ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


片桐且元


ヨミ: カタギリカツモト
掲示板をミル!
29カキコ!

「片桐且元」(かたぎり・かつもと 1556~1615)は、戦国時代江戸時代初期の武将。助作、初名は直盛。
豊臣秀吉に仕えて活躍したが、豊臣氏が滅亡した大坂夏の陣では徳幕府軍に参加した。


概要


近江人・片桐直貞の長男片桐がいる。
初めに仕えた浅井が滅亡すると、次の領となった羽柴秀吉豊臣秀吉)に仕えた。
秀吉臣となってからは各地の戦に従軍し、賤ヶ岳の戦いで武功を立てた(賤ヶ岳七本槍)。
また優秀な行政官で、日本各地の検地や街道整備などの事業に参画して活躍した。
関ヶ原の戦いの後は豊臣氏の家老として働いたが、豊臣氏と徳幕府の対立が深まると片桐且元は大坂城から退去。豊臣氏が滅亡したすぐ後に死去した。


前半生



浅井に仕えた片桐直貞の年齢を考えると、片桐浅井久政に仕えて浅井臣団に組み込まれ、次の浅井長政の時代には(浅井は新の大名なので)譜代臣の扱いを受けていたとみられる。
近江の有大名だった浅井長政はやがて織田信長と対決して敗北し、片桐子は浅井が滅亡するまでに従い戦い続けた。

後年、片桐且元は大野治長を「が子のように思い、引き立てた」。大野治長は、茶々浅井長政)の息子だった。
片桐且元は浅井時代、小谷で当時幼かった大野治長や茶々の方)を見守っていたのかもしれない。片桐小谷の近くにあり、防衛網の一を成していた。

浅井の滅亡後は江北の領になった羽柴秀吉に仕えて小姓に取り立てられて、各地を転戦。
賤ヶ岳の戦いでは秀吉軍本隊に所属して奮闘。後世では賤ヶ岳の七本槍の一人に数えられた。
(ただし賤ヶ岳の七本槍――当時は九人だった――の武功は秀吉が誇宣伝した説がある)
同年、朝廷から従五位下・東正の官位を授かった。片桐且元はエリートコースを順調に歩んでいた。

秀吉が勢を拡大し、九州攻めや小田原の役で大軍を動員すると、片桐且元は豊臣領の経営と軍団の兵站管理に従事。交渉事も引き受けて、九州から東北まで日本各地を飛び回って働いた。
・慶長の役(明との戦争)にも参加して大陸へ渡り、戦地の日本軍秀吉の連絡役を務めた。
それらの功績を秀吉に評価されて、1595年には秀吉の本拠地・摂津で茨木1万石の大名になった。

秀吉は片桐且元を豊臣秀頼秀吉息子)の傅役の一人に選んだ。片桐且元は豊臣政権での地位に加えて、大名としての豊臣氏の宰も担うことを秀吉から期待されたとみられる。
同僚の中には石田正澄(石田三成)がいた。

しかし秀吉が亡くなると、片桐且元はすぐに徳川家康に接近した。


家康の天下取りを助ける


1598年、豊臣秀吉が死去。
豊臣政権の運営は幼い秀頼が成長するまでの間、秀吉が後事を託した有大名と側近たちが行い、秀吉夫人の寧々大坂城で政務を執った。
しかし政権内部の政争で徳川家康が台頭、対抗前田利長宇喜多秀家家康の圧に屈した。
続いて寧々も政務で使っていた大坂城西の丸を家康に譲り、京都に移住した。政界からの引退だった。

豊臣子飼いの片桐且元や加藤清正たちは徳川家康を強く支持した。

秀吉織田に取って代わる過程を傍で見てきた片桐且元たちは、家康に権が集中すれば次に何が起こるのか、当然考えただろう。
つまり豊臣子飼いの大名たちが一斉に豊臣政権を見限り、新政権立の下準備をしていたことになる。

1600年、家康豊臣軍(東軍)を率いて上杉征伐に向かった。片桐且元は東軍の便宜を図った。
ところが所領で雌伏していた宇喜多秀家が反徳で挙兵、大大名の毛利輝元も続き、大軍を率いて大坂へ乗り込んできた。家康加藤清正たちによって失脚していた石田三成も合流し、西軍を結成した。
少数となった片桐且元たちは、西軍に協するしかなかった。

しかし関ヶ原の戦い徳川家康勝利に終わると、片桐兄弟はすぐに大坂城を出て家康に会いに行き、戦勝を祝った。さらに大坂へ凱旋する家康を警護した。
家康戦後の論功行賞で、片桐兄弟の所領を加増した。関ヶ原の本戦に参加しなかった片桐兄弟に対するこの措置は、秀吉没後の政争で兄弟家康に貢献したことをわせる。
片桐且元の所領は大和龍田に移り、摂津茨木はの所領になった。

戦後寧々女が大坂城で捕らえられた大事件が起きた。
この事件の詳細は不明だが、寧々大坂城の人々へ及ぼす影を断ち切るために、家康あるいは片桐且元が逮捕示したのかもしれない。

事実上の下人になった家康は東軍に味方した諸将への論功行賞という理由で豊臣氏の所領を削り、さらに各地の鉱山や都市の管轄権も豊臣氏から取り上げた。
片桐且元は徳の役人の立会いの元で豊臣氏の所領の検地を行った。
かつて秀吉も奉行たちを諸大名の領地に派遣して検地を行わせた。従関係は全に逆転したことになる。
他にも幕府が出した法令と同じ内容の法令豊臣領でも施行した。
さらに片桐且元は駿府や江戸へ通い、家康徳川秀忠にご機嫌伺いの挨拶を行った。

豊臣氏の所領に隣接する紀伊と播磨は、浅野幸長と池田輝政が入った。二人とも豊臣恩顧の大名だが、徳川家康の強な支持者でもあった。
また東軍を勝利させた小早川秀秋が、豊臣氏と寺社の付き合いで豊臣秀頼の代理を務めた。小早川秀秋秀吉に冷遇されたが、片桐且元が導する豊臣氏では秀吉時代よりも待遇が良かったことになる。
彼らは豊臣氏の見り役だったのかもしれない。


豊臣の家老


見方を変えれば、片桐且元は幼い豊臣秀頼豊臣氏を下人の重責から解放したと言える。

片桐且元は秀吉の遺命である豊臣秀頼と徳家康の孫)の婚姻実現を果たし、後には加藤清正たちと協して豊臣秀頼徳川家康の会見を実現させた。
会見の時、秀頼は家康に上座を勧めた。当時の豊臣氏と江戸幕府(徳)の関係は建前上は対等だったが、秀頼は立場を弁えていた。
朝廷から授かった位は家康の方が上なので、その点からも自然な配慮だった)

豊臣秀頼は成長すると、大坂城内の片桐且元の屋敷を訪ねて政務の相談をした。
片桐且元は「豊臣氏が江戸幕府に従う既成事実を積み重ねる」という方針を推し進めながらも、君との関係は良好だったようである。

大坂城で大名・豊臣氏の運営を仕切ったのは片桐且元だった。
物語ではの方が大坂城を支配している場合が多いが、の方は政治に関与した形跡がない。
またの方にはこのような話がある。
親戚がキリスト教に入信することを知ったの方は激怒し(秀吉九州征伐に同行した時に当時のキリスト教の暗部を撃でもしたのか)、江戸幕府にキリスト教の取締を請願した。の方はこの問題で自らの権を行使しようとせず、そもそも権を持っていないことを知っていたことになる。

片桐且元の隠れた功績の一つに、関ヶ原後の畿内の気を支えたことが挙げられる。
関ヶ原の戦い後、政治の中心は江戸に移り、その一方で多数の失業者が大阪へ流入していた。
豊臣氏は秀吉が蓄えた財貨を費やして大阪インフラ維持や各地の寺社の修繕事業を行うことで、失業者を取り込む需要を創り出し、所領を発展させた。さらに大阪京都の繁栄を保ったことで豊臣氏の権威を高めることにも成功した。
結果として江戸幕府に不満を抱く人々の期待を集めてしまい、領内に多数の人を抱えることにもなったが、後に豊臣秀頼が10万の大軍をすぐに集めることができたのは片桐且元のおかげかもしれない。

関ヶ原の戦いの後、大野治長が大坂へ戻ってきた。
大野治長は開戦前に失脚して関東へ飛ばされていたが、東軍に味方して戦功を挙げた。そして家康からの仕官の誘いを断り、大坂へ戻ってきた。
大野治長の復帰を片桐且元は大喜びし、大野を重用した。大野治長は片桐且元の方針に異を唱えず、その活動を支えた。また家康大野治長を高く評価していた。

片桐且元は徳川家康と良好な関係を保つことで江戸幕府から豊臣氏を守り、豊臣領の統治と諸大名や寺社との付き合いもこなした。
しかし加藤清正たち豊臣恩顧の大名が次々に亡くなった頃から、江戸幕府は豊臣氏に対して上方の不穏分子の取締を依頼するなど、不穏な情勢も始まっていた。
背景には、上方を中心に江戸幕府の政策を批判する人々が豊臣氏に接近していたという事情があった。
片桐且元と大野治長は、家康示で豊臣氏から所領を加増される一方、反徳豊臣氏が関わらないようにと釘を刺された。


方広寺鐘銘事件


1614年、片桐且元は方広寺大殿造営を進めていた。これは公家衆や畿内の寺社も参加した、10年を越える一大プロジェクトだった。
方広寺は亡き秀吉と特に付き合いが深かった寺である。
この翌年に病死する片桐且元の、豊臣氏への最後の御奉だったかもしれない。

工事は事に完成し、いよいよ供養式を行うことになった。供養式とは、大や御堂にお供え物をする法要の儀式で、今回は各界の著名人を招いて行う大掛かりなものだった。
このような行事では好奇心旺盛な京都の人々が見物に押し寄せたり、彼らのような客を当てに出店が立ち並ぶお祭り騒ぎになる。実現していたら、片桐且元の人生で最高の晴れ舞台になっていただろう。

秀吉を弔うための企画ではあったが、片桐且元は法要の日程や詳細を駿府(駿)の徳川家康に報告して承認をめるなど、あくまで江戸幕府に従う姿勢を崩さなかった。
出席者との調整も済ませ、大殿の鐘に刻まれる銘文も出来上がり、家康からの承認も得ていた。
ところがそこへ、駿府にいる家康の側近たちが待ったを掛けた。

地院崇伝(臨済宗)と南光坊天海天台宗)が、それぞれが所属する宗からの出席者の席次を他宗の出席者より上にするよう要望。
・要望を受けて片桐且元が関係者間の調整をしている間に、家康が自分の実名を銘文に使うことは失礼ではないか、大の供養式と御堂の供養式は同じ日に行ってよいものなのか、と問い合わせをしてきた。

片桐且元は駿府の人々の要望をえようと動いたが、上方の協者たちは後から注文を出した駿府衆の意見に反対。

片桐且元は調整に奔走したが話はまとまらず、供養式の開催が怪しくなると事態の経緯を上方の人々も知ったらしく、徳への反感が高まった。
しかも不運なことに、事件の少し前に加賀の大名だった前田利長が死去。豊臣・徳双方と縁が深い有大名が亡くなった報せが伝わると、上方では「東西が手切れになる(=豊臣と徳の戦が始まる)」という噂が流れて民衆が地方への疎開まで始める大騒ぎとなった。
逆に開戦を期待した人たちは上方へ流入した。

こうしてプロジェクト炎上案件となった。
供養式の開催は延期、それも予定を決める見通しも立たないお手上げ状態だった。

そんな中、片桐且元は駿府の家康に会いに行った。
続いて大坂から、大蔵卿局と正栄尼が派遣された。
大蔵卿局は諸大名や寺社との付き合いといった務でも働いた女性である。但し供養式の件は片桐且元の担当だった。
「この問題は片桐殿一人の手に負えない」と大坂城の人々は判断した、と考えられる。
の方が且元の苦を見かねて付き合いの長い女たちを送り出したのか、駿府との話し合いで揉めた且元の方から応援を頼んだのか。
いずれにしても長年守ってきたに心配を掛けてしまった且元のプライドはズタズタだったである。
浅井まで遡ると且元の人生そのもの)

浅井系の出世頭、豊臣の大柱、命懸けの戦場往来を含む長年の働きでその地位を手に入れた老人が、世が世なら下人の師であり右腕だった片桐且元が、クレーム処理に追われて走り回る羽になった。


<突きつけられた三ヵ条>

家康は大蔵卿局と正栄尼を歓待し、自分が豊臣氏を悪く思っているわけではないことを明言した。
的を果たした大蔵卿局たちは上方へ戻った。
ところが且元だけは引き留められて、すぐに帰らなかった。

それまでの経緯からすれば供養式について話し合ったと考えるのが自然だが、後世の史料に拠ると、且元は大坂へ戻ってから、家康の側近から三ヵ条の要が伝えられたことを報告した。

豊臣秀頼江戸に住まわせること
の方を人質として江戸に住まわせること
豊臣氏の所領転封に同意すること

どの要も受け入れない場合、豊臣氏は危機に陥る。片桐且元はの方と豊臣秀頼に条件をむことを迫った。

しかし且元のは、分の大野治長を含む臣団の賛同を得られず、且元は内で孤立。
さらに大野治長と木村重成豊臣秀頼の側近)が且元の謀殺を計画した。
織田信雄(常)の密告で事態を知った片桐且元は、片桐と共に大坂城から退去した。
身の危険を感じていたのか、あるいは戦国時代を戦い抜いた武者の持か、片桐兄弟の退去は数の軍勢にまで配備した全武装という物々しい有様だった。しかも大野治長と織田有楽斎から人質を取って片桐従の安全を保障させた上で退去した。
豊臣側も全武装の将兵を数えて片桐兄弟を見送った。

豊臣と徳を繋ぐ取次役でもあった片桐且元の退去を、江戸幕府は豊臣氏の敵対行為と断定。開戦へ向けて双方とも軍備を急いだ。
前後して豊臣秀頼の側近だった石川貞政が大坂城から退去し、幕府軍に参加した。
開戦に向けて大坂城から恭順を排除する動きがあったようである。


<三ヵ条の疑惑>

ところが片桐且元が持ち帰ったという三ヵ条は、家康たち駿府の人々も知らなかったという説が出ている。
家康の側近を務めた本多正純が、三ヵ条とは何の話かと、片桐且元に問い合わせていた。
三ヵ条は本多正純地院崇伝が且元に託したものだが、その本多が知らなかった。

本多が問い合わせることになった経緯は、片桐且元から報告を受けた豊臣秀頼が、おそらく且元を通さないルート駿府に問い合わせたのだろう。
豊臣秀頼が片桐且元を信頼していたことは先述の通りだが、それでも不審を感じるほど、三ヵ条の要不自然だったのかもしれない。上方では反徳を訴える人々が増えていたが、それでもこの時点で豊臣氏と徳は友好関係だった。

三ヵ条が片桐のでっち上げだとすれば、豊臣・徳双方への重大な背信行為となる。
三ヵ条が徳から言い出したことだったとしても、何の抗議もせず持ち帰ったとすればそれはそれで問題だった。


次へ»
最終更新日: 17/05/29 11:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ