ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


異能生存体


ヨミ: イノウセイゾンタイ
掲示板をミル!
675カキコ!

異能生存体とは、装甲騎兵ボトムズ世界において、ギルガメス軍レッドショルダー部隊隊長ヨラン・ペールゼン大佐(当時)が提唱した概念。

具体的には「どんな事態に遭遇しても、何をされても死なない生命体」。
彼等はブッ潰しても、切り刻んでも、焼いても死ぬ事はない。
時に利己的に、時に利他的に、たとえにだって従わず、自らの環境を変えてまで生存する。


概要


異能生存体は、極めて低い遺伝確率(約250億分の1、あるいはそれ以下)で発生する、生存率の極端に高い個体をす。
彼等は異常に高い生命と、強生存に裏打ちされた行動、そして奇跡と言える程の悪運によって、生還が絶望視されるような戦場で特攻同然の作戦に参加しても、生き残ってしまう。 

単に生命や治癒が高い生物とは異なる点は、その存在自体がいわゆるチート超常現象に近いことである。
彼等は、本人の意図に関係なく、周囲の人間の行動や思考、更には自らが置かれた環境すらも変し、生存する。
その体は決して不死身ではないが、意識に自らが死なない状況を作り出し、時には理不尽とも思える奇跡的現を発生させることで致命傷を回避し、生存を続ける。

奇跡的現の例を挙げると

などが確認されている。

さらに参考までに異能生存体の異常回復に対面したある軍医長の叫びの言葉を挙げる。
この異能生存体は宇宙工場群コンプラントの墜落に巻き込まれ、軍医長の勤める病院へ運ばれた。

全身火傷! 脊椎損傷! 頭蓋陥没! 内臓破裂! 大腿複雑骨折
それでも、偶然幸運な条件が重なって助かることだってあるさ!
だがなぁ、そういうのが50100も重なると……もう秘だ! 奇跡だっ!
しかもそんな怪人がわずか10日でベッドを抜け出して、どこ行ったんだぁ!

また、もし異能生存体が別作品のと相対した場合には以下のような状況が発生すると思われる。

ただし、そもそもこれらのを有した存在と敵対すらしない可性も高い。
実例として、『第2次スーパーロボット大戦Z』におけるルルーシュ・ランペルージは、キリコ・キュービィーに対して「キリコギアスで操る事は不可能」と解釈できる発言を行っており、その後もキリコギアスで操るような事態は発生しなかった。
更に同作の作中には人智をえた””とも言える存在が複数登場したのだが、彼らは他のスーパーロボットよりも、単なるアーマード・トルーパーに搭乗した一兵卒に過ぎないキリコの存在を恐れる姿を見せていた。

しかし、上記のような実績をもった存在でさえ、死亡が確認された時点で近似値として除外される可性もある。

異能生存体の周囲では、戦乱や大規模な破滅的状況(都市惑星の崩壊など)が発生する事も多いが、そのような状況は「異能生存体が自らを生存させるため(意識に)発生させている」可性が高い。

また、異能生存体と言えど、外傷による苦痛や精的外傷への耐性は常人と同等である。多くの死と引き換えにもたらされる不死性は異能生存体を孤独にし、精的に疲弊させる原因となっている一方で、彼ら自身が戦場や危険地域に滞在する事を望んだり、異能生存体の存在自体が戦乱の原因となる事も多い。


本編における異能生存体をめぐる諸事


異能生存体研究の第一人者であるヨラン・ペールゼン大佐は、理想の戦闘集団を作り上げるべくレッドショルダー部隊を設立。そこでキリコ・キュービィーを発見、異能生存体と判断しそのを利用しようとするが、にすら従わないキリコを御することはできず、断念。代替策として身体を強化した人間、パーフェクトソルジャーの開発に方針転換している。

ペールゼンが残した研究文書は後に「ペールゼン・ファイルズ」と呼称され、ギルガメス軍内部で注された。
情報のフェドク・ウォッカム次官は同文書を元に異能生存体と思われる5人の兵士を集め、バーコフ分隊を結成。彼らは異常に高い生存率と戦闘を活かして戦果を上げたが、惑星モナド侵攻作戦においてキリコ・キュービィーを残し全滅している。実際には彼らの内、異能生存体はキリコ1人しかおらず、他の4人は奇跡的な生存を持つただの人間、即ち近似値に過ぎなかったのである。

また、バーコフ分隊の結成は、異能生存体の存在が戦略的価値を有するかを試す実験でもあったが、最終的に惑星モナドが消滅するという結果はギルガメス軍に多大な被害した。
この事実から、ペールゼンは「異能生存体の異性は、周囲の人間や異能生存体当人の思惑に関係なく“個体の生存”という的に沿って発動し、その結果を予測、利用することは不可能」という結論を出し、ウォッカム自身も異に判断を奪われていたという、認めがたくもある残酷な真実を提示した。

なお、古代クエント文明で誕生した突然変異種「」と異能生存体が同一の存在であるかは不明である。


代表例


異能生存体の代表的な例(補、あるいは近似値も含む)は以下の通り。

などが挙げられる。

高い危機回避や自己防衛本により危険を回避する、そもそも危険に近づくこと自体を意識的に避けるタイプは死なないという点で異能生存体に近いが、本質的には別種の存在である。
危機回避の代表例としては、渋川剛気(グラップラー刃牙)の護身術完成形「の護身」が挙げられる。


関連動画



■sm5236965[ニコ動]

■sm5027984[ニコ動]
■sm17205873[ニコ動]
■sm15493027[ニコ動]


関連商品


■azB000LMQVRI
■azB000SKNR4S

 


関連コミュニティ


■co1317


関連項目



最終更新日: 18/04/20 02:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ