に正常な数と同じ振る舞いをしなくなるからである。全ての素数の積などが典であろう。

無限大を数と見なすと病的な振る舞いをするため、数学においてはを正面から扱うことはせず、形式的な何かにとどめたり、極限の代わりの記号として用いたりするのが通常である。を数字のように扱っている場合は何らかの数列の極限を想定していることが多い。

似たようなものとして、限小(絶対値がめっちゃ小さいもの≒0)、負の無限大(-と書く)、限遠点(絶対値になる複素数列の極限)がある。


無限大の性質


無限大は「とにかく大きい」ことを表す記号である。そのため、例えばaを任意の実数として、形式的にa<という式を作ることができる。

また、「全ての自然数nに対して十分大きなNがあり、[~]となる」(ε-N論法)のシンタックスシュガーとして、「limn→ [~] 」と書くのが便利である。さらにそのシンタックスシュガーとして、±a=×|a|=、a/=0、などが利用される。感覚としては、「定数を足しても掛けてもなのは変わらんだろ」「定数べたらほぼ0だろ」といった感じである。

安易にやってはいけない計算は、-/×0などである。極限の代用記号としてのは、数列のに向かうスピードによって結果が変わるためである。

-の例

同じ式でも違う結果にすることができた。はあくまで形式的な記号であり、ただ式を立てただけではほとんど意味を成さないため誤った推論を導く温床になってしまう。そのための含まれた式は書いた人が何を意味しているか注意して読み取る必要がある。


濃度


無限大という言葉は集合の要素の個数(濃度、あるいは基数と呼ぶ)の意味で用いられることが多い。というより通常こちらがメイン

集合の要素が有限の個数nであるとき、濃度はnである。有限集合の場合は要素の個数が一致すれば濃度は一致するし個数が違えば濃度も違う。全体集合の部分集合は濃度が必ず異なる。

しかし、集合の場合は同じ無限大といっても無限大の大きさがぜんぜん違うことがあるし、ある集合とその部分集合の濃度が一致することもある。

例えば、自然数のほとんど全てが合成数であり素数は非常に少ないが、素数に全ての自然数を使って番号を振ることができるため、自然数全体と素数の個数は等しい。一方で、自然数全体の個数は実数全体にべたらほとんどいに等しいくらいに少ない。集合の要素に自然数全てを使って番号を振ることができるときは可算無限自然数全てを使っても番号を振ることができないくらい多い時は非可算無限という。

知識としては通常この二つで十分だが、非可算無限以降、集合の大きさを好きなだけ拡大することができる。濃度の較には対角線論法を使う。

集合xに対し、ベキ集合をp(x)、濃度を|x|で表す。ここでは可算無限濃度をω0と表す。

ベキ集合を作る作業を繰り返すことで、ωN、ωωωω、…、などと際限く続けることができる。

一番小さな無限大濃度は可算無限ω0である。


関連動画


無限大に関するニコニコ動画動画紹介してください。


関連静画


無限大に関するニコニコ静画イラストマンガ紹介してください。


関連商品


無限大に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ・チャンネル


無限大に関するニコニコミュニティもしくはニコニコチャンネル紹介してください。


関連リンク



関連項目



最終更新日: 20/08/12 09:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ