ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: コウ

とは、易で使う横画の記号である。


概要


一本の横棒-を陽、間のいた横棒- -を陰と呼ぶ。を縦に三つ組み合わせて卦を表す。は陰陽の2通りがあるので3で八卦を表せる。陽、剛、陰、柔ともいう。


漢字として


Unicode
U+723B
JIS X 0213
1-64-11
部首
画数
4画
Unicode
U+2F58
意味
交わる、という意味があり、また卦を表す横棒を表す。〔説文解字〕には「交はるなり」とある。
また効と通じて、ならうという意味がある。
字形
が交叉した形。〔説文〕には「易の六の頭交はるにるなり」とあり、易で使うが交わるところの形とある。ほかに(五の古文)が並ぶところとする説(〔通訓定〕)、千木式の建物を表す形とする説(白川静)などがある。
音訓
読みコウ、ギョウ、訓読みは、まじわる。
規格・区分
常用漢字ではない。JIS X 0213第二準。
部首
は部首部を作る。に従う字のほか筆画にを含む字が属する。
意符
交わる形を表す意符として用いられる。例えばでは布の縫い、𡥈は千木形式の建物、駁は毛の色の交じるを表す。
辞・

異体字

互換文字


最終更新日: 11/12/17 13:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社