ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


田中魁秀


ヨミ: タナカカイシュウ

田中魁秀(たなかかいしゅう)とは、将棋棋士である。本名は田中正之だが1978年名した。本間爽悦門下。大阪府枚方市出身、棋士番号1042015年引退した。引退時の段位は九段。


概要


A級経験、竜王戦1組経験、タイトル挑戦経験がないながら、九段まで上り詰めたレアケース棋士である。プロ入り5年にはB1級に昇格するなどスピード昇段を果たしたが、その後は伸び悩みつつも勝利を積み重ねたため。また、40代からは病気を患い、11回の不戦敗を含め、著しく勝率を落とした。それで、通算勝率は4割程度と九段としてはかなり寂しいものとなっている。そのため、将棋ファンの間では最も地味な九段とも呼ばれたりしている。

子に佐藤康光永世棋聖資格者、福崎文吾九段、阿部隆八段、長沼洋、小林裕士といった顔ぶれで、関西の名門とも呼ばれた時期もあったが、1990年を最後に子はとっていない模様。また、温厚な人柄であったことで知られ、子に叱責したことはまずなかったらしい。これは、本人がかなり厳しい師匠にしごかれて嫌気が差したことが多々あったため、自分が師匠になったら怒らないように心がけていたという。

だからかどうかはしれないが、子に福崎文吾阿部隆などかなりフリーダム癖の強い人物が多い。

なお、名前を正之から秀に変えた理由は、姓名判断が趣味だった師匠本間によって、半ば強制的にである。


関連動画



■sm8227796[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 18/03/21 13:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ