ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


煙管


ヨミ: キセル
掲示板をミル!
21カキコ!

煙管(キセル)とは、日本独自の喫煙具の一種である。


概要


火皿、雁首(がんくび)、(らう、らお)、吸い口からなる喫煙具で、「喜世留」とも書かれる。

江戸時代に一般に広まったとされ、時代劇漫画に登場することが多い。ニコニコで言えば「花の慶次」などが有名ではないだろうか。
現在喫煙具としては手軽さゆえにタバコ流であるが、煙管の持つ合いの良さやタバコ本来の味が楽しめるとも多く、静かに嗜まれている。


煙管の種類


大きく分けて、によって雁首と吸い口が繋がれている「羅煙管」と、火皿から吸い口まで全てが一体となっている「延べ煙管」がある。
煙管の羅製のものが多いが、金属や木で出来ているものや、高級品では檀を使用しているものもある。羅以外の部品や延べ煙管では、鍮・などが多く用いられる。

本体の価格は、1,000円以下の安価なものから、高いものだと数万~数十万円するものもある。(通販サイトでも取り扱われているほか、オークションでも入手できる)

江戸時代ではステータスとして、特注の煙管を持ち歩く人も多かったそうな。


タバコの種類


現在入手できる刻みタバコは、シガレットタバコ)やパイプに適するものが大半であり、日本製の煙管用刻みタバコは「」のみである。しかし、ベルギー製の「宝船」「」という煙管用刻みタバコも出回っている。


吸い方


当然ですが、成年喫煙法律により禁止されています。心も身体も大人になって、余裕をもってから楽しみましょう。

吸う前に刻みタバコを加湿しておくと、味がマイルドになってより楽しめる。
加湿は、タッパーなどの密閉容器に、刻みタバコの入ったコップを含ませたスポンジや簡易加湿器)を一緒に入れておく。長く加湿し続けるとカビが生えるので注意。

吸い方は、それなり技術が必要なパイプにべて簡単で、先端の火皿に刻みタバコを丸めて詰め、火をつけて吸うだけである。
タバコを吸うように勢い良く吸うと、煙が十分冷やされずに入ってくるため、むせたり辛味の強い味になってしまうことに注意。また、味を楽しむ・肺への影を考えるのであれば口腔喫煙がおすすめ。
タバコの持ちは詰め方にもよるが、1,2分から長くても5分ほど。吸い終わったら皿や吹にを落とす。(カンカンッと打ち付けると雁首が痛むためを添えると良い)
続けて吸う場合は再度タバコを詰めて……と繰り返す。

刻みタバコの代わりにシガレットを1cm程度で切り、火皿に入れて吸う方法もある。

タバコの味は、煙が内部で冷やされるうえに煙管がヤニを吸着するため、まろやかで甘みのある味とされる。
しかし、タバコの種類・湿度・詰め方・煙管の長さ・羅の材質など、味の変化する要因が多いため、一概に評価するのは難しい。煙管の面い点でもあるので、色々試してみるのも一である。


煙管の手入れ


日常の手入れは、基本的にパイプ用のモール縒(こより)などで煙管内の掃除を行う。
ティッシュで作った縒は耐久性に乏しいため、用いないほうが難。

上記の手入れだけでは煙管にヤニなどが付着していくため、定期的に大掃除を行う。
金属製でない場合は、アルコールを含んだモールを通して掃除すると良い。(分の多いアルコールを用いると分を吸って変形したり割れることがあるため)
延べ煙管の場合は、そのまま焼酎などのアルコールに漬けておくだけで簡単に掃除が出来る。

オークションなどで手に入れたものや、年季の入っているものは身体に悪い可性があるため、使用する前に念入りに掃除をすることをおすすめする。


関連動画


煙管についてひと通り知ることができるので、興味のある方はどうぞ。


■sm20807435[ニコ動]

■sm30949922[ニコ動]


関連商品


煙管に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


煙管に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 19/08/17 04:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ