ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


真壁刀義


ヨミ: マカベトウギ
掲示板をミル!
28カキコ!

真壁刀義(まかべ とうぎ、1972年9月29日 - )は、新日本プロレス所属のプロレスラーである。
本名および2004年8月までのリングネームは真壁伸也(まかべ しんや)。神奈川県相模原市出身。

サンキュ?な


ここに書いてある概要、これが現実なんだよ!


高校までは柔道をやっていた。帝京大学在学中、学生プロレス(SWS)で「プリン真壁」のリングネームで活躍したあと、1996年4月新日本プロレスへ入団、1997年2月デビュー。ただその後は藤田和之棚橋弘至中邑真輔といった同期後輩が続々とブレイクしていく中、おっさん臭い地味貌と地味ファイトスタイルが災いしまるで人気が出ず、前座で地味な試合を戦う日々が続いた特に、新人時代の扱いは辛を極めたという。一の同期アマチュアレスリングで名をとどろかせた藤田和之であり較され続けた一方、新日本プロレス初の学生プロレス出身者ということもあり「殺してやろうかと思った」と述懐するほどのしごきを受けたという痛やアキレス腱断裂(2005年)といったケガにも苦しめられ、それでも持ち前の反心で自分を支えて戦い続ける苦労人であった。

大きな転機となったのは、2006年天山広吉が中心となって結成したヒールユニット「G・B・H」(グレートバッシュヒール)への参加である。ギラギラした雑草魂をむき出しにした荒々しいファイトスタイルがようやく評価されるようになり、いつしか不調の山を押しのけてユニットの中心的存在となった(後に山を追放、正式に新リーダーとなる)。

G・B・H結成より少し前にはアパッチプロレス軍のWEWヘビー級王座を奪取。また2008年2月には同じG・B・Hの矢野通とのタッグIWGPタッグ王座奪取する。2009年4月には矢野らと中邑真輔が結託しCHAOSを結成、裏切られるとともに長期欠場を強いられるも、この年G1 CLIMAXを制して遅咲きながらタイトルにも恵まれるようになった。そして、2010年5月には当時6連続防衛中だった王者・中邑真輔から勝利、新日の最高峰であるIWGPヘビー級王座を獲得した。その後10月小島聡に敗れて王座移動するまでに3度の防衛を果たしている。

現在は単純な悪役とも違った雑草根性を持つヒーローキャラクターをも確立させており、今や堂々たる新日本の代表格。トップ集団を形成している棚橋、中後藤洋央紀らとともに更なる活躍が期待される。

現在DDTエースとして活躍するHARASHIMA帝京大学時代の3年後輩である。2010年DDTシングルが実現し勝利すると、その後もHARASHIMA新日本場に招いて合同練習を行い、HARASHIMAKO-D無差別級王座獲得にも貢献した。2012年には8月DDT日本武道館大会で帝京大学チームを組んでのハードコア戦に出場して勝利を収めた。

かつてはチェーン椅子などを用いた器攻撃を行い、対戦相手を流血させることもしくなかった。現在でも時折り机へのパワーボムなどを見せることがある。なお、トレードマークであり入場時に首から掛けているチェーンベビーターン(便宜上こう呼称する)してからも入場時首にぶら下げており、錆びることがないチタン製である。


誰にも気付かれず5cm男をアゲるトールアップシューズ!!


こういった近年の大躍進は、もちろん本人のプロレスに対する摯な情熱とたゆまぬ努の賜物である。が、それ以外に、ニコニコ大百科@WikiWikiサイト等のGoogle広告に頻繁に表示されるトールアップシューズ[外部](2015年現在ではリンク切れ、バナー広告で前述の矢野通と共演していた)も密かに影していたかもしれない。
……というのはもちろん根拠のない邪推だが、少なくともバナー広告は、ネットユーザーに対して真壁メディアに露出させる効果を、間違いなく長期にわたって発揮していた。名前は知らなくても、ダーティかつインパクトのある貌には見覚えがある人も多いと思われる。

ニコニコ大百科広告だけを見て「何このブルドッグw」「男をアゲた結果がこれだよw」などと思っている人は、一度TV動画等で真壁の容赦ないラフファイトと逞しい生き様を見てみるとよい。少しは、いや180度、彼に対する評価が変わるはずである。


柴田勝頼との因縁


最初は2012年9月23日G1 CLIMAX最終日にリング上に現れた桜庭和志柴田勝頼組の試合終了後に乱入し「このが喧を買ってやる」とマイクパフォーマンスを行い、同じく喧を買った井上タッグを組み挑むも敗北リベンジにも挑戦したがまた敗北。その後も試合を重ねる毎に因縁が深まっていき、シングルマッチを要した。

2013年1月4日のレッスルキングダム7で柴田勝頼と対戦時には入場々に鎖を投げ捨て、しく較的クリーンな戦いをした。最後は後頭部へのキングコング・ニードロップで勝負を決めた。
この試合自体がケンカなのでクリーンな試合かと言われるとまた微妙である(ゴングが鳴る前から既に殴り合いが始まっていた)。

その後、2015年真壁棚橋後藤が本格的に行動を共にし、柴田もそれに合流すると、両者が組んでのタッグマッチも実現している。


スイーツ真壁として


真壁プロレス業界では屈スイーツ好きとして知られており、虎ハンター小林邦明の得意料理であるあん巻きをはじめ、自身が食べたスイーツを度々ブログにて紹介していた。週刊プロレスSNSなどでその情報が広まると、徐々に大手メディアで取り上げられるようになる。

そんな中の2012年12月日本テレビ系列バラエティスッキリ!!」内コーナー「うまいッス!!」にて初めて"スイーツ真壁"として出演を果たす。逆にもめげない暴走キングコングとして定着していた真壁キャラクタートークもあり、その評価は上々。2014年にはコーナーに自身の名前が付けられ、同番組の人気として安定した地位を保っている。

ちなみにケガや病気などで収録が不可能の場合、タッグパートナーハスキー本間(本間)が代役を務めることもある。実際本間が出演した際、そのハスキーボイス話題になりSNSのTLを賑わせていた。本間本人もその影か、この番組以外にもバラエティへの出演機会が増えているようだ。


主な出演作品


スイーツ真壁の活動が評価されているのか俳優声優としても度々仕事をこなしている。


実写



アニメ



吹き替え



関連動画



■sm20788612[ニコ動]

■1345142372[ニコ動]

■sm20364178[ニコ動]
■sm15772892[ニコ動]


関連生放送


lv82491967 lv99139913?

外部リンク



関連商品


■azB001VED07Y


関連項目



最終更新日: 18/10/06 23:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ