ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


田園都市線


ヨミ: デンエントシセン
掲示板をミル!
89カキコ!

田園都市線とは、渋谷駅東京都 渋谷区)~中央林間駅神奈川県 大和市)を結ぶ、
東急鉄道路線である。

駅ナンバリングの路線記号は「DT


歴史


東京の副都心の一つである渋谷から、神奈川県大和市にある中央林間までほぼ全線にわたって住宅地を走り続ける日本を代表する通勤通学路線の一つである。一日均輸送人員は1,188,720人(2012年度)と東急最多。

この路線の基本像ができたのは戦後ではあるものの、一部区間は戦前からあるなど、その生い立ちは意外と複雑なものである。そのため、路線の成り立ちは「渋谷二子玉川間」「二子玉川溝の口間」「溝の口中央林間間」で大きく分けることができる。

まず最初に開業したのは二子玉川溝の口である。この区間は玉電の延長線として「溝ノ口線」という名称で1927年に開業した。当初は軌であった。
1943年に戦時中に伴う輸送増強のため、1,372mmから1,067mmへ軌を実施し、大井町線に編入された。
その後、1945年に正式に鉄道線に変更、1963年大井町線が田園都市線にされた。 

1966年4月1日多摩を渡る二子梁が道路との併用から鉄道線用に変更となり、同時に長津田駅まで延伸された。ここに田園都市線の大きな格が出来上がった。
これは、東急戦後の一大プロジェクトである「東急多摩田園都市」のアクセス路線として開業したものである。
東急多摩田園都市は、現行の田園都市線で言うところの梶が谷駅中央林間駅付近の地域をし、民間導で行われた戦後有数の住宅開発事業である。この当初は18m級車両による4両編成、沼~長津田間に至っては日中2両編成で運行されていた。
しかしながら都心側のターミナルが大井町ではアクセス性が悪い事は明らかで、長津田開業の2年前から新玉川線の建設へと東急を切っている。

その後も田園都市線は細々と路線を延伸することとなる。68年にはつくし野まで、72年にすずかけ台まで、76年につきみ野まで延伸すると、774月7日には新玉川線として渋谷二子玉川間が開業した。
新玉川線は田園都市線と都心方面とのアクセス路線として、ほぼ全線を地下で建設された路線である。
当初は銀座線との直通運転が計画されたものの、種々の問題で断念され、結果として半蔵門線との直通運転に計画変更された。
なお、新玉川線の一部区間のトンネル首都高速3号渋谷線の高架と一体となって建設された事が特筆される。
新玉川線の建設費が膨大だったため、新玉川線は加算運賃が適用されていた(償還了に伴い97年に止)。
78年に半蔵門線が開業し、新玉川線との直通運転を開始、798月12日に、田園都市線の基本運行経路が大井町方面から新玉川線方面に変更され、二子玉川大井町間は大井町線として分離された。

その後、1983年に10両編成の運行を開始、翌84年に中央林間まで延伸し、現在の田園都市線の全体像が出来上がった。
1991年には、日本で初めて全線で保安装置を速度制限をほぼ5km/h刻みで設定できる新CS-ATCに変更した。
これは増え続ける客需要に応えるため、運転間隔を短縮するために実施されたものである。
2000年8月6日には、運行系統に合わせ新玉川線が田園都市線に編入された。 


列車運行


基本的にほとんどすべての列車東京地下鉄半蔵門線に直通運転を行い、さらにおよそ4割程度の列車東武スカイツリーライン経由で伊勢崎線久喜駅日光線南栗橋駅まで直通運転を実施している。
特に、半蔵門線には渋谷始発がい(田園都市線にはある)うえ、田園都市線と直通を行わない列車も一日に押上方面2本のみ(半蔵門線内のみで完結する列車はうち1本だけ)である、半蔵門線車両基地が沼にあるなど両線はほぼ同一の路線と言っていいくらい一体的な運行体系を構築している。

また、大井町線列車の一部も田園都市線に乗り入れて運行している。

列車車両数は大井町線直通は5両編成ないしは6両編成、それ以外は全て10両編成である。

以下、各列車種別ごとに解説。なお、停は下の路線図を参照の事。


急行


基本的な優等列車。種別色は赤色で、フルカラーLEDを使用した表示機や幕式行先表示機では「急行」、東武では「急行」、メトロは「急行」、それ以外では「急行」と表記される。
ほぼ全日にわたって運行されるが、ラッシュ時(2016年3月28日以降、平日夕方の上りも含む)は全列車準急となる。 

日中は一時間に4本が運転される。日中は全て中央林間発着で運行され、押上発着が毎時2本、久喜発着が毎時2本であり、沼・長津田各駅停車に連絡し、新町各停の追い抜きを実施する。
ラッシュ時間帯やその前後は本数が増え、梶が・江田・が丘(上りのみ)での通過待ちを行う場合がある。
特に平日の上りは急行への乗客集中に伴う遅延を防止するため、沼・長津田での緩急接続は実施せず、全て通過待ちのみで追い越しを行うダイヤが組まれている。

休日にのみ南町田駅に停するのは、かつて、ゴールデンウィークや三連休の間などで、南町田にあるショッピングモール「グランベリーモール」の利用の便を図るために臨時停していたものを、分かりやすくするためにすべての土休日に適用を拡大し、定期化したためである。

なお、平日1本と土休日日中(1時間に2本)には大井町線直通急行長津田駅から、土休日には中央林間駅から大井町線直通急行が運転される。
大井町線急行用の6両編成で運行され、沼と二子玉川で(中央林間始発は長津田でも)田園都市線の各駅停車と連絡を行う。


準急


平日ラッシュ時および全日日中に運転される列車種別。ラッシュ時の準急運転時間帯は急行は設定されない。
種別色は緑色だが、種別表示は大きく分かれており、幕式表示フルカラーLED表示機を有する車両では「準急」、8500系の3色LED東武は「準急」、メトロは「準急」、の発案内表示機に至っては「準急」と表示され、統一感が全くない。

新町での急行通過待ちを嫌い、二子玉川急行への乗り換えをする乗客が多数いたために急行各停の乗率に差が生じ、結果的に急行の混雑化と遅延の拡大を招いていたことから、これらを緩和するために2007年4月ダイヤ正で平日ラッシュ時の上りに登場した。
その後、2014年6月21日ダイヤ正で運転時間帯が平日ラッシュ時および全日日中時間帯の上下列車に拡大した。また、新たに南町田が停となっている。
1996年まで存在していた快速とほぼ同じ(あざみ野駅が追加されているのと、運転区間が中央林間まで拡大しているのが相違点)

当初は渋谷着8時台の急行が置き換えられたが、その後適用が拡大し、現行ダイヤ2014年6月21日正)では、平日ラッシュ時は上り渋谷着7:42~9:05、下り渋谷発7:34~8:58となっている。2016年3月28日以降、平日夕方の上り列車急行から準急に置き換えられる予定。

前述の急行と同じく、優等列車への乗客集中を防止する観点から、各駅停車の追い抜きはラッシュ時はが丘・江田・梶がのみで行い、待ち合わせでの接続は一切ない。
なお、上りの3本から12本までの準急は4・5・8号に6ドア・座席格納車両連結した東急5000系が充当され、座席格納の座席は半蔵門駅まで利用できない。
前日のダイヤ乱れなど、都合により4ドアで運転される際にはその旨で放送が入る場合が多い。


各駅停車


 田園都市線で最も多く運転される列車略称は「各停」。
田園都市線では各駅停車は種別表示を省略している(大井町線直通列車を除く)ため、種別色は不明。
3色LEDの案内表示機では「各停」、二子玉川駅溝の口駅は「 各停 」(囲み)、渋谷駅は「各停」と表示している。内の案内LCDでは「各停」と表示。

日中は一時間に8本が運行され、2本は渋谷駅発着(渋谷駅半蔵門駅間を回送し、半蔵門駅の留置線で折返し)となっている。途中での待避は、新町急行の通過待ち、沼・長津田急行準急の待ち合わせ(土休日二子玉川大井町線直通急行の待ち合わせ)のうち2-3回を行う。
一部、長津田発着の列車もあるが、日中の運行に関しては長津田中央林間間の各駅停車に連絡するダイヤが組まれている。
ラッシュ時はが丘・江田・梶がでも退避を行う場合があるが、時刻表には田園都市線内の退避パターンが記載されているため、確認を行いやすい。
なお、日中も遅れなどにより退避を急遽変更する場合がある。その場合はアナウンスなどで案内されるので、各停から急行乗り換える(あるいはその逆)際は注意が必要。

の上り、間の下りでは、大井町線との直通運転を行う列車沼発着にて存在する。
これは庫への入出庫を兼ねたものであるため、片のみの運転である。
大井町線には各駅停車が2種類存在するが、乗り入れてくるのは種別色が青色B各停のみである。
なお、大井町線のB各停は3色LEDを使用する大半のの案内表示機では「各停」と表示される。


臨時ダイヤ・臨時列車


田園都市線は毎年8月に行われる(2011年東日本大震災の影10月多摩花火大会の開催時は、大井町線世田谷線とともに臨時ダイヤで運行される。
花火開催時間帯とその前後は全列車各駅停車として運行され、一部区間で列車の増発が行われている。

また、一時期、隅田花火大会東京湾の花火大会開催時に臨時列車の運行を行っていたが、近年は設定がい。
また、ゴールデンウィークの時期にも、東武伊勢崎線館林太田方面への直行臨時急行「フラワーエクスプレス」が運転されていたが、こちらもここ数年は設定がい。 


ダイヤ乱れ時の列車運行


人身事故などで運転を見合わせた際は、運転できる区間で全列車各駅停車で運行を行う場合が多い。事故データイムに発生した場合などは、稀に急行列車の運転が継続されたまま折り返し運転を行う事もある。

その際、東武線との直通運転は打ち切られる事が多いが、半蔵門線と田園都市線との直通運転は(渋谷駅前後が不通の場合を除き)継続される。
これは、渋谷駅の構造上、両者が同時に双方向に折り返すことが困難な(というかほぼ理)なためである。

途中の折り返し二子玉川(用賀)・梶が沼・あざみ野・長津田。このうち、二子玉川に(用賀)と併記したのは二子玉川で折り返す際には用賀駅手前の渡り線を利用するためであり、場合によっては用賀まで(から)客扱いというケースがあるためである。


田園都市線の運行車両



東急車



東京メトロ車



東武車


大井町線直通列車に関しては「大井町線」の項を参照してください。


路線図


交通系ICカード相互利用対路線です。

例】 :停 |:通過 土曜休日のみ停 ■:乗換え路線 ○:周辺施設


次へ»
最終更新日: 16/06/08 15:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社