ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


矢野貴章


ヨミ: ヤノキショウ
掲示板をミル!
6カキコ!

矢野貴章とは、Jリーグ名古屋グランパスに所属するわが世界に誇る大FWである。


概要


1984年4月5日生まれ。ユース世代に定評のある静岡県にいて、高校時代にSBからFWへとポジションをコンバートし、自他共に認めるヘタクソながら監督に好かれ先発で使われ続けるという異色の経歴を持つ。本人は当時の立場を「すごく肩身が狭かった」と回想している。

それでもU-17世界選手権でフランス相手にゴールを決め、高校卒業時には4クラブから誘われるなど実はあった様子。

2003年柏レイソル入り、Jリーグデビューを果たす。レイソルでは2005年までの3年間プレーするが、46試合出場4得点というFWとしてあるまじき成績を残してしまったことでサポーターから総スカンを喰らい、ほうほうの体でアルビレックス新潟へ移籍。新地では2010年までの5シーズンで2トップの一としてチームを引っり、179試合出場38得点という成績を残した。ちなみに、当時新潟エースストライカーとして活躍していたエジウソンは出場138試合で矢野ちょうど二倍となる76得点を記録している。

2010年8月ドイツブンデスリーガSCフライブルクが獲得を発表。2010‐11シーズンは15試合に出場するも得点に終わり、2011‐12シーズンベンチ入りすらほとんどできず12月戦力外通告を受けた。

2012年シーズンは、古巣であったアルビレックス新潟プレーした。36試合出場2得点とこれまた安定した成績を残した。2013年名古屋グランパス全移籍。この年も公式35試合出場で2得点と、変わらぬ安定感を見せた。

また、日本代表には2007年に初招集され、同年9月11日スイス戦で初得点も記録した。それ以降は19試合出場2得点と相変わらずの安定感を保ち続けている。


プレースタイル


前線から労を厭わず積極的な守備を行う選手というイメージが強い。前述の通り、FWとしては決定不足という批判がたびたび上げられるが、チームのために労を惜しまない姿勢と90分を通しての運動量でそれを補っている。ごく普通シュートを当然のように外したかと思えば、度のない所からの難しいシュートをあっさり決めたりする。

また、フライブルクや代表での低調はそのプレースタイルと合わない起用法をされているからだ、という摘も存在する。


評価


元々世間一般・ネット上共にFWとしての評価はあまり芳しくなかった。

しかしながら2010年、いわゆる「サプライズ」で岡田武史監督に代表招集され2010 FIFAワールドカップに随行した際、ポスト巻」と一部の人間から色々間違った期待を受けており、カメルーン戦の8分間のみ守備固めで出場という実績を打ち立ててしまったため、ネット上では全にネタキャラとして定着してしまう。(しかしこカメルーン戦での出場については、前線からのプレスだけでなくボールキープやドリブル突破などをして時間を上手く潰しており非常に評価が高い)

そのような事態を経て2ch実況スレッドなどでは、日本代表フライブルクの試合で点が入るたびに「実質矢野の得点」「実質矢野の失点」などと本人の出場・欠場にかかわらず書き込まれるようになった。


関連動画



■sm12206825[ニコ動]


関連商品


矢野貴章に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


矢野貴章に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 14/01/23 18:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ