ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


爆死


ヨミ: バクシ
掲示板をミル!
200カキコ!

爆死(ばくし)とは、爆発が原因で死ぬことである。

この記事では以下の4つの爆死に付いて解説する。

  1. 周りが爆発して死ぬこと爆発に巻き込まれて死ぬこと
  2. 自分が爆発して死ぬこと。人体が内部から爆発・破裂して死ぬこと
  3. 商業作品の売上が伸びず商業的に失敗したことを意味する喩表現。
  4. 2および3より転じて、オンラインゲームソーシャルゲームにおいて、イベント上位報酬をしながらその獲得に失敗したことを意味する喩表現。

1.の概要


爆発の巻き込まれ方には以下のようにいろいろある。


2.の概要


概要1.と共通する部分もあるが、こちらはフィクション作品で見られるもので、現実の当たりにすることはほとんどないだろう。
これが起こる要因としては、


3.の概要


音楽映画TVドラマ舞台演劇小説漫画アニメゲームなどの作品は毎日のように新たなものが出ては消えていくものである。
その中には歴史に残る不朽のベストセラーもあれば、売り上げが乏しいまま終わってしまった作品も多数ある。
爆死とは売り上げが乏しかった作品を揶揄する際に用いられる喩表現である。
何を以って売り上げが乏しいかを判断するかはこの言葉を使う人それぞれの基準であり、シビア(笑)な人は「ミリオン以下なら爆死(音楽CDゲーム)」「千秋楽まで連日満員じゃなければ爆死(映画ライブツアー舞台演劇)」「視聴率30以下なら爆死(TVドラマアニメ)」と非常に基準が高かったりもする。

もしあなたがある作品について和やかにりたい場合は、この言葉は使わないことをお勧めします。

なお、売り上げが乏しい=「爆死」と表現されるに至った経緯は、2005年頃、2ちゃんねる掲示板ーム業界、ードウェア2ch掲示板』にて、ゲームソフトの売上速報を海外掲示板に書かれるリーク情報から得ることがしばしばあり、そこで集計できないほど少ない売上のソフトに使われていたワードbomb」から。その煽り的な用法と呂感の良さから、「爆死」として多方面に普及した。


4.の概要


オンラインゲームおよびソーシャルゲームにおいて開催されるイベントでは、特定順位以上のものにのみ特別な報酬=上位報酬が与えられるケースが多い。しかし、定順位が存在する以上、上位報酬をしながら最終的に定順位以下で終わってしまう者は必ず現れる。彼らをして爆死者という。

通常、彼らに起きているのは一般的なゲームでいうところの「脱落」にあたるだろう。しかし、上位報酬をす多大なコストを消費しながらそれが結果的に駄に終わったという物理・精両面における損は「脱落」というレベルを大きく逸脱しており、場合によっては人脈すら崩壊する(チームを結成して挑むイベントの場合、爆死後にチーム構成員大量離脱というダブルパンチに発展しやすい)ため、自然概要2.における「爆死」を連想させることとなった。また、概要3.における「特定の基準以下=爆死」という定義付けも、定順位以下に終わったものをす本概要に少なからず影を与えている。
原則、イベントがある限り大小問わず発生する事ではあるが、大量発生する要因として以下の3つがある。状況的にこれらに該当する場合、爆死を回避すべく潔く上位報酬争いから撤退するか、通常をはるかえる資・時間コストの消費を覚悟するかの2択を迫られる。

近年では有料コンテンツであるガチャを大量に回したのにも拘らず、狙いの物(アイテムキャラクター)が入手できなかった場合にも爆死と呼ばれることが増えてきている。


関連動画



■sm6369431[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 17/08/19 13:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ