ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


畠山秋高


ヨミ: ハタケヤマアキタカ
掲示板をミル!
1カキコ!

畠山秋高 / 畠山昭高とは、三管領畠山尾州のうち大名として存続していた最後の当である。畠山昭高として項がたてられることが多いが、一次資料はすべての字を用いている。
「両畠山系図」によると畠山高政の次で、長である畠山政尚の子、貞政(高政養子)が幼少であったため、中継ぎとして督を譲られたとされる。


ここまでのあらすじ



続く両畠山氏の戦い


畠山尾州とは畠山畠山持富に始まるである。本来嫡子のいなかった畠山の後を継ぐ予定だったのだが、持は結局庶子である畠山義就に後を継がせ、それに異を唱えた一部臣団が持富亡き後彼の息子である畠山三郎畠山政長を旗頭にして一大勢となり、応仁の乱の原因の一つとなったことは日本史上有名であろう。

畠山義就の総州畠山政長の尾州応仁の乱が終わった後も戦いを続け、そのことが畿内政治史に大きなをもたらすのである。

まず先手を打ったのは畠山義就亡き後跡を継いだ総州畠山義豊である。彼は細川政元とひそかに結び、足利義稙が自身を攻撃するさなかクーデター明応の政変を引き起こし、畠山政長を自に追い込んだのである。だが、尾州も負けてはいない紀伊にのがれた畠山政長息子畠山尚順紀伊を基盤に和泉も味方につけ、南から畠山義豊を追い落とし高屋を奪還したのである。畠山義豊は敗死し、跡を畠山義英が継いだ。ここで両者は河内を半分づつ領有することで和。このままいけば畿内政治史はもっと単純になったかもしれない。

だがここで両畠山の強大化を危惧した細川政元によって赤沢宗益と摂津勢が送られ、二人は大和に追われるのである。細川政元暗殺後あくまでも細川氏と争おうとする畠山義英に対し、畠山尚順細川氏と和。そのまま細川氏と協して畠山義英を追い落とし、細川高国による足利義稙擁立に協細川高国大内義興、同族の能登畠山氏の畠山義元と彼の4人が要な大名として足利義稙政権を支えたのである。

畠山義英全に没落し、畠山尚順臣に一の不安を感じながらも絶頂のさなかにいた。


相次ぐ下克上


尾州畠山稙長督が移行、細川氏の抗争をに依然と変わらず足利義晴に仕えていた。その彼の最初の敵であったのが大和を席巻した本賢治であり、高屋から胎寺に退くこととなった。しかしである。ここで細川高国の残党を支援しようとする稙長と、畿内の抗争で優位に立つ細川晴元方に転じようとする守護代の遊佐長教との対立が起き、稙長は紀州に出奔。督は畠山長経に移り、さらに彼が殺されると(ただし長経の死は当時の記録には見えず、暗殺ではなかったという可性もある)その畠山が擁立されるものの、督として認めらなかったのか畠山弥九郎という人物が擁立される。
この畠山弥九郎細川典厩(晴賢か)の甥とされ、稙長のとは記されず、尾州は守護代遊佐氏と細川にとって都合の良い傀儡君を立てられ乗っ取りを図られてしまうのである。

一方総州も具体的な時期は不明だが畠山義英から畠山義堯督が移る。しかしこちらも臣の木沢長政下克上が起き、彼に率いられた土一畠山義堯は敗死。そのと思われる畠山在氏が傀儡君となるのである。

そしてここで両者は協する。畠山弥九郎畠山在氏河内を半づつおさめ、そしてそれを陰で操る遊佐長教木沢長政畠山氏を乗っ取ったのである。

しかし木沢長政細川晴元に対し謀反を起こし、三好政長三好長慶らに攻められて敗死してしまう。尾州畠山稙長が復帰し畠山弥九郎畠山在氏を追い落とすも、急死。彼の畠山が擁立されるものの遊佐長教に陰で操られた状態のままであった。

ここで遊佐長教細川氏綱側につき細川晴元営から離反、三好実休と結んだ畠山在氏軍に敗北すると三好長慶と講和して彼を細川氏綱営に引き入れる。彼らに攻め立てられた畠山在氏は没落したものの、遊佐長教は暗殺されてしまった。


畠山高政・畠山秋高兄弟


もはやこの頃になると総州全に没落し、対立する細川氏と方、そして三好の伸長に尾州は翻弄されることになる。

遊佐長教の暗殺によって畠山息子である畠山高政がようやく督を継ぐこととなった。しかし、今度は安見宗房が権を握ることになったのである。彼らは足利義輝営に入るがやがて高政と安見が対立し、畠山高政と三好長慶が協して安見宗房の追い落としに成功する。その後しばらくは両者は協関係にあったが、六角義賢が挙兵すると畠山高政は三好方を離反、高屋ラインとして一進一退の攻防を行い長慶のである三好実休の敗死すら成功させるものの、教寺の戦いで敗北河内を失陥する。

三好長慶没後、三好暴走足利義輝が暗殺された際には畠山はいちく打倒三好を唱え上杉謙信などに協を要請。またこの頃高政は畠山政頼督を譲り、政頼は還俗した足利義秋から一字拝領し畠山秋高と名乗る。三好三人衆松永久秀の対立において、畠山氏は幕府側の久秀の味方となるのである。また総州畠山尚誠足利義昭と連絡を取り合うなど、畠山氏全体がこのような傾向にあったようだ。
(以降、総州に関する当時の記録は絶える)

その結果織田信長足利義昭を報じて入すると畠山秋高は三好義継と共同で河内守護となったのであった。この時に遊佐信教安見宗房畠山高政と対立し、高政が再度追い落とされ高が擁立されたというのが通説になっているが、前述の通り高が当になったのは永禄の変直後であり、これは「足利季世記」などの後世の軍記で広まった誤解である。
高政はその後も在での活動や領に下向して戦っている様子が当時の記録から見える。

やがて畠山秋高は同じ河内守護である三好義継松永久秀と対立、三好本宗三好三人衆三好とこうわし高を攻撃したのである。これに対し足利義昭は畠山秋高を支援織田信長もまた彼に味方した。

しかし一方で中では畠山秋高と遊佐信教の対立が化、暗殺未遂が起きるなどきな臭い空気に包まれていく。そして1573年運命の年が訪れる。足利義昭織田信長の対立が化すると畠山足利義昭に与するものの、義昭の二度の挙兵の際、信長の威勢を恐れたのか高は信長方に転じようとする。そこで引き起こされたのが遊佐信教による畠山秋高暗殺であり、29歳という若さで彼は自に追い込まれたのであった。


その後の畠山氏


しかし遊佐信教もまた三好康長とともに高屋に籠したが、1574年に敗走する。1575年以降河内佐久間信盛の統治下におかれ、畠山氏の旧臣の多くも信盛の揮下におさまる。畠山氏は紀伊有田において命脈を保つのみとなったのである。

高の殺後間もなく高政も没したようで、その後の督は紀伊をおさめていた畠山高政ので畠山秋高の畠山政尚の子である畠山貞政が受け継ぐ。貞政は秀吉紀伊侵攻に抵抗するも降伏、その子畠山政信徳川家康に仕え、高家旗本という三管領の中では一番高い地位につき近世においてもなお命脈を保っていくのである。


補足


信長の野望」(PCシリーズにおける畠山昭高の力一覧。

近年は見かけることはなかったが、創造で久々復活している。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 59 戦闘 50 智謀 48 政治 34 野望 32
天翔記 戦才 94 智才 76 政才 100 69 野望 33
将星 戦闘 42 智謀 38 政治 45
烈風 采配 49 戦闘 39 智謀 45 政治 40
世記 采配 35 智謀 32 政治 31 野望 38
蒼天 統率 33 知略 33 政治 32
下創世 統率 知略 政治 教養
革新 統率 武勇 知略 政治
統率 武勇 知略 政治
創造 統率 53 武勇 58 知略 52 政治 67

関連項目



最終更新日: 18/09/10 18:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ