ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


独ソ戦


ヨミ: ドクソセン
掲示板をミル!
176カキコ!

独ソ戦とは戦死者数2500万人以上(推定)となった第二次世界大戦における戦域の一つ。

ソヴィエトロシア)側からは大祖国戦争、ドイツ側からは東部戦線と呼ばれる。


概要


第一次大戦後ヴェルサイユ体制化で西欧から孤立したつつあったドイツソ連は、奇妙な接近を始めつつあり、やがて秘密協定を結んでポーランドを共同で分割するに至った。後知恵的には、イデオロギー的には対立するはずのナチスドイツソヴィエトロシアは、その方法論的な部分に類似を摘することも可であるが、当時の社会にはドイツソ連の接近は驚きをもって迎えられた(極東の某では「欧州情勢は複雑怪奇」なる発言が飛び出すに至った)。

しかし独ソの表面的な友好は長続きせず、ヒトラー東方ドイツ民族生存圏(レーベンラウム)の拡大をし、対するソヴィエトルーマニアに領土を割譲させるなど秘密協定のえて野心をあらわにし、両者の内在的な対立が浮上しつつあった。

1941年6月22日ドイツは「バルバロッサ」作戦を発動。ソ連領土に侵攻を開始した。ヒトラー作戦を決意させた動機が何であったかは見解の分かれるところであるが、イデオロギー的な背景のほかにも対英作戦の手詰まり、ソ連の軍備増強に対する警などが摘されており、もし実行していなければ逆にソ連による先制攻撃もありえたかもしれないとする説もある。

当初、ドイツ軍航空優勢と機械化された先鋒部隊によって破の進撃を続け、ウクライナベラルーシを制圧するとともにレニングラード首都モスクワスターリングラードと言ったソ連都市を脅かすに至った。この破の進撃の背景には、スターリン体制に不満を持つソ連の軍民がドイツに協したこともあったとされる。

しかし、やがてドイツ軍の兵広大ロシアの大地を進撃するのは不足するようになり、ロシア道路事情の悪さ、悪鉄道規格の違いなどによる補給の低下がそれに拍をかけた。そもそもドイツイギリスをはじめとした他の連合とも戦争継続しており、生産限界に達しつつあった。

翻ってソヴィエト赤軍は、スターリン体制において(強引に)進められた重工業化が功を奏し、戦争初期の出血を補って有り余るほどの生産を手に入れた。そこそこの性で、未熟な兵士の手荒な使用や過酷な気に耐えるソヴィエト兵器体系も赤軍の戦増大を後押しした(「半世紀以上沼に沈んでいても動く戦車があるらしい」「またまた、ご冗談を」)。

モスクワへの攻勢が頓挫し、スターリングラードで第六軍が逆に攻囲され、壊滅するに至って独ソ戦は転換期を迎え、ドイツ都市もコーカサスの石油資も確保できないまま守勢に転じた。
日々増大する赤軍の戦を前に、ドイツは何度か反攻を試みるものの、この時期になると赤軍側の戦術も洗練されてきており、しばしばドイツ軍部隊が赤軍機械化部隊に拘束・包囲される事態が生じた。

戦略爆撃による民間人の死傷と生産の低下、イタリア降伏、連合軍のフランス上陸と、まさに四面楚歌になったドイツに対し、西と東から連合軍が迫るも、結局は赤軍首都ベルリンを制圧し議事堂に旗を掲げた。

かくして独ソ戦は終了し、ドイツ分割され、一度はエルで手を結んだはずのソが冷戦に突入するのである。

ややこしいことになったのはドイツと同盟していながらソ連と不可侵条約を結んでいた極東某で、結局は敗戦直前に条約をものともしないソヴィエトの皆さんに侵攻されてしまった。にもかかわらず、某極東軍事裁判ではちゃっかりソ連が検事役で出廷してきて、なんやかやで条約を結んだ日本が悪いことにされてしまった。まことに複雑怪奇である。


関連動画



■sm4541696[ニコ動]

■sm2498975[ニコ動]
■sm3800554[ニコ動]
■nm8956349[ニコ動]
■sm14202913[ニコ動]


関連商品


■az4871499634
■az4059011738
■az4059011959
■az4054015344
■az4199502815


関連項目



最終更新日: 19/06/25 20:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ