ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


皇居


ヨミ: コウキョ
掲示板をミル!
62カキコ!

皇居とは、天皇常時における住居である。


概要


現在の皇居は東京都江戸城跡にあり、敷地内には宮中祭が執り行われる場である宮中三殿天皇の住居である御所、宮中行事や外からの賓客を招いての式典が行われる殿宮内庁の庁舎などがある。住所東京都千代田区千代田1番、郵便番号100-0001東京ん中にありながら、自然豊かで歴史的建造物の多い場所である。

東京遷都する以前は長い間、平安京京都府京都市)の京都御所が皇居であった。

ちなみに、地下鉄は全て皇居を回して通っているが、別に作れない訳ではない。ただ範囲内は通過するだけになるので、営業上需要がないだけ。


歴史


江戸城西ノ丸御殿

幕府の居であった江戸城は慶応4年(1868年)に明治政府に引き渡され、半年後の明治元年には明治天皇京都から江戸へ行幸した。江戸東京江戸城東京(とうけいじょう)と名をめ、翌明治2年の二度の行幸で天皇東京滞在が決まると東京こうじょう)と称されることとなった。
江戸城の中心であった本丸及び二の丸の御殿は既に焼失していたため、事に残っていた西ノ丸御殿天皇の御座所として用いられた。

旧紀州藩邸

明治6年(1873年)に女官部屋からの失火によって西ノ丸御殿が焼失すると、御三家の一つ紀州徳邸があった赤坂御用地が仮の御所となり、天皇明治21年までこの御所に居住した。

明治宮殿

明治12年(1879年)、旧江戸城西ノ丸に新しい宮殿を造営することが決まり、明治17年(1884年)の着工から11年後の明治21年(1888年)10月に落成、以後は宮城(きゅうじょう)と称された。これが明治殿と呼ばれる建物である。
この宮殿葺き入屋造りの屋根を持った木組みの日本建築で、建築面積5800坪(19173メートル)。京都御所を模した和風の外観だが、具や建具は洋式であり、室内装飾は伝統的な格天井からヨーロッパの宮殿のようなシャンリアるされるなど和洋折衷式の爛なものだった。
殿は大きく3つの区域に分かれていた。宮中儀礼に使われる表宮殿天皇の政務や臣下との会議が行われ、従たちの詰め所がある中段、私的な生活の場となる殿である。宮殿を構成する中で最も重要な建物は表宮殿にある広さ160殿(謁見所)で、ここでは新年祝賀の儀や内閣総理大臣の認式、帝国憲法の発布等の儀式が執り行われた。

御文庫

昭和10年(1935年)に建て替えられた宮内省庁舎(現在宮内庁庁舎)には地下庫室と呼ばれる天皇のための防室があったが、大爆弾に耐えられる設計ではかったため、1941年から42年にかけて御文庫(ごぶんこ)と呼ばれる新たな防壕が皇居内の吹上御に作られた。御文庫は建坪1320メートル、地上二階地下一階の三階建で、内部には天皇皇后の居室の他、映写室やビリヤード台、ピアノ等もあった。
太平洋戦争末期昭和20年1945年5月25日、皇居桜田濠沿い(現在政記念館の位置)にあった参謀本部が爆撃され炎上、飛び火によって明治殿は全焼した。当時、昭和天皇は御文庫に避難しており、宮殿焼失後は香皇后共々そのまま御文庫に住み続けた。終戦後、昭和天皇は多数の民が住むすらい状況下での宮殿再建に反対し、引き続き御文庫を住まいとし宮内庁庁舎を仮宮殿として務と儀式の場に当てた。御文庫建造の際、爆弾に耐えるために屋根に詰めた大量の砂の中にが混ざっていたため、この当時は天井から数年越しに染み出すの湿気により御文庫内の居住環境は極めて劣悪なものだったという。


事件など


最近は外国人が裸で泳いだことで有名。


関連動画



■sm4265470[ニコ動]

■sm1624991[ニコ動]
■sm4857573[ニコ動]
■sm4870932[ニコ動]

関連商品


■azB000SSLSF0
■az4805004584

関連項目



最終更新日: 19/10/22 09:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ