ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


田中寅彦


ヨミ: タナカトラヒコ
掲示板をミル!
11カキコ!

田中寅彦とは、将棋棋士である。段位は九段。棋士番号は127高柳敏夫名誉九段門下。

1957年4月29日生まれ。出身地は大阪府豊中市


概要


日本将棋連盟[外部]前理事(2005年5月 - 2009年5月2011年5月 - 2013年6月)。

1972年 奨励会[外部]入会

1976年6月4日 四段(プロ入り)

1988年棋聖戦[外部](前期)で南芳一[外部]から奪取し、初のタイトル獲得。

1994年12月16日 九段(勝数規定[外部])。A級在位6年。

また、20代最多勝率を4回記録しているなど、若い頃は棋界有数の強棋士として、谷川浩司55年組福崎文吾小林健二らと共に活躍した。

そして、若い頃は同期谷川浩司ライバル視しており、挑発的な発言が多かった。その頃のイメージを持っている人も多いためか、将棋ファンの間でも好悪が分かれている。

羽生善治と一緒に公文式のCMに出演していたことでお茶の間にも知られたことがある。また、90年代中盤ぐらいまでは羽生善治に対してほぼ互という勝率を誇り、『あなたにも羽生が倒せます。羽生善治必敗の法則』という将棋界有数の迷著を著述したこともある。

趣味水泳で、かなりの腕前。シニアになっても都大会でメダルコレクターとなっているなど、棋界で最も泳ぎが上手い人ともいわれている。


棋風


序盤巧者として知られ、「序盤のエジソン」の異名を持つ。特にマイナー戦術の一つに過ぎなかった居飛車穴熊を勝てる戦術として磨き上げ、棋界で流行らせた実績は皆も知る所である。それだけでなく、今日流となっている。飛先不突(つかず)の矢倉戦法を整備したのも彼である。

対して終盤は…お察しください(特に寄せは藤井猛に勝るとも劣らぬgdgdガジガジっぷりで、彼が初優勝を決めたNHK杯決勝でさえ、当時解説をしていた大山康晴十五世名人を閉口させていたぐらいである)。

しかしながら詰将棋制作を含めけっこう得意で、詰将棋の達人、伊藤果からもその才を認められたことがある。


関連動画



■sm19340725[ニコ動]


関連商品


■az4847012186


関連項目



関連リンク



最終更新日: 18/03/22 22:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ