ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


白石稔


ヨミ: シライシミノル
掲示板をミル!
497カキコ!

白石稔とは、日本男性声優シンガーソングライターである。
過去ゲーセン焼肉屋・CoCo壱番屋などでバイトをしていた事があった。
ちなみにCoCo壱番屋での肩書きは「チーフメンチカツなら任せとけ)」。


概要


1978年10月18日生まれ。愛媛県四国中央市(旧:川之江市)の出身。血液型AB型身長166cmアイムエンタープライズプロ・フィットを経て、2009年4月1日からフリー2012年1月1日からガジェットリンクに所属。実家は、かつておもちゃ屋を営んでいた。2011年8月9日に入籍したことを11月14日付の自身のブログ表した。

代表作は『涼宮ハルヒの憂鬱』の谷口、『らき☆すた』の白石みのる等。役柄としては、主人公の親友、クラスメイトなどのポジションでお調子者的な性格の少年青年を演じることが多い(例:谷口近藤剣司桜庭一騎、冴原剣、等)。しかし、『蒼穹のファフナー』や『喰霊-零-』などにおける演技は単なるコメディリリーフに留まらず、見ることで大きく印が変わることは間違いない。
また、最近は主人公に敵対する悪役オカマ役・マスコットキャラクター的な生き物役など、演じる役の幅も徐々に広がってきている。

個性的なアドリブ定評がある谷口の名前が独り歩きするきっかけにもなった「うい〜っす。WAWAWA忘れ物〜♪」というセリフ白石アドリブである。
これは『涼宮ハルヒの憂鬱』の現場にて、共演していた杉田智和小野大輔が個性的なアドリブをどんどん行っていたため、「だけ何もやらないわけにはいかない」と思ってやったものであるとのこと。
ちなみに07年から08年にかけて、ニコニコ動画内で多くのMAD等が投稿されていたのを、白石本人は「当時PCを持っていなかった為に、こんなに盛り上がってるとは知らなかった」とのこと。

らき☆すた』放送当時ココイチより声優の収入が低いと発言しているが、自虐ネタはほぼ100%本当であることを本人は説明している。もっとも声優アニメーターの収入が低いのはよく知られていることではある。

若本規夫を尊敬しており、彼の物真似が上手い(ちなみにモノマネレパートリーは、若本規夫板東英二ビートたけし等)。また、若本規夫誕生日が一緒でもある。

らき☆すた』のキャラでは田村ひよりが好き。これは自身がかなりのオタクであるため感情移入しやすいことが影している。また『ザ☆ネットスター! の増刊号』の副音ニコニコ動画を見ていることが発覚。特にレスリングシリーズがお気に入りらしく2010年現在でもロケ先でニコニコ動画から毎日のように視聴しているらしい。

初のラジオらっきー☆ちゃんねる』でパーソナリティを務めて以降、ラジオパーソナリティ会としても一定の評価を集め、ネット番組『金田朋子の日本語でおk』ではゲスト兼進行役を務めている。また、関連番組のNHKザ☆ネットスター!2009年4月号より正式にレギュラー出演者となった。

現在会業で引っりだことなり、生活はかなり安定しているとのことだが、そのせいで現所属事務所が誤解され、会の仕事ばかり舞い込むようになってしまったのが下の悩みだという。


シンガーソングライターとしての白石稔


何気に作詞作曲・歌唱をかなり高度にこなすことでも知られている。
作曲こそ流石に米米CLUBなどのオマージュが多いが、作詞は割とガチである。本人の歌唱もなかなか高い。
白石による曲の中でも、特に「かおりんのテーマ」は名曲として挙げられることが多い。

作詞には携帯電話のメモ機パソコンなどを用いている。き時間に作詞作業を行うことも多いらしい。
楽譜が読めないため、作曲携帯電話ボイスメモに思いついたメロディの鼻歌を保存して行っている。
楽器演奏できない。(ギターはかろうじてコードが弾ける程度の腕前)
CD収録の際は、一旦アカペラで歌った音編曲に渡し、編曲してもらってからまためて歌唱しているとのこと。

彼のソングライティング価を発揮したのは、なんと言っても「らき☆すた」EDテーマCDとしてリリースされた「白石みのるの男のララバイ[外部]」であろう。らき☆すたにおいて白石は2クールEDのほぼ全てで作詞作曲を行い(既成楽曲・「三十路岬」を除く)、「白石みのる」名義で歌唱も担当した。上記「かおりんのテーマ」も同アルバムに収録されている。
アルバムオリコンアルバムチャートで最高23位を記録した。

イベントらき☆すたin武道館「あなたのためだから」』では白組キャプテンとして登場し、「の忘れ物」「かおりんのテーマ」「恋のミノル伝説」の3曲を熱唱、10,000人近くの大観衆を熱狂させたことは記憶に新しい。

また、『ザ☆ネットスター!2009年6月号』では番組の新エンディングテーマ夢の続き」をネット上で人気プロデューサーであるシンPと一緒に製作したところ、水木一郎がこの曲を大変気に入り、翌7月号でサプライズゲストとして出演した際に白石の前で歌った。そして番組終了後の反会で水木自身が直筆で書き下ろした楽譜白石楽譜を書けないため)を渡した際に「どんどん(曲を)書こう。才あるよ」と白石作詞作曲を高く評価し認めた。

さらに、2011年2月9日には初の本人名義でのミニアルバム出しちゃいました。」が発売され、白石本人も切望していたランティス所属アーティストとしてのデビューを果たした。
余談ではあるが、このアルバムジャケットおよびCM映像では大変インパクトのある衣装を着用しており、一部で話題となった。CD発売記念イベントにおいても、寒の下同じ衣装を着用し野外でのPR活動を行っている。

2011年8月24日発売の『日常キャラクターソングCD麻衣ペース」には作詞作曲で参加。自身以外への楽曲提供は「かぼちゃプリンのうた」(『キディ・ガーランド』挿入歌)に続き2度となる。


主な出演作品


太字キャラクター


アニメ



ゲーム



ドラマCD



ラジオ


終了番組


実写出演



TV出演



ニコニコ動画内公式放送



楽曲



関連動画



次へ»
最終更新日: 19/08/05 22:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ