ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


畠山義堯


ヨミ: ハタケヤマヨシタカ

畠山義堯(はたけやまよしたか ?~1532)とは、河内紀伊の武将で河内・山守護である。畠山総州5代当。官位は上総介。別名に義宣(よしのぶ)。


両細川氏と両畠山氏の対立ライン


畠山総州4代当畠山義英。子畠山総州6代当畠山在氏

総州は尾州畠山尚順により勢をどんどんと狭めており衰退している状態であった。

尚順が1522年に死ぬと跡を継いだ畠山稙長が若年ということもあり、逆襲に出る。

・義英は1522年没が有視されているが隠居したともされているので詳細はわかっていないのだが、1523年には義堯名義の発給がなされているのでこの時には督を継いで当となっているのは間違いはいだろう。

当時の近畿の情勢は畿内を握していた細川政元には子がおらず、細川澄之細川澄元・細川高国の3人が養子に迎えられていた。

だが、1507年に政元が澄之臣によって暗殺されると、高によって今度は同年に澄之が自害に追い込まれ、高と澄元の勢に二分される。

情勢は高が圧倒的有利となり澄元は煮え湯を飲まされていた。

1520年に澄元が病没すると、跡を継いだのはわずか7歳であった子・元であった。

畠山総州元側につき、畠山尾州は高側についていた。

1525年に高の子・細川がわずか18歳で病没し、管領が位になると、翌年に一時的と言え第33代の管領に就任する。

これは畠山政長1487年に在位して以来畠山にとって39年ぶりの就任であり、畠山総州にとってみれば一の管領でもあったので快挙であった。

原因は不明だが、結局数ヶで管領を辞することとなる。(次代管領の細川晴元が就任するのは1536年)

が澄元と結んでいたため、澄元のを娶った。そのため元とは義兄弟の間柄となり、引き続き同盟を結んだ。

元・義堯ラインと高・稙長ラインの対立軸は明確になっており、情勢は明らか元・義堯側にとって不利であるものの、畠山氏同士の戦いではそれほど不利でもなかった。

しかし、細川氏同士になると(元側:和泉波、高側:摂津河内・山大和讃岐・丹波)となり不利であった。


概要


だが、義堯が管領に就任した1526年に畿内に震が走る。

これまで高は同族である細川尹賢の讒言により臣を幾人も自害に追い込んでいた。

今回は側近中の側近とも言うべき重臣の香西元盛であった。

こうなれば香西が黙ってはいない、となるのだが、香西は黙っていた。

何故ならば香西は当時2つに分かれていており、元盛は上香西人間であり、1507年に細川高国・澄元らによって戦死した香西元長の養子として入っていた人物であった。

なお、下香西の香西元定(香西元成の)のほうは健在であり祖との血縁もある人物であった。

しかし、香西元盛の死の一件により意外なところで挙兵が起きた。

丹波の波多野氏である。実は香西元盛は波多野氏出身であり、波多野秀長の三男にあたる。

2人のである波多野稙通と本賢治は丹波八上神尾にて挙兵し、籠する。

は2人の討伐軍を起こすも寡兵相手に苦戦し敵の援軍もあり撃退された。

丹波での敗報を聞くと元と共に挙兵し、高・稙長に勝負を挑んだ。

京都波多野三好連合軍に高武田連合軍が大敗すると聞くと高将軍足利義晴を奉じて近江へ逃亡、義堯らはここぞとばかりに勢を拡大し、高の勢は衰退し、落ちとなっていく。

そんな高に1人の男が手を差し伸べる。

備前・美作2ヶ握し、1521年に旧赤松義村を謀殺し義村の子・赤松晴政を傀儡君まつりあげた謀将・浦上村宗であった。

一進一退の攻防も赤松晴政(当時は政)の裏切りにより1531年に高・村宗連合軍を打ち破った。(大物崩れ)

最大の共通の敵を倒した元と義堯であったが、その後の方針で突如不和となってしまう。

原因となったのが、元と足利義晴の和方の止であった。

方とは足利義晴足利義維を頂とするを本拠とした擬似方であった。

元自ら立を努めていたのに突如止と義との講和という霹靂というべき事態に反対したのが義堯と大功を重ねてきた三好元長であった。

両者は対立するようになり元長は元から離反するも、義堯からは木沢長政元に内通し離反してしまった。

元は敵であった尾州畠山稙長をも味方に引き入れ、連合軍を形成されてしまった義堯は攻撃を受けてしまう。

翌年に長政の居・飯盛山を元長と共に包囲し、優位に進めていった。

そしてあと一歩のところで敵の援軍が現れたのであった。

その敵は本願寺であった。

まさに元の隠し玉、鉄砲玉ともいうべきもので敵の兵そ3万の大軍であった。

もちろんかなうわけも三好一秀(勝宗とも)が6月15日に討死にすると、義堯の元長も敗走を余儀なくした。

17日には義堯が、20日は元長が自害に追い込まれてしまい、勢回復していた畠山総州は義堯の死で勢を衰退させて没落していくこととなる。

なお、子・在氏の代では皮にも敵であった本願寺と畠山尾州細川晴元とは味方となり、最期の味方であった三好とは敵となってしまうのである。


関連動画


畠山義堯に関するニコニコ動画動画紹介してください。


関連項目



最終更新日: 16/02/05 07:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ