ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


百合


ヨミ: ユリ
掲示板をミル!
7761カキコ!

百合とは、

  1. 植物の名前
  2. 日本人の名前
  3. 女性同士の恋愛感情や強い親交関係のこと
  4. 一斗、および18リットルに等しい体積。読みはひゃくごう。

この記事ではに3について解説する。


植物としての百合


ユリユリ科ユリ属の多年の総称。学名はLilium(リリウム)、英名はLily(リリー)。
詳細は⇒ユリ


名前に百合のつく人物及びユーザー


※“百合子”と“小百合”は個別記事があるのでそちらを参照


女性同性愛としての百合


女性同士の同性愛、またはそれに近い親密な関係も百合と呼ばれる。「百合動画」のような使い方をする場合、まずこちらの意味をさすことは間違いない。男性同士の恋愛を描いたBLボーイズラブ)にちなんで「GL」(ガールズラブ)とも称される。

1976年男性同性愛者向け雑誌『薔薇族』誌上に、女性読者投稿を集めた「百合族の部屋」というコーナーが創設されたのが、女性同性愛す意味での「百合」の起である。
編集長の伊藤文學が、女性同性愛者向けの雑誌創刊への足がかりとしてはじめたとっているように、「男性同性愛者=薔薇族」の対として「女性同性愛者=百合族」と命名された。当初は意図に反して男性同性愛者を好む女性投稿が多かった(『薔薇族』読者女性なのだから当然ではある)ものの、1981年4月に「百合族コーナー」としてリニューアルされた頃には、女性同性愛者の意味で定着した。
1980年創刊の「少女のための耽美マガジン」『ALLAN』誌上には女性同士の交際希望欄「百合通信」が設けられ、そこでは「百合族」ではなく「百合」「百合っ気」などの言葉が用いられている。

一方で、戦前の女学校現実女学生の関係として流行し、戦後衰退してからも少女小説少女漫画などの創作作品の中で描かれ続けていった「エス」のイメージが、百合という言葉に吸収されていく。
エスとはsisterまたはsisterhood頭文字であり、少女同士の精的な結びつきを重視した、特別に親密な関係のことである。(詳しくは「エス(sisterhood)」の単語記事を参照のこと。)

また、1983年には日活ロマンポルノセーラー服百合族(DVD題:制服百合族)』が大ヒットし、男性向けポルノ作品を通して同性愛者以外にも「女性同性愛者=百合族」が普及する。その影が大きすぎたのか、しばらくは「百合=男性向け女性同性愛ポルノ」という認識が強かった。
しかし、いわゆる「レズもの」AVの認知度が上がると、「百合」よりも「レズ」の方が男性向け女性同性愛ポルノを表す言葉としてのイメージを濃くしていく。

まとめると、現在の「百合」というには、

  1. 女性同性愛者(レズビアン)を表す「百合族」「百合」
  2. エス」の後継としての女性向け「百合」創作ジャンル
  3. レズもの」ポルノとしての、男性向け「百合」創作ジャンル

これらが一まりになって(また、その界線上にあるものまでも)含まれていることになる。

現在オタク文化における百合は2の影が特に強く(「百合」というが元来持つ清純なイメージも寄与し)、逆に3の意味は前述したように「レズ」という言葉が担うようになっているため、「百合は清純でレズは性的」というような認識がたびたび見られる。

これは近年の実際の用例からすれば、たしかにそういうニュアンスで使い分けられる傾向にあるとは言えようが、しかしながら適切な分類、厳密な定義とは言えない。心の繋がりを描いた百合作品が必ずしも体関係にまで発展しないわけではないし、現実レズビアンは心の繋がりも体の繋がりも同様に大切だと思っている人が多いだろう。

同性同士の性的な感情が苦手な人は百合とレズビアンを分離したがる傾向にあるが、そういった考え方は同性愛者に対し差別的だという意見も多々ある。

こうした女性同士の親密な関係を一緒くたに百合とめるようになっている現状では、百合の中でも性的な感情に発展しているものを「ガチ百合」、そうでないものを「ソフト百合」などとと称する事もある。

「百合」と「レズ」という言葉からそれぞれ受ける印が異なる以上、表現したいニュアンスによって使い分けられるのは自然なことだが、上述のような歴史的経緯があることを理解して、「百合とレズは違う」「百合はこうで、レズはこう」という自分の勝手な定義を他人に押し付けないようにしたい。


オタク界隈における百合の発展


古くから女性同士の恋愛を扱った作品は少なく、耽美嗜好とされて存在自体あやふやであった。
だが、「少女革命ウテナ少女革命ウテナ原作者の一人でアニメ原画家のさいとうちほは、アニメ放送中は「百合」ではないと否定していたが、アニメ終了後に発行された書籍で「同性愛的な物を肯定できるようになった。」と言っている。」(1997年)、「マリア様がみてる」(1998年~)等の作品が好評を博し、”百合”という概念が認識されていった。そして「マリア様がみてる」のフォロワーである「ストロベリー・パニック」(2006年~)、伝奇・ロボアクション・百合を融合させた「神無月の巫女」(2004年~)などが良く知られている。

一迅社刊行の漫画作品「百合男子く、百合はボーイズラブべるとまだまだマイナーであり、百合市場は小さい。「百合は女性が好むもの」との古典的な考えに囚われているとの見解もある。近年では「舞-乙HiME」(2005年~)、「魔法少女リリカルなのはシリーズ」(2004年~)等の女性の交友をとする作品から百合を見出す傾向も多々見られる。

2011年にはコミック百合姫で連載されている漫画ゆるゆり」がアニメ化して放送され、日常ものにゆるい百合を混ぜた新たなテイスト話題となり、百合の知名度はさらに上がることとなった。結果として、ゆるゆりテレビアニメ3期、OVA劇場版製作される大ヒットコンテンツとなる。しかしその間、「つぼみ」(2009-2012年,芳文社)や「ひらり、」(2010-2014年,新書館)など、百合を扱った漫画雑誌が次々に休刊し、残された漫画雑誌が「コミック百合姫」(一迅社)だけになってしまうなど、百合界全体に閉鎖的な空気が漂う気配もあった。

ところがその後、角川系列の一般雑誌において「やがて君になる」(2015年~)、「新米姉妹のふたりごはん」(2015年~)などの百合漫画の連載が始まり、いずれもヒット。それと同時期に「コミック百合姫」の刊化(2017年1月号から)、自主制作コミック誌「ガレット」の創刊(2017年2月)などが重なった。ヴィレッジヴァンガード催の「百合展」は2016年以降毎年開催されている。さらにはツイッターなどのSNSで百合漫画話題となり、書籍化されるケースが相次いだ(例として「出会い系サイトと出会う話」「明るい記憶喪失」「同棲生活 私を好きってことでしょ」など)。早川書房SFマガジン2019年2月号の百合特集は同誌初の3刷重版となった。これらの要因が重なり、現在百合市場は活況を迎えている。


注意


公式に百合作品とは謳われていない作品から百合を見出すことは現在の百合の楽しみ方の一つとなっているが、百合以外での楽しみ方をしているファンも大勢存在する為、自分の楽しみ方や見方を他のファンに押し付けるような事は絶対にしてはいけない。 界の成長により、他のファンに迷惑を掛ける百合ファンも現れ始めている為、TPOを弁えた楽しみ方を心掛ける事。


ニコニコ動画上での百合動画



関連動画



■sm1786644[ニコ動]

■sm1679265[ニコ動]
■sm1878189[ニコ動]
■sm2062289[ニコ動]
■sm120683[ニコ動]
■1310115872[ニコ動]


関連静画


■im1426670(静画)


関連商品


■azB0757QSD6S
■azB00NIVU2VA
■azB0020DI91M
■azB001F15RXI

■az4791702808
■azB07JZB1XK4


関連項目



次へ»
最終更新日: 19/06/26 18:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ