ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


田中弘道


ヨミ: タナカヒロミチ
掲示板をミル!
35カキコ!

田中弘道とは、元スクウェア・エニックス所属のゲームクリエイターである。横浜国立大学工学部電子情報工学中退


概要


1983年同級生坂口博信に誘われる形でスクウェア(現スクウェア・エニックス)にアルバイトとして入社。スクウェア・エニックス コーポレート・エグゼクティオンライン事業推進担当(元執行役員・第3開発事業部部長)等を歴任。

坂口博信植松伸夫などにべると話題に上ることは少ないが、スクウェアを代表する作品にいくつも関わってきている。

ファイナルファンタジー』が本当にファイナルになるかもしれなかった創設期、出すゲームがことごとくヒットしていた全盛期映画の失敗に始まりエニックスと合併するに至った衰退期、そしてスクウェア・エニックスとしての現在まで、文字通りスクウェアいも甘いも味わい尽くしてきた人物の一人である。


ファイナルファンタジーXIのプロデューサーとして


退社した坂口博信の後釜という形で、スクウェア初のMMORPGファイナルファンタジーXI』のプロデューサーに就任する。
このゲーム明期のプレイヤーたちからの評価はお世辞にも高いと言えず、その批判を一身に受ける立場にあった。中には「坂口博信プロデューサーを続けていれば……。」というもあり、彼自身の手腕が疑問視されることも少なくなかった。

しかし、2006年ごろから彼に対する批判は小さくなっていく。その理由の大きなものとして、

などが挙げられる。

いずれにせよ、『ファイナルファンタジーXI』というゲームが長期運営になっていること、彼自身が非常に長い期間プロデューサーの座に居続けていること、さらに同じくMMORPGの『ファイナルファンタジーXIV』のプロデューサーに就任していることから、スクウェア・エニックス社内における評価が及第点以上であることは確かだろう。

ファイナルファンタジーXIVプロデューサーに就任したことに伴い、その座を降りている。

ちなみに、プライベートで『ファイナルファンタジーXI』をプレイしているらしい。それも数あるプラットフォームの中で最もフリーズしやすいといわれるXBOX360で。


ファイナルファンタジーXIVのプロデューサーとして


こちらでは開発初期からプロデューサーを務める。

こちらの評判もFF11の初期に輪をかけて悪かったのだが、批判の矛先は各コンテンツの担当責任者や社長和田洋一などに分散し、氏自身がかれることはFF11の頃にべて少なかった。
しかしやはりプロデューサーとしての責任は重く、FF14の不評・不振の責任を取る形で2010年12月にその座を辞した。


さらにその後


いつの間にかFF11プロデューサーに復帰。
2012年エイプリルフール企画動画にも出演している。

しかし2012年6月FF1110周年を記念したイベントにて、健康上の理由と一介のクリエイターに戻って身軽な立場でやってみたいという思いから、プロデューサー職を退任する旨とスクウェア・エニックスを退社する旨を発表した。現在ガンホーに所属している。


主な作品



関連動画


ファイナルファンタジーXI』における人気曲「Awakening」をBGMに、仰々しい登場をする田中弘道。


■sm1532480[ニコ動]

■sm18181563[ニコ動]


関連商品


■azB002OB3TCO
■azB002NSLXZS
 


関連コミュニティ


■co651
 


関連項目



外部リンク



最終更新日: 19/07/01 19:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ