ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


爆笑問題


ヨミ: バクショウモンダイ
掲示板をミル!
102カキコ!

爆笑問題(ばくしょうもんだい)とは、日本お笑いコンビである。所属事務所タイタン


メンバー



略歴


日本大学術学部在学中に出会い(互いを認識したのは入学後。が、田中入試会場で試験監督に対して「引っ込め!」と野次を飛ばしている太田撃しており「アイツは落ちる」と思っていたらしい。ちなみに、その時の田中草野球ユニフォームスパイク姿)、中退後にコンビ結成。渡辺正行が催する「ラ・ママ新人コント大会」に初出演した際に会場にいた太田プロダクションスカウトされ、同プロダクション所属のタレントとなる。

デビュー当初は太田プロの稼ぎ頭だったビートたけしフライデー襲撃事件にともなう事務所独立という事情もあり、期待を込めて「ポストツービート」と称されてそこそこ売れていた。
ビートたけしオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にビートたけしの欠席で代理出演した際、太田光が「ビートたけしは死にました」とボケたところ一部のリスナー子の浅草キッドの怒りを買うなど物議を醸した。

その後太田プロから独立。しかし、この独立は当時太田プロで爆笑問題を担当していたマネージャー事務所と遺恨を残す形で独立したのに二人がついて行った形で行ったため、太田プロが圧をかけ全に干されてしまった。
この不遇時代には、田中コンビニバイトで食いつなぎ太田は半分ひきこもり状態で一日中テレビゲームをしていたとっている。大田にはドラマ映画監督など単発の仕事はあったものの、元々計算に弱いという短所からレジ打ちが出来ない、お釣り適当に渡す等の問題があり一般的なバイトをロクに出来なかった、このため、妻・太田光代がギャンブルを行い食いつないでいたという。

1993年代が社長となり芸事務所タイタン」を設立。爆笑問題は同社の所属タレントとなる。
この頃からNHK新人演芸大賞を受賞、勝ち抜きネタ番組『GAHAHAキング 爆笑王決定戦』で10週勝ち抜き初代チャンピオンになるなど再び脚を浴びるようになる。1994年より始まった『タモリSuperボキャブラ天国』の中で放送されていた「ボキャブラ発表会 ザ・ヒットパレード」というコーナーから始まる、いわゆる「キャブラーブーム」の波にネプチューンらと共に乗り、『ボキャブラ天国』で初代名人となるなど大活躍していた爆笑問題は特に大ブレイクを果たした。
以降はそして『ポップジャム』(NHK)、『サンデージャポン』(TBSテレビ)などの人気番組の会を務めるようになり、その地位を確固たるものにしていった。

タイタン設立当初は爆笑問題の個人事務所的側面が強かったが、現在では長井秀和、日本エレキテル連合らも所属する中堅事務所にまで成長している。お笑い芸人の他、山中秀樹(元フジテレビアナウンサー)や橋下徹弁護士・元大阪府知事・元大阪市長)もタイタンの所属タレントである。

また二人は、お笑いのほかにもゲームアニメ吹き替え仕事もしている。且つ田中俳優としても映画ドラマ等に出演している。


■sm7818573[ニコ動]


エピソード



関連動画


ニコニコ動画では過去現在ネタCM出演時の動画などがアップロードされている。

■sm5934235[ニコ動]
■sm874053[ニコ動]
■sm9282407[ニコ動]
■sm10741138[ニコ動]
■sm2033083[ニコ動]
■sm7219011[ニコ動]


関連商品


■az4344017277
■az4796611800
■az4101383324
■az4795843821
■az4107902005
■az4094022864
■azB002X44OF8
■azB001E7I186
■az4804760954


関連項目



外部リンク



最終更新日: 19/05/02 05:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社