ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


盛岡市


ヨミ: モリオカシ
掲示板をミル!
5カキコ!

盛岡市もりおかし)とは、岩手県の中央部に位置するである。岩手県県庁所在地であり、名実ともに岩手最大の都市である。


概要


2013年時点で人口約30万人の中核。古くは「不来方(こずかた)」の名で呼ばれた地で、安土桃山時代末期の1597年にそこを治めていた南部信直南部晴政息子)が盛を築し、以後その下町として繁栄してきた歴史がある。「名古屋県」「横浜県」よろしく、時折「盛県」と間違われる岩手県だが、実は明治置県当時には「盛県」が実在していたという。その県庁も盛岡市であり、昔から今までずっと中心都市であったことが伺える。

岩手の中心都市ということもあって、岩手出身の有名人に関する史跡も多い。また、太平洋戦争での被害が少なかったことから、明治大正時代のレトロな建造物が中に点在しており、現在でも店舗として使われているものもある。

な名産品に、南部器や南部せんべいわんこそばなどがある。交通の便が良いのも手伝って、食処として観光人気がある都市でもある。東北が寒いのは当たり前だが、地に位置する盛でとっても暑い。避暑気分で行くのはちょっと考え直した方がいい。


盛岡の麺


といえばわんこそばが特に有名だが、それ以外にも魅的な麺類が存在する。


わんこそば


江戸時代の頃から存在したという、盛郷土料理。「わんこ」の名の通り、小さなお椀に一口程度の量のそばが入り、それをらげるとおかわりが即座に継ぎ足されるというスタイルが特徴的。盛観光に行くならとりあえず食べておきたい。

大食い大会ご用達のイメージが強いが、あの勢いで食っていくと止め時を失う。落ち着いてゆっくり食べるのが正しい食べ方とか。また、大食い大会のわんこそばはお椀が大量に積み重ねられてるイメージがあるが、アレもお店によってやるところ・やらないところがある。

ちなみに、わんこではないかけそば・もりそばなども普通に食べられている。「東」や「直利」といったわんこそばの有名店でも普通にもりそばやかけそばは置いてある。


盛岡冷麺


昭和の頃に、盛在住の在日朝鮮人が始めたというもの。冷麺朝鮮半島郷土料理だが、日本人の好みに合わせて大幅に良したもので、そば粉を使わず麺が色白なのが特徴だという。きょうび焼肉屋でよく見掛ける「冷麺」のメニューは、だいたいこの盛岡冷麺である。

冷たい牛骨スープキムチなどの具材が載った麺で、噛み切れないほどに強いコシが特徴的。その評判たるや、冷麺の本場・北朝鮮盛岡冷麺を輸入していたという話があるくらい(今はどうなのか知らないが)。

盛岡冷麺」の名付け親は「ぴょんぴょん舎」オーナー男である。盛の名物として冷麺を売り出したいという側の依頼にこのネーミングを名付けて一気に広まった。


じゃじゃ麺


ジャージャー麺」ではなく、「じゃじゃ麺」である。こちらも戦後に作られた麺料理で、満州料理ルーツにしているが、麺は中華そばではなくうどんである。味噌打ちのきしめんに近い麺にネギキュウリショウガと絡めて食べるもので、ところによって様々な具を混ぜて独自色を出している。食後、丼に味噌生卵を投入し、ゆで汁を注いで作るスープちーたんたん」でしめるのが定番。内丸に本店がある「(パイロン)」が元祖。


関連動画



■sm15073601[ニコ動]

■sm11219798[ニコ動]

■sm15171245[ニコ動]


関連商品


盛岡市に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


■co5799


関連項目



外部リンク



最終更新日: 19/07/30 23:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ