ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


眉村健


ヨミ: マユムラケン
掲示板をミル!
31カキコ!

眉村健とは、漫画MAJORに登場する野球選手である。


概要


ポジション投手。右投げ右打ち。
キレのある速球にシュートスライダーフォークといった変化球を持つ。また打撃も一流と称される。
郎にも劣らない実者。

試合前にはトイレクラシックを聴き、集中を高める。
しばらくはあまり感情を出さないため冷たい印だったが、話が進むにつれて本当は野心であったり、緊に弱かったりと人間味のある人物であることが分かった。

中学時代

海堂高校付属中学エース兼4番打者として登場。神奈川県大会の初戦に郎の三船東中学と対戦。
圧倒的な実郎を叩きのめした。
これまで郎の球が打たれたり、抑えられたりする描写はいくつかあったが、手も足も出ず敗北したのはこの時が初めてであった。

この時、試合部分は描かれなかったので、当時読者にははっきりとした実は分からなかった。

高校時代

海堂学園高校に進学。

組対特待生組の試合で途中から登板
ここで村の球がジャイロボールであることが判明。直球だけで夢組を抑えていた。
しかし、郎の球を受けてジャイロボールに慣れていた寿也にサヨナラホームランを打たれて試合は敗れる。

その後、3年の郎率いる高校と対戦。危なげないピッチングを見せる。
打席では江頭バント示を視しっ向から郎と勝負した(あくまで確率の高い方法を選んだだけ、と言っていたが)。
最後には郎をライバルと認めるような描写があった。

高校卒業と同時に横浜に入団。
表には出さないが嬉しかったようだ。

W杯日本代表時代

ルーキーながらメンバーに選ばれ、ドミニカ共和戦で初登板
2アウト1、3塁の状況だったが失点を防ぎ、その後も好投で気持ちの切れかかっていた日本代表を救った。
また、メジャーしてレベルの高い戦いをしている郎をうらやましく思っていた。

決勝のアメリカ戦では先発
試合前には郎の前で自分の弱い部分を見せたりアメリカに対する闘争心をあらわにしていた。
試合序盤、決勝戦のプレッシャーに押しつぶされそうになったが、寿也の助言で復活し、調子を取り戻す。
しかし最後は底を見せたアメリカに打ちこまれ、途中で降した。

メジャー時代

FAレイダースに移籍し、メジャー挑戦の夢をえる。メジャー1年から結果を残していた。
ワールドシリーズにも登板し、郎と寿也のいるホーネッツと戦った。

メジャー挑戦の数年前に母親を亡くしており、ワールドシリーズ終戦母親命日であったため気迫のピッチングを見せた。
的にも成長しており、最終戦プレッシャーもなかった。

またこの頃には結婚しており、2児の父親になっていた。
相手は海堂学園高校二軍監督早乙女静香。かつての恩師である。

ワールドシリーズには敗れてしまったが、その後もメジャーで投げ続けているようである。


作中での成績


所属チーム 投手成績 補足
海堂高校付属中学
(対三船東中学)
4回失点 試合は4回コール
打者としては3打数3安打2本塁打
海堂高校特待生組
(対海堂高校組)
1回0/3、1失点 リリーフ登板
打者としては1打数安打1三振
海堂学園高校
(対秀学院高校)
3回1/3、失点 リリーフ登板
打者としては2打数1安打1三振
海堂学園高校(対EL学園) 9回安打失点 甲子園準決勝
横浜マリンスターズ(1年) 11勝8敗、防御率3.21 防御率リーグ5位
日本代表(対ドミニカ共和代表) 3回1/3、失点 リリーフ登板
日本代表(対アメリカ代表) 4回2/3、2失点 W杯決勝
横浜マリンスターズ(2年) 最多勝、最優秀防御率沢村賞を獲得 横浜リーグ5位だった
テキサス・レイダース(1年) 15勝5敗
テキサス・レイダー
(対インディアナ・ホーネッツ)
6回2/3、4失点9奪三振 ワールドシリーズ終戦
6回2/3まではパーフェクト
テキサス・レイダース(7年) 6勝0敗、防御率0.92 シーズン途中での記録

関連商品


■az4091255019


関連項目



最終更新日: 11/02/11 20:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ