ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


皆伝


ヨミ: カイデン
掲示板をミル!
87カキコ!

皆伝とは一般的に、次の意味を表す。

武道や芸事などで、師からその義をすべて伝えられること。許し。「免許─」

─ スーパー大辞より ─

本項では、beatmaniaIIDXDance Dance Revolutionシリーズにおける段位認定 皆伝について説明する。


概要


beatmaniaIIDXでは、7thstyle以降「段位認定」というモードが搭載されてきた。段位認定の詳細は当該記事をご覧いただきたいが、簡単に言うと段位ごとに与えられた課題曲を全てクリアすると、その段位が授与されるという仕組みである。
7thstyle段位認定モード実装された当初は、7級(DPは5級、copulaから7級)~1級、初段~十段が用意されていて、最も難しいのは十段であった。はじめのうちは最高難易度の段位として多くのプレイヤーを苦しめてきた十段だが、作が進むにつれてプレイヤーレベルも上がり、やがて「そこそこ上手いプレイヤーなら十段は取ってて当然」という状況が生まれてしまった。

そんな中、DistorteDでは満を持して十段を上回る難易度の皆伝が搭載されることになった。十段クリアした者のみが挑戦を許される皆伝は、その名が示すとおり「これをクリアできればIIDXマスターだ!」と言わんばかりの高難易度譜面ばかりを詰め込んだ、いわば制作スタッフからの挑戦状。十段では物足りないプレイヤーから歓迎された。しかし、レベル12の譜面が増加することにより同じレベル表記でも差が徐々に大きくなりハードルが高くなったためか、copulaから十段・皆伝の間に中伝が設けられ、十段合格で中伝、中伝合格で皆伝への挑戦権が得られる形になった。ちなみに中伝のラインナップは、かつては採用されていたが対から外れた元皆伝の対譜面も含まれる。

SINOBUZ以降のEXPERTモードからは、CLASSIC CLASSにて過去シリーズの皆伝を疑似体験できるようになっている。

以降、段位認定最上位である「皆伝」は課題曲を変えながらも最新作まで登場しており、多くの上級プレイヤーが挑んでいる。


DDRでは


一方、DDRでもA20から段位認定実装。本作では定期的に開催されるスコアトライアルGOLDEN LEAGUE」にて段位挑戦の可否が決まる仕組みになっており、皆伝をプレーするには十段クリアに加え、GOLDクラスへの昇格が必要となる。

その構成も凄まじく、十段ボスがLv19のPARANOiA Revolutionという時点で人間卒業クラスとだいうのに、皆伝になると残る同Lvの譜面が4曲立て続けに襲い掛かるという、IIDX皆伝も人外仕様。更にGOLDクラスへの昇格ラインも回を重ねる毎に高くなるため、並のプレイヤーでは挑戦することすらままならない。仮に挑戦できたとしてもハイスピ調整を事故ればランカーでも即死に繋がり、曲ごとのインターバルが短いため分補給とパネル清掃に割く時間も限られる。実際、皆伝に合格したプレイヤー完走後に疲労困憊で横たわる姿がSNSアップされる程であった。

それ程DDRの皆伝はある意味プロスポーツともいえる、高く険しいのりの基に構成されている。DPでは生命保険の加入を推奨するというコメントがあったほどである。プレー中自分の身に危険を感じたら、理をせず挑戦を中止しよう。マジで死にます。


段位認定 皆伝の課題曲


※以下の表において、背景ANOTHER譜面(※印は後に十段・中伝に降格)、灰色背景文字黒譜面(現LEGGENDARIA譜面)、DDRにおける背景CHALLENGE譜面である。


次へ»
最終更新日: 19/08/11 09:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ