ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


玉春日


ヨミ: タマカスガ

玉春日 良二1972年1月7日-)とは、愛媛県野村町(現在西予市)出身で片男波部屋所属の元大相撲力士である。本名:松本 良二まつもと りょうじ)。身長182cm、体重154kg。最高位は関脇。得意手は突き、押し。現在年寄片男波


概要


高校時代までは「高知山本(土佐ノ)、伊予松本(玉春日)」と言われるほど四国の強として知られていた。中央大学を経て、1994年1月場所片男波部屋入門し幕下付出(60格)で初土俵。四股名は当初より「玉春日」であった。

負け越し知らずで出世し1996年1月場所に新入幕、豊(元小結)以来2人となる中央大学相撲部出身の幕内力士となった。同場所に10勝5敗で敢闘賞受賞、1997年5月場所は横綱貴乃花を破って初金星を挙げ8勝7敗と勝ち越し殊勲賞を受賞した。ちなみに初金星を上げた2日は史上最長の連続満員御礼記録が666日で止まった日でもある。翌7月場所に新関脇となるが7勝8敗と負け越し、以後2度小結を経験したが三役での勝ち越しはなかった。それでも幕内上位で7個の金星を挙げるなど上位キラーとして活躍した。

2003年以降は右膝半月などの怪もあり幕内中下位や十両を行き来していたが、2006年7月場所に幕内で自己最高となる11勝を挙げ技賞を受賞した。三賞受賞間隔55場所は史上最長である。翌9月場所前頭4枚に番付を戻し、横綱大関戦も組まれたが1勝14敗と大きく負け越した。計算上は十両に落とされても止むを得ない成績であるが「横綱と対戦した力士十両に落とさない」という不文により翌場所も幕内前頭14枚)に留まった。それどころか2007年1月場所は初日から7連勝で単独トップに立つ活躍ぶりを見せた。しかしその後6連敗し9勝6敗に終わっている。6連勝から9連敗した後輩べれば大丈夫だ、問題ない。

その後は首の痛みもあり再び幕内中下位に低迷、十両に下がった2008年9月場所千秋楽引退を表明し年寄・楯山を襲名した。なお14日猛虎波を破り6勝を挙げた直後に千秋楽の取組を編成していた審判部に行き、「明日の割から自分を抜いて下さい」と依頼し千秋楽の取組から名前を外してもらったため不戦敗は付かず、場所途中のを最後に引退するしいケースとなった。

2010年2月4日師匠・玉ノ富士と名跡を交換し14代・片男波を襲名、片男波部屋を継承した。


エピソード



関連動画



■sm3343856[ニコ動]

■sm5916960[ニコ動]


関連商品


■ysjambalaya_13OLG-44


関連コミュニティ


玉春日に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 15/05/06 20:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ