ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


畠山在氏


ヨミ: ハタケヤマアリウジ

畠山在氏(はたけやまありうじ 生没年不詳)とは、紀伊河内に拠点をおいた戦国武将である。畠山総州6代当。官位は右衛門督。


一族


畠山総州5代当畠山義堯。子は畠山総州7代当畠山尚誠

総州とは上総介を称していたことからそう呼ばれていたのだが、実際に称していたのは・義堯と祖畠山義英の2名のみである。


概要


1532年に・義堯が突如出現した一向一により自害を余儀なくされると重臣・木沢長政の傀儡として飯盛山を拠点とし、当初は尾州の当である畠山稙長と争うが、間もなく長政の手により全に実権を奪われ思うようなことができずにいた。

長政が総州握すると、尾州の重臣・遊佐長教と結託し、本願寺と同盟を画策して締結が露見した稙長を紀伊へ追放し、稙長の畠山長経を擁立させるも間もなく彼も追放し、稙長のもう1人の畠山熙を代行として擁立させるが、幕府に認められなかったために長教と長政の共謀の末に1538年に畠山弥九郎なるものが擁立された。

長政が細川晴元に対する挙兵する1541年までは河内守護として長教と長政の2人が実権を握ったまま尾州との河内共同統治・提携を行い、親交結んだ。

長政が挙兵するとこれに同調するわけもなくこれ幸いと長政が攻められていく様を傍観していたのだが、翌年に長政が幕府軍によって戦死すると、長政の雇い(上)ということで連座を受けて居を攻められる。

実質10年近く長政の傀儡でもあったことから必死に幕府側と和交渉を続けていったが不調に終わったために翌年に飯盛山を攻め落とされて追放されてしまう。

畠山や本願寺と提携して細川晴元政権に復権し、三好長慶元に挙兵すると長慶に対抗するも敗れて全に没落してしまい、行方不明となってしまった。

督は子・尚が継ぐのだが、もう土に近い感じの勢になってしまった。


関連動画


畠山在氏に関する動画紹介してください。


関連項目



最終更新日: 16/02/05 05:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ