ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


田の中勇


ヨミ: タノナカイサム
掲示板をミル!
50カキコ!

「田の中勇」(たのなか・いさむ 1932年7月19日2010年1月13日)とは、日本男性声優である。


概要


1960年代から活躍した声優で、劇団東芸からテアトル・エコーを経て青二プロダクションの重鎮の一人として活躍した。

持ち役で最も有名なものは「ゲゲゲの鬼太郎」の「目玉おやじ」で、鬼太郎を呼びかける時の言葉である

「おい、鬼太郎!」

という名調子は印的であり、その妙に高いもが一度は真似したであろう物まねのベストテン入り確実な人気を誇っている。
但しその裏に地は至って低めであり、その幅広い域でアニメと洋画吹き替えで多な役をこなしている。

目玉おやじものまねする人は基本的に裏であの高いをだそうとするのだが、田の中勇の低めのを聞くと解る様に裏目玉おやじを演じていたわけではなく、本人も目玉おやじものまねを見るたびに裏を使っている事を摘して「似ていない」と評価していた。

2007年スタートの「ゲゲゲの鬼太郎」第5期では、目玉おやじ役を後進に譲ろうとしていたが、田の中勇以外に適役な者がいないとの理由で、高齢の為に収録スタジオに専用のマイクセットしてもらって収録に参加した。

また、「ゲゲゲの鬼太郎」が原作の本来のおどろおどろしさを潜めて子供向けの作品になるにつれ、目玉おやじの演技もコミカルさが要されるようになったりした為に窮屈さを感じていたのか、2008年に放映されたノイタミナアニメ墓場鬼太郎」収録に、旧知の野沢雅子らと共に目玉おやじ役として参加した際は 

これまでのシリーズべて、かえってやりやすいんです。
このごろ親父アイドル化しようとしている感じがあって、親父はものすごくいじられるから。
けっこう大変なんですよ、この歳だと(笑)
こっちはそのまま演じられるからすごく楽ですし、新鮮でした。

と後に答えている。

そして、70代後半になりながらも、嬌のある演技の出来るベテランとして活躍していた最中の2010年1月13日心筋梗塞の為77歳の生涯を閉じた。 


色とり忍者


フジテレビの「めちゃ×2イケてるッ!」のコーナー今参上色とり忍者」に実写映画ゲゲゲの鬼太郎プロモーションで、演のウエンツ瑛士が出演した際に目玉おやじとして出演したことがある。

めちゃいけ出演者からの「どちらへ帰るんですか?」と言う振りに対して

「三軒屋まで」

と田の中勇の自宅のある場所を答えるなどっ気たっぷりな目玉おやじを見せ、不甲斐ない成績のウエンツ瑛士にかわって「色とり忍者」に参加した際は、「緑色の食べ物」と言うお題に「グリーンカレー」と答えて見事勝利している。

そして後日、同じフジテレビで放送していた「ゲゲゲの鬼太郎」では、寝ぼけた目玉おやじ

鬼太郎!緑色の食べ物はグリーンカレーじゃ!」

と言っていた。 


主な出演作品


アニメ作品
特撮作品
ゲーム
洋画吹替

その他「田の中勇」の出演作品の詳細についてはWikipediaの該当記事参照の事[外部]


関連動画



■sm5574984[ニコ動]

■sm7373586[ニコ動]

■sm9394391[ニコ動]
■sm2705966[ニコ動]


関連静画


■sg3456(静画)


関連商品


■azB0013K6DW0
■azB0013K6DWA
■azB0013K6DWU
■azB0013K6DX4

■azB001LKOARW
■azB001LKOAS6
■azB000OPPTNE
■azB002YEQYKA

■azB000UVGRWO
■azB0013HUVTY
■azB000K7UM6K
■azB001TDKFC0


関連コミュニティ


■co1580
■co672


関連項目



最終更新日: 18/03/09 20:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ