ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


生きる意味を失う


ヨミ: イキルイミヲウシナウ
掲示板をミル!
70カキコ!

生きる意味を失う(あるいは、生きる意味を…失う…!)とは、レスリングシリーズ「パンツレスリング外伝 激闘編」[動]において、いかりやビオランテが5:12付近に発する哲学空耳である。


解釈


パンツレスリングシリーズでの、最も哲学的な発言の一つである。
「生きる意味」とは何なのか。がそれを失ったのか。
これについては様々な解釈があるが、ここではひとつの示唆という形でその答えを提示する努をしてみよう。

 

かつてイングランド国家哲学トマス・ホッブズは、人類の自然状態を『万人の万人に対する闘争』だとした。つまり、人間は自己保存の限の欲求を持つが故に、他者より優位に立とうとする。々は皆、常に普遍的な闘争状態のもとに置かれているのである。

ここでガチムチパンツレスリングは、このホッブズがする『万人の万人に対する闘争』状態のひとつのモデルとして登場する。常に争い、憎し合う醜悪な人間の姿をレスリングという手法になぞらえることによって余すところなく見せた次の間、ビオランテ野薔薇ひろしの『闘争』は思わぬ方向へと進化を遂げるのである。

つまり、ここでビオランテ野薔薇ひろし暴力によって越し、野薔薇ひろしに対する闘争状態を終結させてしまうのである。人間本質たる闘争状態が消失してしまうことにより、ビオランテは人類をした存在、つまり『ロッカルームの』として高位次元に昇する。一方、野薔薇ひろしは頚動脈を圧迫されることによって気絶し、限である人間の自己保存の欲求を「アンインストール」されてしまう。暴力的とはいえ、人間本質たる自己欲求を満たすために継続されねばならなかった闘争状態を失うことにより、野薔薇ひろしはもはや人間としてはおろか生物としてすら存在することは出来ない。つまり、"闘争"という「生きる意味を失」ったのである。

人類の闘争状態をパンツレスリングという事になぞらえ、醜悪に描き切るという、一見意地の悪いこの試みは、この闘争状態をしようとせず、の如く本的に争い、憎しみ合って血を流す々人類への強なカリカチュアとしても見ることが出来るのである。


もう一つの解釈は、自分自身に向けての吐露ではないかという解釈である。
TDNコスギを倒し、パンツレスリング界の頂点を、垣間見た過去の自分。
しかし、頂点には更に兄貴という果てがあった。
幾ら上り詰めようとしても、自分には理なのではないか――

たった今、勝者となっているはずの自分に、ふと不安が過ぎる。
かつて自分が考えていたことは、本当に真実なのだろうか。
果たして今得るような勝利、それだけがパンツレスリングの全てなのだろうか?
彼はかつてのパンツレスラービオランテとしての生きる意味を、失う。

「――アンインストール

もう一度、ゼロから始めよう。レスラーとしての一期一会にこそ価値を見出そう。
彼はそう考えたのかもしれない。

解釈の答えは、もしかするとビオランテが最後にひろしに対して行ったフェアリーテイクアウトの、そのの意図にこそ隠されているのかもしれない。


残る謎


このパンツレスリング界のである哲学名言の前に、ビオランテツンデレに関する幾つかの発言を残している。
ツンデレね」「(良い度胸してる)ツンデレです」「ダブルツンデレ」という発言がそれである。
果たしてこれが何を意味するのか。

一般的に、これらがすものはアイドルマスターキャラクターである水瀬伊織であると看做されている。
度々の「くぎゅううううう」という発言のとおり、ビオランテが既に釘宮病感染者である事は周知の事実であり、彼のアイマスへの造詣の深さを裏付ける左であるが、しかし、ゆきぽの熱狂的ファン、あるいは特別な関係にあるとされているビオランテが、敢えて彼女に言及する理由は何なのであろうか。

1つ考えられることは、ゆきぽこと萩原雪歩アイマス内で随一の小心者(=ヘタレキャラ)であること、
逆に水瀬伊織が、先述の空耳のとおり、ゆきぽ逆の、良い度胸をしているツンデレキャラということである。
もしかするとビオランテは、「ゆきぽダブルにした程のヘタレだ」という自を「ダブルゆきぽ!!」という言葉に込めており(そして、だからこそビオにとって、ゆきぽは他人と感じられない特別な存在なのである)、そこからの成長の決意を込めた宣言こそがすなわち「ダブルツンデレ」なのではないだろうか。
それはゆきぽへの決別ではなく、むしろゆきぽを守ろうとすればこその、カズヤで言えば「強くなりたい…」と同義の、ビオランテなりの決意ではないかと考えられるのである。


関連動画



■sm6700655[ニコ動]


関連項目 



最終更新日: 13/01/21 23:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ