ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


爆笑レッドカーペット


ヨミ: バクショウレッドカーペット
掲示板をミル!
20カキコ!

爆笑レッドカーペットとは、フジテレビ(FNS)系列で放送されていた、ショートネタお笑い番組である。


概要


元々は「発掘!あるある大事典II」の不祥事による打ち切りに伴い、急遽つなぎ番組として単発放送されたものである。当初は日曜9時台、その後2時間特番などで数回放送したところ高視聴率を記録したため、2008年4月より水曜10時レギュラー番組化された。

会は今田耕司高橋克実中村仁美(フジテレビアナウンサー)。毎回オープニング高橋克実が新しい企画や新しいグッズ案を持ちだしてきては今田に突っ込まれる。

出場者(芸人)はベルトゴンベアで動くレッドカーペット(全長15m)に乗り、ネタを披露する。披露をし終えたところで、7人の審員が判定をし、最高21点の『満点大笑』をす。そして、審員にウケた芸人が、最後にもう一度ネタを披露できる『カムバックレッドカーペット』に出場することもできる。最終的に最も面かった「レッドカーペット賞」を高橋克実定した審員が選び、受賞した芸人にはトロフィーが贈られる。

ネタ披露には芸人が他の芸人コラボレーションする『コラボカーペット』というコーナーがあり、今まで夢の競演が何度もあった。

この番組で他の番組に出演するきっかけを作った芸人を『レッドカーペット芸人』と呼ぶが、中には『エンタ芸人(『エンタの神様』からブレイクした芸人)』や『おもしろ荘芸人(『ぐるナイ』からブレイクした芸人)』など、日本テレビ系列の番組でブレイクした芸人も混じっている。また、すでにブレイクしている芸人大物化した芸人もたまに登場する。

10から土7に移動した後は、10内村光良らが結成するお笑い劇団番組『爆笑レッドシアター』が姉妹番組として放送されている。レッドカーペットブレイクした芸人レギュラーとして入っている。

2009年4月には土7へ移行、さらに2010年4月には日曜8時へ移行したが、ちょうどこの頃にマンネリ化による人気の陰りが見え始めてきていたのと、裏番組に強敵がう時間への移行が重なったため、移動前まで12%前後をキープしていた均視聴率が7~8%前後にまで急落してしまう。結果的に、編期でもない同年8月1日に打ち切られてしまうこととなってしまった。

打ち切り後は元旦に不定期特番として放送されているほか、2012年2月18日には「爆生レッドカーペット」とタイトルを変え、番組初の生放送インターネット連動生リクエスト企画を行った。「爆生」は初回に14.7%という高視聴率を記録したため、次回放送予定が5月下旬であったものを急遽4月にも放送されることが決定。そのせいか、MCである中村仁美アナは産休で欠席、高橋克実舞台稽古とのダブルブッキングが発生し、番組後半のみの出演となった(高橋5月も同様、途中からの出演)。一見グダグダな感じになっているようではあるものの、2・3回とも12%前後と、安定した視聴率を記録している。しかし7月28日放送分はロンドンオリンピックの中継と重なってしまった影モロに受けてしまい、5.6%と惨敗を喫してしまった。

ショートネタブームの終焉とともに本番組の特番放送も休止状態となり、2015年からは同じチームスタッフが手掛ける正統派ネタ番組「ENGEIグランドラム」に事実衣替えされている。


主なレッドカーペット出場者



関連商品


■azB001T126ZQ
■ysepony_MAR-RED

関連項目



最終更新日: 16/02/13 20:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ