ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


献血


ヨミ: ケンケツ
掲示板をミル!
174カキコ!
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。
[画像を見る] この記事は第90今週のオススメ記事に選ばれました!
よりニコニコできるような記事に編集していきましょう。
~皆様の善意により支えられています~

献血とは、ひとかけらの善意の積み重なりである。


概要


大きな外科手術や、血液製剤の作成には人間の新鮮な血液が欠かせない。
人工的に血液を作ることが未だに不可能だからである。

そのため、健康な人から血液の提供が欠かせない。
献血はに全血(400ml献血・200ml献血)・成分献血(血小板・血漿)の4つの種類がある。
献血によりまかなわれた血液は輸血、または血漿分画製剤の製造に使われる。
血液には使用期限が設けられている。

なお、日本では売血・安全上の問題から日本赤十字社のみ献血事業を行うことが出来る。
大規模な集客施設の中には「献血ルーム」が設けられている施設も、また移動採血による献血も実施されているので、興味のある方は一度行かれて見る事をお勧めする。


歴史



献血の基準


健康の人なら、献血による身体への影はほとんどいが、体調を崩していたり健康状態のよくないときに
献血をすると健康を損ねる場合もある。献血者の健康を守るために様々な基準を設けている。

献血方法別の採血基準

成分献血 全血献血
血漿成分献血 血小板成分献血 200ml献血 400ml献血
1回献血 300ml~600ml(体重別) 400ml以下 200ml 400ml
年齢 18歳~69歳※

男性18歳~69歳※

女性18歳54

16歳~69歳※

男性17歳~69歳※

女性18歳~69歳※

体重 男性45kg以上・女性40kg以上 男女とも50kg以上
高血圧 90mmHg以上
血液重等

血液重1.052以上
又は
血色素重12g/dl以上
血球数が標準域
にある女性は11.5g/dl以上)

血液重1.052以上
又は
血色素重12g/dl以上
血液重1.052以上
又は
血色素重12g/dl以上
血液重1.053以上
又は
血色素重12.5g/dl以上
血小板 ―――― 15万/μl以上、
60万/μl以下
―――― ――――
年間献血回数 血小板成分献血1回を2回分に換算して
血漿成分献血と合計で24回以内
男性6回以内
女性4回以内
男性3回以内
女性2回以内
年間総献血量 ―――― ――――

200ml献血と400ml献血
をあわせて
男性1,200ml以内
女性  800ml以内

65歳以上の献血については献血される方の健康を考え、6064歳のあいだに献血経験がある方に限ります

血漿成分献血の体重別献血量の

体 重 献血量
40kg~45kg未満 300ml(女性のみ)
45kg~50kg未満 300ml~350ml
50kg~55kg未満 400ml
55kg~60kg未満 400ml~450ml
60kg~65kg未満 400ml~500ml
65kg~70kg未満 400ml~550ml
70kg以上 400ml~600ml

献血の間隔

次回の献血今回の献血 血漿成分献血 血小板成分献血※ 200ml献血 400ml献血
血漿成分献血 男女とも2週間後の同じ曜日から
献血できます
男女とも4週間後の同じ
曜日から献血できます
男女とも8週間後の同じ
曜日から献血できます
血小板成分献血
400ml献血 男性は12週間後・
女性は16週間後の
同じ曜日から献血できます
200ml献血

※血漿を含まない場合には、1週間後に血小板成分献血が可になります。
  ただし4週間に4回実施した場合には次回まで4週間以上あけてください。


献血の手順


  1. 献血受付
  2. 問診票の記入
  3. 問診および血圧測定
  4. 献血(成分・400ml・200ml)
    血液重測定・血液型事前判定
  5. 休憩
  6. 献血カード(献血手帳)受け取り 

献血後のご注意
献血の後、ごく稀に急な血圧変化により貧血状態になる場合があるので、トイレや階段・戸外での歩行等には
特に注意してください。気分が悪くなったり、針を刺した場所に痛み、しびれ等が残る場合には、すぐに職員
(あるいは献血センター)にお知らせください。適切な対応をいたします。

献血のサービスとして、休憩の時にお菓子や飲み物(センターによってはドーナツハンバーガーなども)提供される。
「持ち帰らないでください」とがされているが、血液は高く結構けているので、止められはしない。
献血後センターによっては、ボールペン[外部]絆創膏[外部]などの粗品が贈られることが多い。

 


問診


問診は献血される方の健康を守るために、そして血液を必要としている患者さんをウィルスなどの感染から守るために実施しています。問診票に記入していただいた内容と血圧、血液重の結果に基づいて、体調が優れない、以前に特定の疾患にかかった、患者さんにとって望ましくない要因を持っている方などは献血をご遠慮いただく場合があります。
プライバシーは厳守されますので、自身のため、患者さんのために正しい申告をお願いします。
問診票の内容

        回答訂正番号_______________番

私は以上の質問を理解し、正しく答えました。
献血した血液について、梅毒HBV(B型肝炎ウィルス)、HCV(C肝炎ウィルス)、HIV(エイズウィルス)、
HTLV-1(ヒトTリンパ球向性ウィルス-1)等の検が行われることを了承し、献血します。

署 名                                                          


問診票の内容
成分献血の場合、もう一枚問診票の記入が必要となります。 


次へ»
最終更新日: 15/03/26 00:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ