ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


田尻智


ヨミ: タジリサトシ
掲示板をミル!
142カキコ!

田尻智(たじり さとし)とは、株式会社ゲームフリークの代表取締役社長であり、ポケットモンスターの生みの親である。


概要


今や世界的な人気作となった「ポケモン」を世に送り出した偉大な人物。

少年時代自然豊かな郊外田舎で過ごし、昆虫などの生き物が大好きな「取り少年」で、クラスでは一番の昆虫博士だった。
また、「ウルトラマン」などの特撮マンガアニメも大好きで、もしゲームデザイナーという職業がなかったらアニメを作っていたかもしれないとったこともある。

しかしながら田尻少年の郷土にもある時期から開発の波が押し寄せ、大好きだったたちも姿を消してしまう。そんな折に地元にできたゲームセンターで「スペースインベーダー」などのゲームに触れ、やがてかつての昆虫採集にかける情熱の矛先が変わったかのように、ゲームに傾倒していった。
当時の地元ではかなり有名なゲーマーであった様子。お小遣いのほとんどをゲームに費やしていたというほど。

高専時代に、自らのゲーム研究の成果をまとめたミニコミ誌「ゲームフリーク創刊号自作。当時は今で言うゲーム雑誌のようなものは存在していなかったこともあり、時のゲーマーたちの間で大きな話題を呼んだ。

ゲームフリーク」は2号以降も飛ぶように売れ、次第に共同で制作する仲間も増えていき(創刊号読者2号以降のイラスト担当となった杉森建氏もそのひとり)、ここで培った人脈が「ファミコン通信」でのライター活動や、株式会社ゲームフリーク設立の基礎となった。


ポケモンを創った男


田尻氏が初めてゲームボーイを手にしたときに着したのは、ケーブルを用いた通信機だった。テトリスなど初期のタイトルでは通信機に対戦に使われていたのだが、氏は「ケーブルを通じてお互いに欲しい何かを交換しあえたら・・・」と考えた。

そこから「交換」をコンセプトとしたゲームを思い描いたが、この時点ではまだ何を交換するかは決まっていなかった。試行錯誤の末、沢山の種類が居てそれぞれ違うを持ったモンスターならみんな交換したいと思えるし、ゲームとして成り立つのでは、という結論に至った。

一方で、都市化により自然の遊び場を奪われ、の中で遊ぶようになった子どもたちに向けて、自身が子供の頃に熱中していた遊びをゲームとして表現したいという考えがあった。かくして昆虫採集や「ウルトラセブン」のカプセル怪獣といった、田尻氏が少年時代に大好きだったもののすべてが合わさった全く新しいゲームポケットモンスター」が産をあげることとなる。

ポケモン赤」の主人公デフォルトネームのひとつであり、アニメポケモン主人公の名前「サトシ」は田尻氏の名前からとられている。インタビューでは「サトシ」は少年時代の自分自身だとっていた。

また、サトシライバルである「シゲル」はマリオの生みの親である宮本茂氏から。「シゲル」はいつも「サトシ」の少しだけ前を行っていて、追いつくことは絶対にないのだという。田尻氏は宮本氏の事を心から尊敬しているとか。

ちなみに1番好きなポケモンニョロモニョロゾ


活動や人物像


メディアへの露出が非常に少ない事でも有名であり様々な憶測を呼ぶこともあるが、2016年電ファミニコゲーマーインタビューに応じており、健在であることを伺わせた。また過去には「ゲームセンターCX」で有野課長と共演したこともあった。

上記の通りメディアへの露出や発言がそれほど多くないため、ネット匿名掲示板やまとサイトなどではアスペルガー症候群と診断された有名人などという情報が見られるが、本人や関係者からそのような発言はどこにもく、デマである。


関連商品


■az4840127751
■az4757710046
■az4092701306


関連コミュニティ


■co33679


関連項目



最終更新日: 18/05/19 14:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ